カテゴリ:ミニサーキットの片隅で( 48 )

トミンこどもの日。

埼玉救世主つながりのバイク屋さんイベントの日程が決まったとのこと。
5/5、こどもの日。お天気良いといいなぁ。
↓詳細はココ見てね。

http://kata-naga-ks.cocolog-nifty.com/

ガンバルクラスにエントリして頑張ってみようかなぁ。
でもお目当てはRC390なのだ。

早割は6,000円らしいのですが、
申込み方法、支払方法は埼玉救世主におせーてメールで問合せ中なので、
詳細はカミングスーン。みたいな。
分かったらまたアップします。来れる方よろちくびー。

週末、愛機のFブレーキの様子見てがら、ほんのちょっとだけ近所のふるさと農道を走りました。
こんな短い距離走って何が楽しいんだと最初思ってたのに、
いいお天気の中、往復20kmにも満たない、
ワインディングと呼べる区間なんて2kmくらいしかないトコ走って、思うのはやっぱり楽しい。
コーナー抜けてシフトダウンしつつ走ったり、
ベンチマークにしている上りコーナーでかつての最高速の-10km/hまでは目盛りが上がっていくのを確認したり、
やはりバイクって楽しいですわ。

今週、車検に出す序でにフォークオイルを交換して貰らおう。
(義兄も来年あたりでリタイアライフに突入するらしい。なので車検して貰うのはこれが最後になる)
そして、コンビニで弁当でも買って、このふるさと農道でのんびり、ダンピングのセッティングを出すのも良いかなと。
そしてばっちりアシを決めて、5/5に臨むのだ。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2015-03-24 22:35 | ミニサーキットの片隅で | Comments(9)

今年2回目のトミン2015

どうやらスギ花粉のシーズンが本格的にやってきた模様。
だってコレ書いてて、もうひどいから。昨日の午前中のみ外に居ただけなのに。

f0079865_21502984.jpg
もう気温的には春の訪れを感じる暖かさでした。

実は今回のトミン。
タイヤはおニューになったものの、前回、サイテーなラップタイムを出したことがトラウマになってて、
実はどうモチベーションを立て直せばいいのか、ちょっと悩んでいました。
加えて、ボクの経済的事由で今年はマンスリーにトミンを通うことはムリの見通しも立ったので、
この低迷している自分の状態に対する活路さえ絶たれた感じすら。
(そうそう。ボクの愛機がランニングコスト的にはNinja250SLだったら毎月通えるの。現状、車体代が無いんだけどね。あはは)

あぁ、でもそうぢゃない。
今年のボクの漢字は「真摯」なのだ。それにもう一つ付け加えよう。それは、

「効率」

この二つを今年の漢字にしよう。そうしよう。
・・・って文字並べ立てたって何の解決にも(以下略おまいさんそれをいっちゃぁしめえだょ

いやいや。そうぢゃない。
今日のこの日に向けて、ボク、努力してなかったわけぢゃあない。
デイリーのトレーニングだってアシ関係は今まで1セット30回のみを1セット50回、それを5セットに増やして。
握力のトレーニングも今までデイリーで30回を200回に増やしたぢゃないか。
ストレッチだって今までの股関節だけでなく背中のストレッチも取り入れた。

そう。「真摯」
ボクは「真摯」だ。そして紳士だ。(←それは蛇足

そう。今年のボクの漢字は「真摯」「効率」なのだ。(うぅ、この時期に黄色くするとむずむずする

サスだっていぢった。
トミンまでのぷちワインディングな農道を走った感触は、踏ん張りつつしなり感がある。曲げ易い。
期待出来る材料はある。あるんだ。そうなんだ。(声高々

・・・くんくん、くんくんって低速ABSが復活してるよorz

ま。いいか。先週の帰宅時に感じたほどのレベルではないし。
気にしないで行こう。

あぁ、だが、もちろん不安材料はある。それは何て華麗にステキなモテスリムでは今日のこの日を臨めなかったこと。
(↑形容詞が多いし、宣言してから一度も達成してないし)

だって、もうヤツらのシーズンがやって来たからボクの体重を落とす手段である朝晩の都内散歩がコワくって出来ません。
なので。
絶対、オーバーウェートな自信が有ったから前日、コワくって体重計乗れなかったもんね。
(↑けっきょく、ドコが「真摯」やねん)

そんなこんなで気持ちがぐるぐるとバターになって。
これがホンモノのバターになれば、今なら一儲け出来るのに。(違う違う

・・・ま。いいや。(いいのか
お金払うからにはいろいろやりましょう。

何はともあれ、そんな気持ちまでには上がってきて。
前後、おニューで皮剥きもまだ完了していませんから、最初の30ラップはおとなしめに行きます。
でも、15ラップくらいで無問題な状態に。
気温も低くなかったし。

とにかく今日はいろいろやれることはやろうと、
まずはプリロード前後をセッティング。
最初の30ラップつーか15ラップは皮剥きでアタマがいっぱいでしたが、
それ以降は前後サスを探る余裕も出て来て。
コース上でもワルくはない。さらりとした感じでターンインが出来る。素直な切り返しだ。
でもコーナー進入時に前後のタイヤがバタつく。
路面からのインフォーメーションが今までよりダイレクト過ぎる。
特にリアが小刻みにホップする感じ有り。気持ちよくない。

なので30ラップに届く前にピットイン。
リアのプリロードを1回転弱戻して。
それと、あぁ、そうだ。てらとしさんと空気圧の話題をしたっけ。
てらとしDukeRはスパコルで温間時、1.8kpa180kpaと言っていた。
今日はそこも問い詰めようとタイヤゲージで測定するとF2.5250、R2.6260kpa。タイヤ交換してから見てなかったからね。
前後のバタつきやダイレクト感はコレのせいも有るかと、
スパコルよりはストリートであろうα13なら、それより高めとF2.1210kpa、R2.1210kpa強に落としてみた。

で走るとまだバタつく。今度はリアは落ち着いたけれどフロントまわりのバタつきがまだ残る。
なので、またピットインして、フロントのプリロードを0.5mm戻して。

・・・いきなり、もさっとするよorz

あぁ、この感じは年末のプリロードいぢる前の感触。いや、感じるギャップがいきなり有ったから、年末のときより粘っこい感じ。
おニューになってフレッシュなコンパウンドのせいかも知れない。

なので、またピットインして、4分の1回転締め込んで。キレが戻る。
バタつくけど、まだ許容範囲だ。ペース上げるのが苦でなくなる。
ココで前回、全然届かなかった30秒台に飛び込むのを確認出来る。

改善してる。

そうなると、トラクションを上げられる証左かマフラーの腹がかつんかつんと路面と接触するのがやたら気になる。
気持ちよくない。
しなるギリギリのところを探ろうとリアのプリロードを締め込んでいきます。
4分の1締め→4分の1締め→8分の1締め→8分の1締め→ココでリアのバタつきが出てきたので気持ち、戻した。
最初の8分の1締めで本日のベストが出た。
それでも、まだマフラーの腹が当たるので二番目の8分の1締めして、リアにバタつき戻り、
なので戻してターンイン中にヘタを打たなければマフラーの腹が当たらないトコは探れたと思う。

この時間帯、自分的にアガる時間帯だったので、てらとしDukeRにからんでみた。
大概、オーバーテイクされた後、何コーナーか付いてくのが精一杯だったけれど。
驚きだったのは左コーナーのコーナーリングスピードはてらとしDukeRのほうが上だったよorz
突っ込みが以前より遅くなってるとはレヲ・ダースベーダー(←それって自分をオビワンて言いたいのか)の有難いおコトバ。
それを痛感するシーンだ。
実際、今回は自分のモチベーションも途切れなかったので、この後も何度かてらとしDukeRの背中を追わせて貰った。
ピンクぺけぺけになってからの左コーナーアプローチ、3→2→3速は突っ込みが確かに遅い。
何度かてらとしDukeRを追わせてもらうシチュエーションで3速まま、進入したほうが抜けるまではナンボか速い。
その後の離れっぷりが3速ホールドだと半端ないけれど。
やはり、今、立ちふさがるカベを楽々、突破するには走りの組み立てを根本的に変えないとダメと思った。
レヲ・ダースベーダー言うところの2st乗りな立ち上がるところでシフトダウンを何としてもやらなければ。
それがボクのブレークスルーなんだと思う。
左コーナーから最終まで2速で引っ張るのは、ボクは愛機が可哀相で出来ないのよ。
今回も試そうとは思っていたけれど忘れちゃったアイドリングを2000回転に上げてのクリッピング抜けてのシフトダウンが嵌るよう、
頑張ってみよう。

最早、師ではないどころか雑魚扱いな体たらくな、ボクとてらとしDukeRの関係性ですが(てらとしさんはそんなに悪い人ぢゃないぞ
後ろを追って、彼の弱点が見えたので畏れ多くもそれを指摘して上げた。

てらとしDukeRは水に弱い(「消える魔球」かよ)ぢゃなくて1コーナーが遅い。
てらとしDukeRに後ろに貼り付かれて抜かれる区間はホームストレートなので、そこから私も追走を開始するのですが、
1コーナーの進入、コーナーリングスピード、立ち上がり、続く帝王コーナーまでのアプローチ、すべてボクたちのほうに分があります。
だから畏れ多くも1コーナーを抜けるさい、なるだけ早くアクセルを開けていくと良いとご進言差し上げた。
畏れ多くも。(さぁ、ボクは何回、「畏れ多くも」と言ったでせう←クイズか

ちなみにドン付き的症状にまだぷち悩んでいるとのこと。
アクセル全閉で症状が出るならよりパーシャルでアプローチが吉では、と更に畏れ多くもご進言差し上げた。

そんなこと言われてる、てらとしDukeRと言えば、今回、久々に28秒台再突入とか。
今日はそんなコンディション。
他の人のペースも牧歌的だったから、タイムトライアルにはグッドな感じ。
レヲも来れば良かったのにw

でも、そんなアドヴァイスしながら思ったね。
直線が速いバイクに対してコーナーリングスピードが凌駕出来なければ、今より上には行けないね、と。
SSの後ろに食い付いて、コーナーは付いていけるとほくそ笑んでいたけれど、
コーナーでは抜けるペースでないとダメなんだよね。
ぢゃないと、てらとしDukeRの背中は近付かない。
もっとコーナーリングスピードを上げることを模索しよう。

本日は2ヵ月に1回ペースだから160ラップ走ると息巻いた割にはラップ稼げず95ラップで終了。
カラダは疲れてなかったけれど右手がやはりややパンク気味。こうなるとタイムアップは臨めない。
うーん、明日から握力のトレーニング、+200回増やそう。ぢゃないと折角のクローズドがつまらない。
(ちなみにてらとしDukeRはアベで200ラップするとか。コレも今年の目標にするよ)

f0079865_22072911.jpg
フォークオイルも交換しないとね。もう2年越しだし。

終了して、あちこちをチェックした。
Fフォークのボトムっぷり見れば↑ダンピングがかなり劣化しているようだ。
フォークオイルをリフレッシュしよう。そして、次回は前後のダンピングをいぢって気持ちの良いストローク速度を探ろう。
気持ち良い=安心感の+につながるはずだから。

f0079865_23242681.jpg
ぴんくぺけぺけ号でのベスト(30"84)に届かず。
もう一伸び出来なかったのは、オーバーウェイトのせいと思いたい。

いつものようにてらとしさんよりトミンを先に離脱。ウチまでの帰路で低速ABSの効きっぷりを痛感した。
あぁ、てらとしさん、サスのダンピングがダメな前に、ブレーキのジャダーが今回、いっちゃんダメなトコだったようです。
だからあんなにバタついたのか。
帰路を抜ける中、コーナーを抜けていくさい、愛機の評価をしてみます。
サスのしなり感はいい。狙って曲がっていける。
前回はサスがクソだった。今回はブレーキがクソだったよ。
キャリパーのシールは取り寄せたので、来週以降のドコかでメンテするけど、このジャダー、それで治るのかなぁ?
ローターの歪みだったら、根治するのは当分、先だよ。あわわ。あわわ。

f0079865_21503735.jpg
前々回のジオメトリ画像


f0079865_21493208.jpg
今回のジオメトリ。前下がりになりました。
でも現状、コレがイチバン気持ちよく突っ込めて曲がれる姿勢なのだ。


帰宅しても一度データを取ってみた。
プリロードは、

F右6mm、左5mm。プリロードいじる前の1mm戻しで落ち着いた。
R20mm。これは前の値を確認していないので、変化幅は分からず。ま。いいでしょ。

となった。
タイヤの空気圧は冷めた後の空気圧は、

F2.0200kpa
R2.1210kpa

だった。
私の感触だと、ローターのジャダーの解消でタイヤのバタつきが解消するなら、空気圧の適正値は前後2.1kpaより上という感じがあります。(温間でね)
が、ネットでぐぐると同じ車重のバイクで1.6kpa近辺で良しとする人も見受けられ。
ワイズの差がどれだけ、こういったことに影響してくるのか未だ読めないんですけれど。
でも、自分の感覚を信じて、次回は上げてみようかな。

そうそう。タイヤの荒れっぷりも見事だった。
フロントがキレイだから、曲がってぐいってアクセルワークが良くないんだと思う。
結局、今日も思い知ったけれどキレイに繋げるほうが速いんだよね。タイヤへの負担も少ないし。
しれっとクールに走るスタイルを次回は目指そう。

序でと言ったら何だけど、すっぽんぽんになって自分の体重も測った。
62.6kgだったよorz
次回こそ、何て華麗にステキなモテスリムなオレ様になるよ。(痩せ痩せ詐欺?

そう言えば、帰宅しての革ツナギ脱いでる中で足のひらを攣ったよ。
運動量を増やしたつもりでも、まだ、この攣る部分の鍛えが足りない模様。
ココもどうするか考えないと。
去年のモバラみたいなことにはもう絶対したくない。

次回のトミンは順当に行けば4月ですが、まーさんトコの走行会が5月にあれば、6月です。
それまでに一般公道でクリッピング抜けた後のシフトダウンの練習を危なくないカタチで練習しときますよ。
次はレヲにも迫れるように頑張ります。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2015-03-01 14:48 | ミニサーキットの片隅で | Comments(8)

今年1回目のトミン2015。

昨年はなんやかやで4月まで走ることが出来なかったトミン詣で。(詣でなんだ
今年は1月スタートと順調です。

f0079865_12093581.jpg
カコイイオレのバイクにピントを合わせたら、てらとしDukeRがピンボケした。
が、9時前では前日の雨がまだ残っていて、私達以外は軽のトールボディ車が一台のみ。
R1なんか出て来たらファンカーゴ以上の衝撃でしたが(苦笑)、出て来たのはミニバイクだったよ。

コースは走る頃には乾いているだろうと踏んでいましたが思った以上にあちこち水が溜まっていて、うーん、どうしたものかと思いながら、走行券を買いに行こうとログハウス風な事務所に入る手前でトミンのスタッフな方に一日います?と声掛けられます。
あぁ、2月いっぱい半日料金で1日走れるんですよねって私が言いますと、
それもありますが、奥の右(要は帝王コーナーの手前)が10時くらいまで日蔭だから凍っているんですよね。ちゃんと走れるのは11時からかも、とのこと。
おやおや、だからこんなに空いてるのか。
まずはコースの状態見て走行券買うのどうするか決めても良いですよと何とも良心的なこと言われて、
てらとしさんにもスタッフな方に言われたことを伝えて、どうしますという話をして、
ぢゃあ、コース見ましょうかということになってコースを下見に歩きます。
日が当たっているところのウェットな箇所は水溜りになっていて凍っていることは無かったのですが、
確かに帝王コーナー手前はアウト側、イン(ゼブラぎりぎり)は確かに凍っています。
その間はまぁ、フルバンクなんてことしない限りは現状でも走れそう。
今日は走らないって解は私にもてらとしDukeRにも無いので、最初は様子見で走りましょうってことに。
もう風が強くなってきたし、気温も最高が10℃となれば以外と早く乾くはずと踏みます。
なので走行券買って、準備して9時半過ぎにはイノイチバンに私がコースイン。
スピードは出せませんが、ライン取りの勉強にはなります。
帝王コーナー手前はぐんとスピード落とすしタイヤとも相談しているので3速ホールドで38秒台から少しずつペース上げて、まずは34秒台くらいでまずは周回一回目を終了して。(本日、ちょうど疲れるのが13ラップくらいだった)
凍結が目立つ区間も慎重に走るなら大丈夫だけど、最終の立ち上がりでアクセル開けて確かにちょいスライドするポイントもあり、ウェットであることだけは要注意な感じ。
そんなことてらとしさんに伝えて、てらとしさんが走り出して間もなく、私もまた出走して。
そんなことしていたら10時過ぎる頃にはもう全区間、タイヤが温まれば無問題な状態に。ボクはびびり入っていたけど(苦笑
で周回2周目でタイムはと言えば32秒台。まだまだ。
少ーし足長になった愛機のサスのセッティングはどんな感じかと言えば、ここまでは好感触。
1コーナーでのブレーキングのさい、今までより奥にイケる感じが出てます。

でも。

タイムに結び付かない。3速ホールドで頑張って31秒台後半だよって感じの周回3回目。
何か変化を付けなきゃいけない。
ここいらで他のお客さんも入って来ても(VTRな方と2stなミニバイクの方の2台。すなわち、がらがら状態)、コースの自由度は抜群。
いろいろ試すべき。
よし、自分的にココはタルいなぁと感じるところはすべて2速シフトダウンしてみようとトライ。
要は1コーナー、3コーナーから最終2速まま抜けて3速シフトアップをトライ。
・・・1コーナーでリズムがめっちゃ崩れたよorz
続く、2周目は1コーナーの2速シフトダウンは止めて、3コーナーシフトダウンにトライするも去年11月に作ったリズムに戻れない。
そして何度か最終まで2速ホールドで行くもどうも体感するエンジンの回転感で回り切ったと感じるところでアクセルを戻しちゃう。
「イケる」とレヲに聞いてはいても戻しちゃう。愛機を労わってしまう。
そんなこんなで31秒台後半にびしっとタイムがまたそろう状況に。

なので、また昨年と同じ3コーナーまで3速、コーナー手前で2速ダウン、立ち上がって体感的に吹け切ると感じたところで3速まま、最終に飛び込むを。
それを13ラップ1周回ペースで4度ほど。
途中、本日、スロー域でのすとんと回転落ちする現象に悩んでいた、てらとしDukeRに後ろに付かれます。(途中でエアクリを純正に交換した)
序盤のコースコンディション+↑のトラブルで30秒台ペースのご様子。(最終的に29秒台で本日は終えていたよ。今のボクには殿上人のように見えます)
ちょうど私がまずは行きたいタイムの領域なので、ココは頑張ろうと5ラップくらい後ろに従えて。きっと頑張れると歯痒いくらい抜けない状態と踏んで(をひ
徐々に後ろのプレッシャーが背後近辺に迫るところで頑張ってた時点が、本日、イチバン実の詰まった時間帯でありました。
でも続かない。3コーナー手前の2速シフトダウンをしくって失速して緊張の糸がぷつりと切れました。
(そう、今のオレの現状はこんなレベルなのです)
実際、本日のベストがココで出ました。情けないタイムでしたが。

f0079865_12094184.jpg
100ラップ越えて、ようやくプリロードいぢらなくっちゃって思った。スケール(←物差しね)を忘れたのに気付いたよ。

私の愛機、フロントにいちおうプリロードアジャスターを奢ってますが、装着するときどうにも入らなくて左のカラーを1mm削って装着してます。
なので、目盛りがないと左右の合わせが出しにくい。手持ちのタイラップとか工具とか目安に調整してもいいけど、
0.5mm単位での調整って出来ないよなぁと。
それにもう右手の握力がパンク気味(左ぢゃなくね)。
流石に30秒台くらいは出しておきたいと思うも、実が詰まった時間帯ってのにカラダを持って行けない。本日はもうタイムは望めない。
しょうがないので、いろいろ確認。

・ホームストレートの最高速をチェック→メータ読みで100km強が出ているのを確認した。実速80km/hか。
 見てる見てないでのブレーキポイントを鑑みると82km/hくらい?
・1コーナーの突っ込みポイントを探る→アウトベタでホームストレートをなぞりクリッピング奥目がベストだ。
 2コーナーまでがやはり直線的にアプローチ出来る。
・良いと思った今回のアシ→コーナーでの挙動は思ったよりずっとアンダー。
 以前のもう一曲りしてのええ感じのライントレースがない。
 動かないアシとはこういうことかと、2次旋回とはよく動くアシにして生まれるものかと。
 1コーナーでの飛び込みで早くバンキングするとリアがずっずっずってちいさく流れるのも感じた。
 リアの路面の押しが足りなくなるようだ。
 ケツを後ろに引くことで出なくなったから間違いない。
・でも、突っ込み時のブレーキング時の車体姿勢のフラット感は以前のアシより良い→それだけは好感触。
 なんとか折衷的なトコを探れないものか。

f0079865_12094416.jpg
計測開始して以来のイチバンの不出来なタイムだ。
不本意だ。本気でそう思った。

もう右手がパンク気味でもう(自分なりのええ感じで)走れない私と、休憩挟むとタレちゃうらしいてらとしDukeRともに、午前の部のみで帰還することに。
ベンチがぶっ倒れるくらい時折強い風が吹く中、13時までてらとしさんとダベって。
ちなみに真冬のトミン通いのためにてらとしさん、電熱ウェアを投入してきたよ(禁断のアイテムって言ってた
「禁断のアイテム」って聞くと何か淫靡な感じがしてどぎどきしちゃうよね?ね?(←ばか

トミンでてらとしDukeRとお別れしての帰路、あらためて愛機のアシを感じてみる。
一般道であれだけ良いと思っていたアシがトミンを走ってクソに思えて来る。
ちょっとしたコーナーに飛び込んでのライントレースに不満を覚える。あぁ、一般道でも分かるのだ。もっと愛機の声を聴かなければダメだったのだ。
そのうち、アクセルを開けていくと途中がごがこするようになって。まるでキャブのセッティングが合っていないフィール。
全開にしようとすると症状が出る。何だ何なんだと思いながら自宅まで走って、もうちょっとってトコで一度ぷすってエンジンが止まって。
走ってるからすぐ息を吹き返して。でその原因はバッテリーのマイナス端子側のボルトが緩んでいることにバイクを仕舞うときに気が付いて。
あぁ、真摯さが足りない。

そうだ。今年の私の漢字は「真摯」なのだ。(←確かにそんなこと、どっかで書いていたね
ダメな自分も真面目に見つめようじゃないか。
どうしてこうなってしまったのか。
オレ様の黄金のロードマップ(←「黄金の」って形容詞て)では、

①キャブをばっちりキメる
②アシをばっちりキメる
←今、ココなはずだった
③30秒台前半をアベにする
④トミンでタルいと感じるところを潰す
⑤29秒台に再突入する
⑥遠心力を終始感じられる走り方を作る
⑦トミン左コーナーを余裕でヒザ擦れるようにする
⑧29秒台前半を出す
⑨ツインテールに戻して、28秒台アベを目指す
⑩華麗にモテスリムにモバラで55秒台を余裕で出す


というのが今年の予定なのに(←今、思いついたくせに

むむむ。どうしよう。
そうだ。
今回の真摯さが足りなかったトコロを反省してみよう。

・体重が62.3kgに戻ってしまった。華麗にモテスリムはどうした?
 →正月太りは晦日からの風かインフルで回避出来たのに、ココ、二週間で油断したら戻っちゃった。
  しかもそれで半日ドックに臨んぢゃうという不始末。
  なので半日ドック後、毎朝してる運動の足の運動を今までの3倍にした。そうすると丁度30分くらいの運動になります。
  カルい汗かくし。
  昼ごはん食べても体重が増えなくなったし。
  ココからもう少し負荷掛けて、体重を59kg台に落とすのだ。そうなのだ。

・せっかくのお金払う信号も対向車も無い道を走る機会なのに、なぜアシくらいいじらない?
 →そうですね。スケールが無くてあきらめるなら、今度からはまずは回りの人に持ってませんくらい聞いてから
  あきらめましょう。てか、次回から絶対持参するよ。<スケール
  まずはF0.5mm、1mm戻しをやってみる。どうしても今のアシのコーナー進入でのフラット感が捨て難い。
  前のアシと今のアシのいいとこどりを探るのだ。そうなのだ。

・右手の握力がパンクした。
 →コレが今回のイチバンの反省点。ブレーキの握り込みの精度が落ちたので走るのを止めたけれど、
  カラダ的にそれ以外に疲労感はそれほど無かったので、もっと握るための右手の持久力さえあれば
  30秒台載せくらいは出せた筈だ。
  なので、昨日から1セット200回、握力の運動をすることに。(今まで1セット20回だったの
  ただにぎにぎするだけだから、仕事中もするのだ。そうなのだ。

・そもそも論として。
 体重が増えて、タイムが落ちたと気付いたのが昨年末でしたが、
 そもそも、以前に30秒台をラクに出していた頃の実が詰まった時間帯のカラダのフィールと、
 今の31秒台前半を出すときの実が詰まった時間帯のカラダのフィールが同じ。
 ということは体力が落ちたことが何よりの原因かと。
 今年は昨年よりももっと負荷を掛けてみるよ。総合的に自分なりのピークに戻さないとこれより上のタイムは
 絶対に望めない。
 それに昨年のモバラで足が攣った反省も含めて、足の筋力・持久力を高めたいつーか、
 せめて自分のピークに戻すのだ。そうなのだ。

・プラスの変化がやはり欲しい
 結局、右のフォームより左のフォームが固い。それは毎日のストレッチで分かっている。
 それでも恐らく、私のイチバンのブレークスルーが望めるところはカラダの柔軟性を、
 今より向上させて左側もラクラクヒザが擦れるようにすることだと思います。
 本日も左コーナーで一度、フロントを寝かせすぎて逝きそうになったものね。
 180度開脚はユメだけど、まずはそれを目指すのだ。そうなのだ。
 (ちなみに180度開脚。股関節の柔らかさだけで無く、背中の柔軟性も必要なんだって。
 そのストレッチもすることにしたよ)

と言うことで、オレ様の黄金のロードマップを再掲。(←「おうごん」てSMな方々の中ではうんこと同意gi(以下略))

①キャブをばっちりキメる
②アシをばっちりキメる
←物差し持ってばっちり決めるのだ。(←お前の「真摯」てのは、その程度かよ)
③30秒台前半をアベにする←次回は是非、ココに。
④トミンでタルいと感じるところを潰す
⑤29秒台に再突入する
⑥遠心力を終始感じられる走り方を作る
⑦トミン左コーナーを余裕でヒザ擦れるようにする
⑧29秒台前半を出す
⑨ツインテールに戻して、28秒台アベを目指す
⑩華麗にモテスリムにモバラで55秒台を余裕で出す


やはり、残りの人生は少ない。
今年は真摯に取り組むオレ様になるのだ。そうなのだ。

あ。ちなみにとりあえず今月はタイヤ交換だけにします。
それでも月末あたりに・・・いや、もう予約しよう。今年のオレは真摯なのだ。

2/28の午前中に予約しました。ご都合合えばご一緒しましょう<てらとしさん

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2015-02-01 16:29 | ミニサーキットの片隅で | Comments(2)

もばらばんば(3周目)-その本編

先週末はモバラモトブレイクに参加しました。

ちなみに。
このタイトル、以前の「なかったことにしている」記事の中の茂原ツインサーキットの走行会、モトブレイク体験記の一連のタイトル。
前々回、前回とモバラはいつも不甲斐ない結果に終わっているのですが、
何とはなしにそんな自虐な気分をせめて笑いたい気持ちの顕れなのか、
茂原ツインサーキットに向かうときはコレ↓が脳内に響きます。



後ろの「ら」しかつながらないのにねw

てことで今回はどうなったかと言いますと(続きはこちら)
[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2014-12-20 22:15 | ミニサーキットの片隅で | Comments(12)

もばらばんば(3周目)-その予習

ということで今度の週末は人生3度目のモバラです。
その前に、

・クラッチワイヤーをレバー握るとべとべとになるぐらい給脂する←握れません。クラッチ切れません
・キャブのセッティングをばっちり決めて後輪出力70PS出せるようにする←出ません。そんなに出るならトミンで26秒台です。

な勢いくらいで全力で今日メンテしようと思っていましたが、
寒いっす。今年一番の冷え込みぢゃないかなぁ。
なのでメンテなしでモバラに臨みます。次回は56秒台だぜって宣言したのに。

ですので、せめて予習くらい。

f0079865_15374612.jpg

でコースレイアウトを貼り付けての、考察を、ば。
えーと、

ドリフト禁止区間でドリフトしないようにする・・・(=゚ω゚)つ)゚∀゚)グァ

・・・えーと中級ですから、ボクより皆さん速いでしょ。
四の五の言わず、ダレかの背中を追いかける。きっとそれがベストラインだから。
そして良いペースで走れれば、ヒザも擦れるフォームになるでしょ。
こういうとこ、クラス分けって良いよね。
以上、もばらの予習終わり。(アバウトかよ

でも、走ってて56秒台に全然届かなかったら、キャブのJNを0.5段下げ(片側だけ下げ)か1段下げ(両方のJN下げ)るかも。
前回、レヲに乗って貰って走っている愛機見て、そうすべきと思ったもので。

7:30にはさっさとモバラ入りして申込書を記入しよう。
(↑ウチで今、印刷出来ないのでモバラに聞いたら、それでいいですよってことでした)

天気予報も今のところ晴れマーク。
前日が雨模様ですから、当日の朝、凍結していたら初級な方々に頑張って乾かして貰いましょ。みたいな。

そんなんでご一緒される方、よろしう。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2014-12-07 15:48 | ミニサーキットの片隅で | Comments(6)

今年5回目のトミン-復活のてらとしDuke○そしてオレ、軽くなる-

次回のトミンまでには60kgジャストにして臨むと鼻息荒く宣言するも、
昨日の体重測定では61.3kg。目標まで-1.3kg。むむむ。
とは言うものの測定開始が63.1kgでしたから、それからは-1.8kg。
なのでオレがんばった感は間違いなく有るんですけど。

目覚まし時計の針を自分で動かしてしまったらしく、7時前に起床。
慌ただしく出掛ける準備して、さぁ出発しようかと車庫で切り返してさあ走り出そうかと跨った瞬間にバランス崩しておっとっと。
おや。立ちゴケですよ。
ダレかさんに土付けると良いですよぉって言い放ってやったのに、自分が土付けちゃったよ。
何のニューアイテムも奢ってないのに。

ガス満タンにして、トミンまでの田舎道を愛機で走らせての感じは、やはりいい感じでパワーが出ている。
ノーマルマフラーのくせに。
ピンクぺけぺけのくせに。
でも気持ちいい。楽しい。ヘンに癒される。
来年の3月で車検なので、それまでは間違いなくこのままにしておこう。うん。

そんなこんなで8時50分前くらいには到着した(と思う)。
で到着すると、レヲとてらとしさんが出走の準備をされ、
おぉ、復活のてらとしDukeだねって・・・て・・・て?

ん?( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
んん?(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
 (;゚ Д゚) …!?

f0079865_17050851.jpg
こういうのが「斜め上の展開」てヤツなんだと思う。

復活してのオプションテンコ盛りなのかと一瞬思いましたが、カルく違和感を感じて、すぐに気付いて。

オレ:「もしかしてRですか?」
てらとしさん:「よくわかりましたね」

てらとしでゅーくはてらとしでゅーくあーるにぐれーどあっぷした(←ドコのRPGだよ

みなさん、ココに「漢」がいますよ。
フュエルポンプのトラブル解決にマシンごとのスワップという選択肢をチョイスするなんて、
「漢」としかもう表現しようがない。
そして何とはなしのオーラに溢れてるでないの<Duke R
増々、RC390とかDuke690が良くなってきちゃうじゃないの。
てか、最近、アタマくらくらするくらいRC390欲しいんですけど。

9時半に出走開始される皆さんを横目にオレのLapShotをごそごそ装着して。
本日の出走台数は20台。トミンのスタッフさんに「中途半端に多いですから気を付けて」と言われましたっけ。
そう言や、最近、よく話掛けてくれますなぁ。


またまたカコイイ動画をレヲに撮ってもらった。でも如何にも「おまえ遅いんだよっ」て感じ満載(苦笑)
もうちょいアップにならない程度にタイム上げたい。つつかれる感じなど微塵もないくらいに。
いや、そんなひっくいこと言ってないでⅣ型のポテンシャルを余すことなく使い尽くして、
オレの姿がカコヨク点になってしまう動画を撮って貰えるようにならないと。

いや。今こそ、オレのモノホンの本気を出すんだ。
で、さくっと出た↓

f0079865_17055424.jpg
レヲのベストタイムを2"46も上回る本日のベスト( ‘ ^‘c彡☆))Д´) パーン
・・・へい、計測しなくなったの。


実のところ体重減の効果は有ったかと言いますと、
本日もご一緒することになったFZR-Rな先輩の方が前を走られているタイミングで私がコースインしたときに、
その後をついていくことに。
前回、離されちゃった2コーナーのコーナーリング速度はタメで回れた。効果アリ。
が続く、左コーナーの進入がオレのほうが遅い。
これは体重の問題じゃない。
FZR-Rな先輩の背中がココで遠くなった。うーむ。

f0079865_17053708.jpg
これが正しい本日のベスト。20ラップ目に出たから、
やはり、現状、体力が無いボクの場合、前半に掛けるしかないのねんのねん。

動画を撮って貰った後、ありがたいレヲ・ケーノビのワンポイントレッスンを聞く。
てか「おせーて」と自らひれ伏した。
そう、まるでアラソルンの息子、アラゴルンの様に。
ひれ伏すべきは君たちではない。私たちこそひれ伏そう。(←それ、実はすげぇ上から目線だと思うよ
レヲはまたベスト更新(29"94。スロットルワイヤーの調整をトミンに来てからもやってたのに)。
私は30秒台後半。むむむ。むむむ。
あーでも、平ばりの黄金の回転なライディングフォームかどーかは分かんなかったよ、レヲ・・・ぢゃない、
ココはボクより優れている者の意見を素直に聞くしかありません。

・フォームは前回より全然良くなった。
・1コーナーが遅い。
・左コーナーの立ち上がりが遅い。

大体、自分が把握してるとおり。
この後、レヲがピンクぺけぺけ号に乗ってみたいと言うので、乗って貰った。
すぐに飽きるかと思ったら、そうでもなかったようです。いい加減返してほしいなぁって私が思うくらい周回していたから。
で帰って来て感想を聞くと、

・パワーは出てないわけじゃない。
・バンク角が浅くて困った。(←実際、最終でがりがりマフラーを擦っていた。FZR-Rの先輩と笑いながら見ていた
・ぺけぺけってFCRの浮動バルブの音ぢゃん。
・レヲは左コーナー→最終を2速で回っていたらしい。頭打ちにならないと。へー

私の体重に合わせてのサスセッティングなんで私はバンク角が浅いことは無いのですが、
+10kgのレヲの体重では車体が沈みすぎるようです。
レヲのピンクぺけぺけ号での周回タイムは31秒台。見ていてもそんな感じ。もっさりしてるんだね、31秒台って。
Ⅳ型のフロント剛性の高さに感心してくれたよ。てことはやはり、もっと上のタイムを出すべきバイクに乗ってるんだよなぁ、オレ。
とにかく、620ccエンジン搭載なSRX乗ってる人にパワーが出てると言われることは、悩める私には朗報。
そして遅い速いはボクのウデ次第ということですなぁ。
ぢゃあ、ボクも左コーナー→最終を2速でアプローチしてみる・・・うーん、レヲ、ボクにこの乗り方はマッチしまへんがな。
どうしても最後までぶん回して行く気になれない。
レヲがやってるから回せるんだろうけど、自分は愛機をヘンに労わってしまう。こりゃどうしたものか。
ちょっと考えよう。
体重減の効果は有った。少なくともカラダに疲労感の無かった前半、2コーナーのコーナリングはFZR-Rの先輩とタメで回れた。
すなわちキレが戻ってきたと。
となれば、足りないのは、

・1コーナーをもっと速く抜ける。
・左コーナーのコーナーリングスピードをもっと上げる。
・最終コーナーの立ち上がり

なんだよなぁ。うーん2.5速がほしいっす。

本日はペーパーロックに何度かなりかかって、ラップは100ラップ強。
それでも後半に3速ホールドで頑張れば30秒台に入れられたし、ホントの後半で本日のベストラップと余り変わらないタイムが出たから、
ノーマルマフラーでも30秒台後半がアベレージに出来たと前向きに捉えよう。

f0079865_17062089.jpg
ちなみに復活のてらとしDukeRは、サスセッティングに悩んでいた模様。
それでもさくっと29秒台に載せているから、以前の車体より調整幅が有る車体にチェンジしての恩恵をきっとそのうちに授かるはづ。

来月13日は茂原に行く予定です。
次回までに、

・体重を60kgジャストに落とす。
・キャブのJNとMJをも少し濃いほうに振ってみる。
・クラッチレバーを交換してみる(ちょっと曲がってるのです。ついでにワイヤーも給脂しておこう

をやっておきましょう。
そしてモバラ56秒台を目指すですよ。華麗にモテスリムにモバラのいっぱいな左コーナーを駆け抜けますよ。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2014-11-22 23:19 | ミニサーキットの片隅で | Comments(8)

次回の予習。

結局、体重が目指したいトコに落ちなかったので先週はトミンのコソ練は取り止め(←行く気はあったらしい

現在の体重のマイナスのピークは61.7kg。目標の60kgジャストは遠い。遠いよママンorz
それでも計測開始した63.1kgから1.4kgの減ではあります。
22日までにせめて61.1kgを切るコンディションには是非持って行きたい。(2kg減ですな
そうすると少しはコーナーワークの動きに今よりキレが出てくると思われ。てか是非そうあってほしい。

ということで次回の予習を箇条書き。

・3速のまま、1コーナーの突っ込むタイミングをもう1テンポ遅らせる。
 もうね。土手駆け上がるくらいの気概で・・・ぢゃない、
 二本目の外灯にもっと近づいてからブレーキングしよう。
 そしてその前からバンキング開始すること。

・3速のまま、1コーナー~2コーナーをストレートに抜けられるラインを作る。
 遅いSRXだから大回りはせずにもう少しクリッピングを奥に取りつつ、
 コーナーリングスピードを落とさずなるべくなだらかなラインを目指す。
 そして立ち上がりを早くして出口が見えたら全開。

・3速のまま、2コーナーのコーナーリングスピードを上げる
 突っ込むのではなくスムースにスピードを落としタイヤのエッジを効かせて、
 自分が曲がれるギリギリの速度で巡航する感じでクリアする。
 そして早め早めにアクセルを開ける。

・3コーナーの3→2をスムースに。
 もっとつないで、やはりコーナーリングスピードを落とさず、
 立ち上がって、すぐ3速にかき上げる。
 ↑コレ、最終でのシフトワークの予習です。 
 そしてカラダは伏せ伏せで、左もばんばんヒザを擦れるフォームを作るっす。

・最終手前のちょっと下るトコで2速に。出来るだけアクセル開け開けで。
 そして車体を立ててシフト出来る体勢になれたらさっさと3速にシフトアップ。
 アクセル全開で。

・全体的にコンパクトなラインを目指す。

・そして何よりリラックスして乗る。

・タイヤと気温とよぅく相談する。

こんな感じでボク、頑張るよ。タイムを突き抜けてみるよ。
そんなこんなでレヲ、よろしく。

てらとしさん、復活しないかなぁ・・・

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2014-11-15 19:49 | ミニサーキットの片隅で | Comments(16)

ぺけぺけトミン。(今年4回目のトミン)

台風19号が来てますね。
今度こそ今年最強とか謳ってますけど、なるだけ被害が少ないといいですね。
とか書きながら、
進路予想見ながら来週明けもまたお休みになっちゃうかとちょっとどきどきしてる自分は何て小物なんだと。

そうそう。自分的に残念なことに気付きました。
10/26は既に家族的予定が埋まってましたがな。(知らんがな
なので福島man3 Part2も行けませんがな。(知らんがな

ちくそー10/25に栃木県民の森でも行くか。(行って来い


続きはこちら
[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2014-10-11 22:45 | ミニサーキットの片隅で | Comments(4)

今年3回目のトミン。-またの名を整備不良車オフ。

PCの調子が悪いです。
Windowsのセキュリティ更新プログラム KB2993651を入れてから、
どうもPCのグラフィックプロセッサのドライバと相性が悪い模様。
なのでブラウザでグラフィカルなページを表示するとストールしたり、
ブルースクリーンになったりをここのところ頻発させてます。
グラフィックプロセッサのドライバをバージョンアップしても解消せず。(←却ってひどくなったような。
使用しているブラウザが更新されても解消せず。
どうにかしてください。長いブログが書けません。

いっそ再インストールするかどうするか。ブートしてるうちが華だよなぁ。
(時折、ブート時とか立ち上がるさいのプロセスが動いているところでもストールするらしい)

・・・むむむ。

と言いつつ、THXAudioを今、無効にして、このエントリーを書き込み中。
どうだろうか。もつだろうか。

案の定、逝きましたorz

こんなときのためのリカバリディスクでのリカバリも、

上書き ×
工場出荷状態に戻す ×

Win7のインストールでの最後のデスクトップの表示でコケちゃいます。むむむ。
やはりグラフィックぽいが出荷状態にも戻せないとなるとハードまたはファームウェアもイカれたのか?か?
BIOSとかで怪しいデバイスをdisableにしても×

・・・Win8ユーザになりました。
思いがけずNew PCです。ドコかでこの家庭内借金の返済目途を立てないと。

それよりも今回は前のPCのデータが全部すっ飛びました。
何度か出荷状態に戻したけれど、リカバリしたファイルがアロケートされていない箇所のデータはサルベージ出来るかしら(前のPCはまだ残しています)
こちらはゆっくりトライしてみようとは思いますけど。
何としても3月の家族旅行の画像だけは引き上げたいなぁ・・・


そんなことはどうでもいいですかそうですか(続きはこちら)
[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2014-10-05 18:15 | ミニサーキットの片隅で | Comments(4)

次回の予習。

何だか台風が襲来するも、今週末は良い天気になりそうな予感。
て、この土日もいい天気でしたね。予報が外れましたなぁ。
さすが秋の空って感じ。
私と言えば風邪が抜けなくってバイクライフ的なことは結束バンドをシフトレバーにもう一巻きしたのと、
テールランプを点検したくらい。
(先日のツーリング終了後、テールランプが点灯していない、ブレーキランプの光も弱い。
と、こりゃまた玉切れ&配線不良かと思いきや、本日見てみたらランプ生きてる。配線不良もナシ。
交換用にバルブを買ってきたけどスペアとして保全。なんだかな(ぜんぶプラトーさとみで喰らった土砂降りのせいだ))

27日、午前の部でご一緒出来るのが確定しました。
ですので、先々週にも書いたけれど、もう一度、次回の予習を。
忘れちゃうからね。トシだからさ。

・左コーナーはもっとカラダの力を抜く。そして腰を入れる=回転する=黄金の無限の回転を得る=オラオララッシュを叩き込む
・3→2→3で抜けるコーナー前後のつながりをもっと良くする。

 とりあえずは左コーナーと最終コーナーでの目標だけれど、
 ↓が出来たら1コーナーも2速でアプローチしてみたい。
 エンブレ掛けれるならコーナーの奥までコワくなく入れるかも。

・黄色いライン↓で走れるようにする。

f0079865_22343275.jpg
少しでもいい感じに走れますように。
(クローズドはタイムが全てですけれど)

・・・そう言えばクラッチレバーも曲がっているんだよなぁ。この機に新調したいなぁ。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2014-09-21 18:13 | ミニサーキットの片隅で | Comments(9)