メーカー指定の空気圧。

HONDAからCBR250RRが発表されましたね。
Fフォーク倒立、エンジン新設計の水冷DOHC2気筒、アルミスイングアーム、3モードなエンジン出力と他メーカーと比較して後出しじゃんけん的なスペック(苦笑
SRXつながりな方も価格は70万超くらい的なこと書かれていましたが私も同意。80万くらいいくかなー
現行CBR250の延長と言いますかMoto3レプリカのくんくんにきんきんなシングルレーサーレプリカって感じで出して欲しかったなぁ。
国産250もこれで水冷2気筒がスタンダードになっちゃいますね。
もし、CBR250RRが80万くらいするのなら、それだけのお金払うなら、
そして今分かる情報だけなら、ぼかぁWR250X買うね。3モードなエンジン出力より足回りのセッティング幅が広いほうを選びますわ。
WR250Xもリアスイングアーム、サスはFRとも伸び・圧の減衰調整機構付き。しかもアルミシャーシ。やはり作りの端々がいいよ、コイツ。

ま。使い倒すバイクは今のところXSR900と決めたおいらはもうクォーターなバイクに食指が動きませんが(苦笑


続きはこちら。
[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2016-07-31 16:47 | サクラエスアールエックス | Comments(10)

能登紀行。

これは先週のお話。画像多め、文章少な目で仕上げますw(て結局長くなるの

ちなみに今回のトミン。体調的には言訳出来ない状態でした。
今回のお題の旅行でいっとき、体重61.4kgを計上するも頑張って前日のウェートは59.7kgに戻したものね。
で先々週、昨日のトミン終わっての今日と週イチジョグも6kmを遂にオーバーしたし。
このまま真夏でも10km走り切れる体力を取り戻したい。
(なのに、肺患いな方よりタイムが出ないのはどうしてと小一時間問い詰めたい。真剣に問い詰めたい)


ということでお題の本文はこちら。
[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2016-07-17 22:28 | つらつらと四方山話 | Comments(4)

2016年トミン5回目

今回のベストは30"72。前回から0.02-という。
30秒台に入った周回は多くなったのでアベレージは上がった模様。

本日もクラス分けだったけれど、SとNの2クラス。
なので、てらとしDukeRとレヲと一緒に走ったけれど、私、本日は11:00で離脱しなければならなかったので、
走行枠1本しか走れないことが判明。

てらとしさんには3回くらい周回遅れにされたけれど、レヲとあまり絡んだ記憶がない。
最後の自分が力尽きたあたりでオーバーテイクされたくらい。ボクの記憶は。

そんなレヲに全てが遅いと言われちゃったけれど、本人、1コーナーだけは手応えを感じています。
ブレーキしながら曲げる、スピードを落とさず次の区間につなげる、が出来つつあると思う。
コーナーの奥でヒザ擦るようになったし。後は帝王までのストレートを出現させるだけだと思うの。

Sクラスの速い人にくっついて左コーナーの練習と思い、てらとしさんの後を追っかけるけど帝王コーナーのアプローチで離されます。
S1000RRの人を追走したときもそんな感じだったなぁ。
ここも走り方を変えないと。

とか言いつつ、リアブレーキ踏みながら曲げていく。をちゃんと実践出来たのは1コーナーと最終のみ。
でも最終はもっと奥まで進入してそこから、なるだけ減速せずに曲げていくのは難しい。てか全然モノにならない。でもトライしないと。

タイヤは温まってから190kpaにしてみましたが自分的にはもっさりした感じ。前回、200kpaにしようと書いてたなぁ。次回は絶対、200kpaにしよう。

私的にも分かるのが左コーナーがダメ。上手い人のアプローチが学習出来なかったのもあるけれど、いい加減、ココで転倒したトラウマから脱け出さないと。
どっかの駐車場で左回りで定常円旋回でもしようかね。トミン、左少ないし。

とにかく今の走り方でも30"10台に持って行けないとなぁ。その先に行けないっす。
今回は短かったのでこんな感じで。

※おふたり、後で本日のラップタイム教えてくださいな。臍を咬みながら次回はどうするか考えますので。
 ちなみに次回は8/6午前で予約とりました。

【7/17追記】
レヲからカコイイ動画をシェアして貰えたので、↓に。


07いいね。
そして、あらためてDukeの戦闘力に舌を巻きます。乗り手もそれに順応しているよねぇ。
当たり前と言えば当たり前だけど、まずはレヲのライン、タコの回転をお手本にしたいw
で見てたら、試したいことが一つ出来た。
速くなるかはともあれ、実現すると撮られてはかっこよくなるとは思う。
そう。カコイイことはいいことなのだ。乞うご期待(苦笑

【レヲが参考にしろと言うから貼ってみたw】



ちょっとだけコメントに補足すると07とDukeの比較で片や688cc2気筒エンジンに対して、Dukeは690ccシングル。
多気筒バイクを凌駕するパフォーマンスが出せるDukeはスゴいなと素直に思う訳ですわ。
あらためてイイ、バイクだなと。単気筒乗りとして敬意を表したいと。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2016-07-17 13:59 | ミニサーキットの片隅で | Comments(12)

カルく野試合なカメラ散策

これも先週のお話。

前から書いてますが、最近、Flickrつながりのお友達がされている、月いち課題をこなすなんてグループにJoinしました。
で参加した人が決められたオーダーで課題を出すのですが、いよいよ今回、私の番に。おぉぉ。
モチロン課題は出しましたがココではナイショにしておきましょw
とまれ、なのでネタ集めでもしようと愛機に跨って出掛けます。

海へ行こう
地元の海はすっかり夏の様相になっていた。
半世紀オーバーのおっさんがレンズを向けるのも憚れる感が満載に(苦笑

↑の場所から30分も掛からない整備が進む港に進路を取って。そこで何枚か写真撮って。
もち満足感は無い(苦笑)。とにかく参加している方々の中で自分がイチバン下手くそだからなぁ(苦笑
機材も単焦点・標準レンズのコンデジしか持ってないしw

なので、もうちょいネタを拾おうかと内陸方向へ。
黄金色の麦畑があそこには有ったはづという、「あそこ」に向かいます(笑

海に行く前の国道で渋滞に巻き込まれてちょいと左手が売り切れ気味になりましたが、
この麦畑に向かうために通った市街地のカルい渋滞で本格的に左手が売り切れてきて。
やわいのぉ。
下道でロングツーリングしていた昔が最早、有史以前のようだ(苦笑

このエリアを走るのは久しぶり。ココを右折して途中、左折して一度、3桁国道に出れば、少しうろくねエリアがある道に出るはづ。
そんなおぼつかない感じで走ってもお目当ての道に辿り着くのは年の功w
国道を左折してお目当ての道へ。
でもしばらくは生活道路なので前のクルマの後ろに粛々と続いて。そう、これがゴールドセイント免許の走り方なのよ。
とそんな遵法走行していたら、途中から前にちっさいフルカウルのバイクがクルマ一台はさんで私の前に出現して。
ドコの原付か原二かってしばらくぼへーと見てましたが、よくよく見たらNSR250R(苦笑
その前を走るクルマがこの車列のペースメーカーらしく、そのペースにしびれを切らしたかこのNSR、蛇行運転を何度か繰り返して。
そんなものだから、私の前を走るクルマが彼との車間を空けて走ることしばし。
だんだん、自分がどのへん走っているか見当ついてきたところで、この先はちょっとしたうろくねエリアに入るよねって交差点でNSR250Rの前のクルマが左折。
NSRクン、オールクリア。ペーンとダッシュ。ぢゃあと私も前のクルマ、パスして追っかけてみることに(←よしなさいって
て、1馬身遅れたぶんだけ、最初のコーナーに飛び込むNSRと大分開きが出ちゃいました。
しかも、ただのアウトロー(を)と思いきや前のNSRクン、鋭い走りしやがります(苦笑
速ぇよ。ジモティぽいよ。
もし彼が私と同じくらいの経験値(ココを走るのはきっともう10年近くご無沙汰だったかも)で、このペース作れるなら私より完全に速いよ。
わし、コーナーリング中にスロットル軽く戻しちゃったもんね(ダメぢゃん
そうですね。
比較対象として引き合いに出すと、去年の夏で言えば、赤城つー最後半のペースは越えてますね、こりゃ。
ときわすれのステキ農道でヒバゴン(てこら)の後を走った感じよりも愛機のキャブがセット出てるぶん速いかも。
てオレしか分からんか、この比較(苦笑
それでも完全に消されないで前の機影は見えていたけれど、下り基調のうろくねのこの後、ちょっとしたストレート(200mくらい)が有るのよね。ココで本気出されると間違いなく点にされるね。負けちゃうね。て思ったら前の彼、ソコはそれなりのペースで抜けていきます。
あぁ、じゃあ頑張ろうとボクがスロットル全開で。機影が近付きます。
この先は上り基調のうろくね。で、この先、コークスクリューなレイアウトのコーナー有るんだよねぇと思いながら走ります。
それにしてもカルく感動。スパコルAはこんなペースも作ってくれるのかと。
右コーナーを抜けるさい、ややセンター寄りに対向車が出現しても、安定してラインを選びながら抜けていける。
何か前の人、若干ペース落としたよなと思いつつ、コークスクリューへ。
昔の記憶ではいつも緊張感を伴って抜けた記憶がありますが前走車がいたお陰か、はたまたちょーイイタイヤのお陰か、安心感保ったままクリア。
コークスクリューを下った後は信号が有る丁字路で終わるストレート。脇道から本線に出て来ようとする軽トラがいますなぁ。回避出来るよう備えますかと私が思ったところで、前の彼も反対車線まで進路変更して。あぁ見えてるのね。
丁字路の信号は赤。NSRは右折。私は左折。
青になった時点で私、カルく手を挙げてご挨拶。伝わるかどうか分からないけれど楽しかったの意味込めて(笑
去り際、ぺーんと一際、NSRのエクゾーストノートが耳に飛び込んだけれど、それが返事なのかしらどうかしら。
こっちはヘンな色のバイクだしなぁ(苦笑

お目当てのあたり一面、黄金色の麦畑は刈り入れ済。糸冬了(苦笑
あぁアシ伸ばした意味が無い。
後は帰るだけだねと笠間のちょい山道抜けて、北山公園ワインディング抜けて(前にクルマがいたので遵法走行)、愛宕山のふもとを抜けていく農道へ。
そのスタート地点で前にS660。あぁ楽しいクルマだよねって後を追うことに。
で、その先の高速コーナーへ追随するかたちで進入します。てコーナーリングスピード半端ねぇよ。
こっちに余裕が無い中、それを上回るペースでS660抜けていきます。
その後、前走車がいて軽自動車ではこの距離では前に出れないだろうなってコーナー手前で前走車共々、オーバーテイク。
抜き際、左手上げてご挨拶して後はもうストレートで大人げないペースで農道を一気に駆け抜けて。やぁホントに大人げない(苦笑

まったりカメラ散策のつもりがそんなこんなで↑な感じに(何がそんなこんなだ
たまにはこういうのも楽しいですね。インモラルな感じで香ばしいから、そうそうやっちゃイケナイんでしょうけれど。

Go the DarkLand (黄昏の国へ向かえ)
永代橋から(本編とは何も関係ありませぬ)



[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2016-07-03 08:17 | サクラエスアールエックス | Comments(10)