ヨメ、RX100を買う。

アッセン、ロッシが勝ちましたね。
でも、(詳細は地上波放送、まだやってないんで、それを見てのお楽しみなんだけど)最終ラップでマルケスとひと波乱有ったようですね。
インからマルケスが入って双方のサイドが接触、ロッシが弾かれてグラベル突入後、立て直してコースイン、これがコースをショートカットすることになり、マルケスより前に出たとか。
マルケスなんてレース後のコメントで「今日は事実上、優勝だった」とか言ってるし(苦笑)
でも、ロッシが優勝に絡むレースは競り合うシーンが結構有って面白いなぁ。



続きはこちら。(MotoGPの話はコレでおしまい)
[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2015-06-28 15:10 | サクラエスアールエックス | Comments(10)

馬橋~金町~谷中・千駄木&駒込・白山・神田界隈。

深く、果てしなく、あなたを知りたい。

オリジナル・ラブの「接吻」の一節です。
この曲が主題歌だった、「大人のキス」ってドラマ好きだったなぁ。

おっと話が逸れました(苦笑

単なる歌の一節だけれども、
(知りたいと望む)人との付き合いも、
(知りたいと望む)バイクとの付き合いも、
実はコレが私の根本的なスタンスなのかも知れないなぁと、最近、とみに思います。

深く果てしなく知りたい。

結果として絶対に埋めることの出来ない隔たりが有ることを思い知らされたとしても、
それを一生知らないのと、
それを知って思い知り続けるのと、
どちらがイイかと言えば、私は後者でしょうか。
とか言いながら、キホン痛いのコワい臆病者なので、ソコには至れないことばかりですが。

そう。
知りたいのであれば、分かりたいのであれば、もっと「見えない」といけないなぁと。

たとえば、オートバイクなら、
走るためのメカニズムを深く理解する。
走るための走り方を深く理解する。
そして、与えられたスペック(リソース)をきちんと使い切って路面と会話する。

そんな当たり前の努力の積み重ねだけでは無く、

決して先が肉眼では見えないブラインドコーナーのその先のリスクを察知する。
見える道の表情から、見えない先の路面状態を、交通状況を感じ取る。
オープンな道で、生き抜くチカラを身に付ける。

決してオカルトなものでなく、厨二病的なものでもなく(苦笑)、
知りたいことを深く知るためには、
もっと見えてこないといけないなぁと思う、今日この頃なのです。

人生も黄昏にまっしぐらですが、体力も黄昏にまっしぐらな半世紀オーバーエイジだからこそ、
こんなこと考えちゃうんでしょうね(苦笑

あ。決してネガなとこに陥ってるのでなく、今のおいら、ポジですよ~


ということで続きはこちら。
[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2015-06-14 22:49 | カメラ散歩 | Comments(0)

キャブいぢり再考。(その2)

仕事のピークがやっと過ぎて。
そうなると現金なもので月曜日の前日(すなわち日曜日だね)のココロ持ちが大分、気楽になって(苦笑
となれば、そろそろ、今年のボクのGo Westのあれこれを検討してもいいかもって気になってきて。

まだ日程さえ決まっていなけれど、某トトーリのイベントは吉日土日の開催のはづ。
昨年は金土日を費やし、最終日に一気に自宅まで帰ったけれど、
今更にアレはキツイ。半世紀オーバーなこのカラダにはキツイ(笑
翌日の勤務先では間違いなくぽんこつになってましたっけ。

なので、流石にボクも学習能力ってヤツがある。

今年は土日月ってスケジュールにしよう。
日曜夜に京都のアニキのトコに立ち寄り、月曜日に京都からまったり高速で自宅まで帰るのだ。

そのかわりに土曜日は自宅から江府ICまで一気に駆ける(←それはそれで学習してないよーな

・・・ルートも再考しよう。

上信越・北陸道からの名神経由は距離が1,046.4kmある。
実際、地図を見ても北関、上信越あたりがムダな折り返しになっている。
平日の空きっぷりは好印象だけど、ただ、それだけ。
渋滞覚悟で行くなら、
常磐~首都高~東名~新東名~伊勢湾~新名神~中国道~米子道が最短。総行程839.4km。
アベ100km/hを刻めれば、8時間半。
休憩・給油を+αして、11時間で走り抜けるとすれば、0時に自宅を出れば日中、どっかの集合場所には、よゆーで着ける。はづ。
今年の往路はこれで行こう。そうしよう。
カミさんを説得しないとな。うん。



でも、お題は違うのよ(続きはこちら)
[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2015-06-07 18:28 | ボクのキャブセッティング | Comments(14)