カテゴリ:サクラエスアールエックス( 58 )

アシをいぢる。(いぢっただけ

MotoGpの2戦目アメリカズGPではマルケスがポール・トゥ・フィニッシュな横綱相撲でしたが、
アルゼンチンGPは再びロッシが優勝しましたね。今年のMotoGPは面白いなぁ。
アメリカズGPのマルケスの走りっぷりを見て、
彼に何がしかのアクシデントが無い限り今年もやはり去年同様、マルケスの一人相撲な展開を想像しちゃいましたが、
さにあらず。
タイヤ選択が功を奏し4秒のビハインドをじりじりと詰めて行ってのラスト2ラップで逆転。
すかさずオーバーテイクを仕掛けたさい彼の乗るマシンのフロントタイヤがロッシのマシンのリアタイヤに接触、
そして転倒リタイアという幕切れ。
最早、マルケスの怪物っぶりはレースに参加する全てのライバルが認めるところでも、
今回のノーポイントは今後の展開を面白くさせてくれそうです。マルケスには悪いけど(苦笑

乗り手として、そしてライディングスタイル的にロッシが大好きなのですが、
マルケスのバイクに乗るのが楽しくてたまらないとでも言うようなラィディングにはとても惹き付けられます。
ホントに楽しそうにサーキットを走っていく。もう王者の貫録ですなぁ。

でも、今回はリアにエクストラハードを選択したロッシが(マルケスはハード)、↑のレース展開で表彰台を勝ち取る。
自在にタイヤをスライドさせるマルケスですらタイヤのグリップがヘタれるとこんな負け方をするんだね。
すげーよ、タイヤ。

・・・でも「2013年は30ポイント差をひっくり返して優勝した」ってマルク言ってるんだよねw

さて本題です。
今日もタイヤの空気圧を下げて少し愛宕山を上り下りしようかと思いましたが、
午前中は良い天気だったからクルマを何ヶ月か振りに洗車したのに、
昼から何やらにわか雨でも降りそうな空模様。
なので昼食から缶ビール飲み始めちゃったのに、しばらくしたら天気回復。やれやれ。
良いお天気をうらめしげに見ても、アルコール摂取しちゃったからもう乗れないよ。

それでも折角のお休み、何かしたいなぁと考えてみます。
と。そう言えば先週、先々週のみっぢかい小走りで得た、二つのネガなトコを思い出しました。

・交差点で右折時、アクセル開けて立ち上がるさい、一瞬、リアのグリップが希薄になるのを感じた。
 滑るほどのものでは無いし、ホント、大したことでは無いんですけど。(これは先々週)
・愛宕山の下りでタイヤのグリップ感が前後とも薄かった。特にフロントが(これは先週)

スピードが比較的高いとこでのコーナー進入、愛宕山下りでのフラット感、
ともに今の前足の状態は私的に好感触なのですが、
低速コーナーでの仕事っぷりはどうかしら。みたいな。
トミンこどもの日に詰めればいいと思っていたものの、いぢってる時間よりは走る時間が欲しいお年頃(笑
今年は走行回数も少ないし、出走機会はとても貴重だし。

と言うことでアシいぢります。いぢるだけで乗れないけど。

先週、愛宕山の下りで感じたグリップの希薄感は空気圧のせいと断じます。
が、ココでもうひと思案つーか、ネットの先達な方々のα13の空気圧を再確認します。
そうするとメーカー推奨空気圧2.5kgf/㎠(F)、2.9kgf/㎠(R)のトコ、前後ともに2.4kgf/㎠で臨んでいる方とか、
メーカー推奨空気圧2.25kgf/㎠(F)、2.25kgf/㎠(R)のトコ、1.2kgf/㎠(F)、1.35kgf/㎠(R)で臨んでいる方とか、
もう百花繚乱(苦笑

なので、
今までタイヤ空気圧低めLOVEな人間でしたが、前回のトミンで高めが好感触だったこともあり(タイムが出てないけどね)、
SRX(Ⅳ型)の推奨空気圧2.0kgf/㎠(F)、2.25kgf/㎠(R)にしてみました。
これは前回、トミン終了後の空気圧F200kpa、R210kpaと比較してRのみ高めな数値。
(そう、いつしかボクは1kgf/㎠=100kpaという単位変換を忘れていたよ)

コレは現状、前アシが強いという私の感触にもチトつながるかもな値。よし、Rがココで少しFより強くなった。

そしてココでもう一つ。
愛宕山の下りでは感じたフラット感、良いのは良いのですが、コーナーワークで大事な前後の「しなり」感は少なかったことを思い出します。
終始、フロントの立ちの強さをやはり感じる。けっこーな斜度の下りコーナーで。
も少し、フロントがより早くストロークしても良いのでは、とFのプリロードを0.5mm戻してみて。
(右6.5mm、左5.5mmとなった)

よし、これでFが更に弱くなって、RがFよりまた強くなった。

そして、も一つ感じた交差点でのリアのグリップの希薄感。
進入速度はそりゃ一般道の十字路右折、たかが知れています。
サーキットでのFブレーキ握ってリアが浮き気味になる・・・なんてシチュエーションには程遠い。
そんなどエラい荷重移動なんか、可愛いウサギで乙女な小市民のボクが出来るわけがない(←ヘンな形容詞が付いてますよ
となれば、フロントの仕事っぷりに対して、リアの仕事っぷりが負けている。
タイヤを路面に押し付ける作用が不足している=初期荷重、すなわちプリロードが足りないと結論付けてみますよ。
なんてトコに至って、愛機に跨り前後サスの動き出しを再チェック。
いつもはFブレーキ握ってのシートに座っての荷重掛けての動き出しを探るのですが、
これを握らず、ハンドルにより前荷重掛けるかたちで動き出しを探ってみます。
(ただ座っただけだと確実にリアのほうがよく動くから)

するとリアのほうが動き出しが早い。
なのでプリロードをせっせと掛けてみます。
そしてフロントの入りがかなり良くなった、すなわちリアより早く動き出すトコまで探って、戻してみて。
そしてフロント・リアとも揃うトコはココってトコまで。
定規当てたら20mm。ん?トミンのときとおんなじですがなorz(このエントリー書くのに過去記事ひっくり返して気付いた
定規ぢゃダメだ。これからはピッチで測ろう。老眼にはキツいけど。

前後揺すればストロークはします。これでトミンに臨めるかしらどうかしら。
ハイスピードでバンクしながらのブレーキングにも、
低速コーナーでのタイヤのエッジぐりぐりこすりつけながらの曲がりにも、
応えてくれるアシになっていたらいいなぁ。

ちょっとどんな様子か確認したくてうずうずなんだけど、
明日乗るとしたら朝早くしか時間が無いのよね。

ちなみに、ボクのゴールデンウィークがゴールデンウィークでなくなる可能性が出てきました。むむむ。
もし、それが確定したら連絡しますね<まーさん
(とココで言ってみる)

f0079865_19461698.jpg
おっと画像をアップし忘れた。そしてデカいw

【2015.04.26追記】
本日は午前中は10時くらいから正午までお留守番、
そして午後からは元上司の誘いで酒蔵開きなイベントに行くので(お金がないのに)、
あまり時間が取れない中、ちょっとだけ愛機を走らせますよ。
ええ、今年のボクの漢字は「効率」だから。

加えて、今日のおらが町は統一地方選挙の後半戦。それもちゃんと投票しに行きますよ。
(基本ノンポリですけど)

ええ、今年のボクのもう一つの漢字は「真摯」だから。

なので取れる時間は1時間くらい。ドコ走ろうか。
で本日のテーマは前後サスの低速コーナーでの「しなり」感。それを最初に評価したのはトミンの行き帰り。
ぢゃ、そこって走ってみることに(トミンまでは行かず、ぷちワインディングのエリアの終点まで

投票行って町内抜けてのそのエリアですので、フツーの下道の評価も出来ますよ。
ケツへの突き上げが間違いなく増えました。プリロード掛けたからね。
ペースをやや上げてのストレートでの路面の追従はしっかり有ります。動いている。
そしてうろくねエリア。フラット感は消えず、コーナーにも素直に入れる。
巡航高く、コーナーリングスピードを余り落とさず。そんなアプローチ。

でも。ちょっとまだ弱アンダーかなというのは終始。ま、これはボクのウデがアンダーなんだよ。うん。

もちろんハードブレーキングなんてシチュエーションは一切有りませんでしたので、
Fサスの沈みっぷりは車検から上がって以来のレベルを保持。フルボトムの挙動はトミンまで分からないかも。

ただ、前に進むための動きの上での効率ってのを考えると余計なサスストロークの動きも、
タイムロスにつながる要因では有りますね。

Fフォークのダンピングが今までヌケてて、ムダな動きしていたことが、
2年ぶりの交換で本来の状態に戻ったことの効果が今の前足の強さを私に感じさせてくれて、
感じたとおりの効果を生んでロスしていたタイムが戻るなら、
ちょっと気持ちが上がってくるなぁ(笑

フラットに走って高い巡航速度を維持して曲がっていけるなら、
より高いコーナーリングスピードを手に入れられるけど、
二次旋回を生めないほど動かないアシになってる可能性のほうが大きいのが
ボクのいつものならい(苦笑
これ以上はトミンで詰めることにするよ。

行き帰りのレベルではタイヤのグリップ感もコーナーワークの動きも良い感じ。
ツーリングでのコーナーリングレベルなら楽しい。

トミンこどもの日は絶対参加して、

・タイヤ圧
・前後プリロード

をもう一回詰めるぞ。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2015-04-25 19:32 | サクラエスアールエックス | Comments(8)

ダンピングをいぢってみる。

愛機の車検が上がってきました。
なので、本日はお天気も良いので、リアのダンピングをいぢってみます。

まずは現状の値を確認すると、

伸び:最強から16戻し
圧:最強から12戻し

リセッティングする場合、最強にしてからやりなさいとマニュアルに書いてあるので、
ソコは愚直に守りますよ。
最強ってどんなんだっけと伸び・圧とも最強にセットしてシートにまたがります。
動きがめっちゃシブいです。うん、ダンピングが効いてる。

と言うことはオーリンズのマニュアルの日本語の記述ではダンピングを上げるには時計回り、下げるには反時計回りと書いていますが、正にそのとおり。
て何で、そんなこと書いたかと言うと、
図のほうは前回の記事で書いたとおり「時計回りに-、反時計回りに+」となっているから。
まぎらわしいです。トラップですw

で戻して一気に最弱にリセットして走りながらセッティングを決めよう・・・とはせずに、
まずはシートに跨っての感触でいいところを探ることにしました。
最弱のままだとケツをぶわんぶわんさせながら走るのは火を見るよりも明らかだしw
そう、まるで伊勢うどんのようにふにゃふにゃ(←食ってから言え

ダンピングとはストローク速度の調整です。
で、シート跨ってだと、それを何で判断するかと言えば、荷重を掛けてのコシで分かるなと。
コシがあるかないか。みたいな。(やっぱりうどんですか
リアのダンピングを最強にするとリアにがつんとしたコシがある。や、草加せんべいみたいにハード。ぜんぜん動かないの(苦笑
そしてリアのダンピングを最弱にすると確かにフロントのほうがそのコシに分がある。

と。
そう言えば義兄のトコから愛機に乗っての帰路は、終始、前足の「立ち」が強い感じ。所謂、足がアンダーって感じ。
や。ボクのウデもアンダーだけど(←定型句ですなぁ
とまれ、リアがついてこない感じが終始。
これってフォークオイルがフレッシュになったためなんだよね。
2年交換しないとこんなにダンピングが抜けるんだね。
なので、やっぱり前後の足並みそろえるために、リアのダンピングをいぢろうとココロに決めたわけで。

で探った結果、自分の感触で判断したトコが、

伸び:最強から25戻し
圧:最強から15戻し

ておやおや、以前より弱ダンピングな設定に。なんだかな。
でも以前よりもシブい動きになった希ガス。それもなんだかな。
人の感触とは分からないものですなぁ。
でも、これでまずどうかと試走してみます。
(その前にコンビニでトミンこどもの日走行会の申込み書をFaxしたけれど。ちゃんと受信確認の電話もしたぜ。
「エキスパートクラスですよね」って聞かれたので「勉強させていただきます(きっぱり」と答えておいた)

SDIM7496
セッティングをのんびりしようと思ったふるさと農道は麓の公園で「さくらまつり」とかやっていて大渋滞だった。

八郷側もクルマ多し。なのでココでセッティングはムリと愛宕山までの農道へ。や。↑で帰宅の途に就いちゃったけど。
ココまでの動きはいいようです。曲がるさいフロントに対してリアがしっかり付いてくる。
帰宅してチェックしたFフォークのストロークもフォークオイル交換前より沈んでいない。明らかに効いてる。
前後ともしゃきっと感。リアは以前より抜いてるのに、ね(苦笑
割と決まった感じがしたので今日はおしまい(はやっ
Fブレーキのタッチもフルードが漏れてた頃のぐにゃぐにゃ感は影を潜め(あたりまえ
よりコーナーの奥に入っていける感はアリ。
これなら、前回のトミンよりはイケるんちゃうかなぁ。
乗り手の体力と柔軟性とウェートがいい方向に向かえば(ソコが問題

それよりも何よりもこの時期、ボクの船外活動は2時間が限界。
それ以上、外にいると暴走してサードインパクトが(ry

よし。どうせトミンでいぢることになるんだ。
タイムに繋がるためのセッティングの煮詰めは5/5にやろう。そうしよう。
そうそう。低速ABSも消えたよ。義兄さん、何かしてくれたのかなぁ?
これも併せて5/5がチト楽しみになってきましたよ。

MotoGPの一戦目はロッシ&YZR-M1が1勝目を上げましたね。
1kmのメインストレート、そのエンドの最高速はドゥカティが350km/hを叩きだすのに対して、ヤマハは320km/hくらい。
30km/hの速度差がカルく有る。
それをインフィールドで詰めて、コントロールラインを先に駆け上がる。いいなぁ。

翻って、トミン。
また梨本圭氏がコースレコードを更新したとか。25"12。最高速は131.3km/hとか。
ということは、
MotoGPで30km/hの速度差でバトルになるなら100km/hストレートエンドで出て、コーナーワークがオニのように速くなれば、
SRXでもSSといい勝負が出来るんですかね?

・・・て実速80km/h超の現状ではミリですなぁ。もっともっとアベレージを上げねば。

SDIM7524
今週も何とか桜が残っていたようだ。
サクラ色のキレイなバイクと今年最後の桜のユメのコラボ
(安いユメのコラボだな)

そう言えば、今週はアメリカズGP。
去年はHONDAにけちょんけちょんにされていた気がしましたが、今年のヤマハはポールポジションのマルケスと同一秒内に2台とも入っています。
(ボクはヤマハのサイトで確認しました。て、それより今年のドゥカティが速いんですけど。)

これってライダーの技量も上がってるのかも知れないけど、それよりも機材側の能力の向上がモノ言ってるんじゃないかなと思ってます。
何かロデオするようにRC213Vを操るマルケスと、よりクールにラインをなぞっていく二台のヤマハの挙動は好対照ですよね。
でもトップクラスのライダーたちはマルケスと同様に、平気で肘擦ってコーナーを抜けていく。
何だか、それは人vs電子デバイスの制御の勝負な感じがします。
(や、ロッシもロレンソもとてーもハイレベルな乗り手で有ることはボクが言うまでもないのですが)

こんな展開になってくると顔がプレデターつーか甲殻類面になっちゃった、
ネモケンさんが絶賛していたYZF-R1Mに乗ってみたいなという気がしますよ。
人生半世紀もオーバーしちゃって、体力レベルも落ちちゃったおっさんはもう、
イマドキの電子デバイス制御てんこもりの恩恵に授かるのも却って良いのかもって。
キカイの力を借りてメット擦りするってのも乙な人生かなぁと。

・・・て、これも先立つものが必要か(苦笑

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2015-04-12 18:02 | サクラエスアールエックス | Comments(4)

ブレンボのシール交換をする。

昨日は午前中、何か野暮用があって、リードタイムを失った感が有って、見送り。風も強かったし。
本日、朝から作業に着手。ええ、キャリパーピストンのシール交換です。
時折、ちょっとだけ小雨がぱらつく、吸湿性の高いフルード交換を伴うメンテにはトテーモグッド・コンディションなのに(苦笑

私の愛機、ぴんくぺけぺけ号に付いてるブレンボは、4ポット(34mm&30mm)のキャスティングキャリパー。
なので取り寄せるシールは34mmと30mmの各々2組が必要。

で、Web!keで取り寄せます。コスパが良いと評判のホンダ純正シールキットを、ね。

[34mm]
06431-MAK-003 ¥810 × 2 = ¥1,620

[30mm]
06452-MAK-003 ¥766 × 2 = ¥1,532

各々、ピストンシール、スクレーパーリング(ダストシールですな)とシール用グリス(加湿剤とか)が付いてます。
そしてムダなボリューム感の説明書が幅を利かせています(苦笑

早速、以下の手順で作業を実施。

①マスタを大気開放、ブリーダボルト緩めて、キャリパーからフルードを抜く。
②まずはピストン付けたまま、キャリパーを水洗い。
③キャリパーを自然乾燥。
④ピストンを外す
⑤フルードを完全に抜く+キャリパーをウェスで再びお掃除
⑥スクレーパーリング→ピストンシールの順に極細のマイナスドライバでキャリパーの溝を、傷付けないように剥がす
 (爪楊枝でやったらピストンシールを剥がすさい、楊枝が折れてその破片がポット内に落ちやがる)
⑦ピストンシール→スクレーパーリングの順にシール用グリスを塗布した上で各ポットに装着
⑧ピストンを各ポットに装着
⑨キャリパーを車体に装着
⑩マスタにフルード入れてブレーキのエア抜き工程を実施

前回のトミンから放置してましたが、完全にマスタからフルードが抜けてたよ。やれやれ。
でも、それ以外は自分が想定していた難易度よりはハードル低かったかな。
(とか言いつつ、作業写真なんか悠長に撮ってる余裕は全然なし)

そんな中で今回のポイントは、

・キャリパー割らなくてもシール交換は出来る。(ボディのシールなんか交換するサイフの余裕はないっ
・シールの向きって有るらしいけど(台形に見立てると上底を内側、下底を外側)、どっちが上底でどっちが下底かよくわからないよ。
 見た感じで決めたけど。
・アレジオン(のジェネリック)を朝飲んでデイタイムに臨んだ。意外と有効。これでボクもデイウォーカーに(ブレイドかよ
 でも前日もそうしたが、クスリが切れるとヤツらへのカラダの中の盾が失われるらしく、
 不用心に剥き出しだった目が夜、ヤられた。
 なので、今日は船外活動後は目の洗浄も心掛けたよ。この季節恐るべし。

・ブレーキのエア抜きは、

 マスターのタンクの蓋を開ける。
 以下、①から⑤を気泡が消えるまで繰り返す。

 ①ブレーキレバーを握り込む。
 ②キャリパーのブリーザバルブを緩める。
 ③ホースに流れるフルードの中の気泡の有無を確認。
 ④キャリパーのブリーザバルブを締める。
 ⑤ブレーキレバーを放す。

 ①から⑤の間、タンクの中のフルードが抜け切らないよう、
 フルードを適宜注ぎ足す。

 を愚直に守って。守るとブレーキのタッチもすぐに戻りますなぁ。当たり前だけど。
 あ、パッドの向きはトテーモ気を付けたよ。しゃらんらはもう勘弁ですし(苦笑

とりあえずブレーキ握っての感触はちゃんと効く。
走ってないから低速ABSは分かりません。押し引きするくらいでは全然、無問題なのですが。10km/h以上で動かしてみないと。
それに前回のトミンでは、しばらく走行してだんだん顕在化したし。

それよりもフルード漏れがこのシール交換で完治するはずですが、
何せ私なので心許ない(苦笑
シール代も一回の交換で3,000円超ですから、そうそうしたくはないのよね。
2時間くらい経過したくらいでは漏れてないのを確認したけど。

トミンにはまだ行けませんので(少ない「気」を溜めているようだ
来週は愛宕山のショートなワインディングでも走ってみましょうか。

・倒し込んでからのブレーキング
・突っ込み、そのまま。スピードがイチバン落ちるトコでシフトダウン

をおっそい速度で練習しておこう。せめてトミンの予行練習に。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2015-03-15 17:30 | サクラエスアールエックス | Comments(3)

タイヤがおニューになりました。

タイヤがやっと逝きました。
なので今回は前後ともに交換。タイヤはもちα13。
(2/22追記:オドは35,086km。Rで今回は5,700km走ってるよ。Fはもっと持ったってことだね)

f0079865_21503735.jpg
タイヤがうんこになったカコイイオレのバイク。

タイヤ交換前にも一度、前後サスをいぢろうかと、F側を1mm戻してみて。
そして、いつも跨って確認している場所より、よりフラットなトコに置いて前後の動き出しを確認。
ん?前後の動きがより揃った感じが・・・って前々回、前回とおんなじこと言ってて大丈夫かオレ?
とにかく、コレでまずいってみようと義兄のトコまでぷちワインディングなコースを走ってみて。
そんな中、速度がノせられるコーナーでリアがしなる感じを一度だけ。
平野部だとフツーの道でタイヤをぐりぐりしながら曲がれるコーナーってほとんど無いんだねと今更、思った。

f0079865_21505333.jpg
タイヤがうんこぢゃなくなったカコイイオレのバイク(いちいち書かんでヨロシ

で交換後におんなじ場所に停めて、ジオメトリを比較しようかと画像並べた。
・・・下の画像が水平が出ていないんで分からないよorz

新品になったんでハイトが上がったろうと思いましたが、それほどケツが上がった感じはないので、
来週のトミンはコレで行ってみます。

・・・て義兄のトコから自宅までの帰路でブレーキをカルく当てるとくんくんレバーが戻って来るのですが何か?
エンジン掛けずに緩い下り坂下りながらFブレーキ当てるとスゴく良く分かる。
スピード出してのちゃんとブレーキでは↑は出ません。
これ、ジャダーだよね。コレの原因はローターの歪みなのかしらどうかしら?

明日、雨降る前にローターにマジック書いて緩い下り坂下りながらFブレーキ当てて、
ローターが歪んでるかどうか確認してみますわ。むむむ。

2/22追記:
ローターにマジック塗って、緩い下り坂を下ってFブレーキ当ててみた。くんくんと戻りなし。ABS消失。
ということはフルードでもローターに付いていたか。
給料入ったらシールとキャリパーピストンプライヤーを買ってキャリパーをメンテしよう。そうしよう。


[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2015-02-21 23:29 | サクラエスアールエックス | Comments(2)

Windy dayな初ツーリング。

先週、今年初めて愛機を走らせて、なかなかの好感触を得ました。
なので、もうちょっと長い距離を走らせて、ホントにいいのか確かめたくて今週はうずうず(苦笑
ちょっとした良い方向の変化にもっと素敵なものが訪れる期待に胸躍るとは、まぁ、何て自分は現金な性格かと思いますが、
仕様がないですね。最早、半世紀オーバーエイジ。これは補正しようがありません(苦笑

昨日は雨、今日は強風と決して良いツーリング日和とは言えませんが、
↑上述の理由でモチベーションは上がっていたのでカミさんが風邪でダウンしているというのに、いそいそと出走の準備をして。
や。許可は貰ったから(言い訳ですか

SDIM7146
物産センター山桜。ココも今年初。
はためいている、のぼりが風の強さを物語り。
にしても水平が出てねーな(苦笑

今年は愛機を走らせての評価軸を昨年より増やしたいなと思います。
だからトミンだけでなく、一般道も昨年よりは走ろうかなと。で、本日はビーフライン経由R118で遊森歩まで。
グリーンラインやらパノラマラインをキャンセルしたのは前日の雨を鑑みて。
わざわざ愛機を汚すことはないよねってのと、気温はそんなに低くなくても、真冬になるとわがエリアも県北となると路面が凍結やら積雪やらちょっとハードな状況になりますので、本日は避けることに。
なのでうろくね成分がかなり減る行程に。
それでも北山公園、ビーフライン(R118まで)は往路も復路も走りましたが。

SDIM7151
十二所神社に初詣。大子にもご縁を感じるようになってきました。

往路は北山公園エリアもビーフラインも終始、様子見なペース。
この気温なら凍結は無いと分かっていても、ここ数年は月イチすら一般道は走らない状況が続いていましたから、そんな自分の記憶を過信せず、「ありのまま」(レリゴーですか)の状況をまずみようかと。
あちこち日蔭は濡れていましたが、結局、凍っちゃいませんでしたけれど。

R118はまま交通の流れを遵守して。うーん、コンプライアンスw
(信号待ちではすり抜けて、いっちゃん前に出るけどね)
ゆるり走っていたらZmkⅡな方が私と前のクルマに入って来ます。ちょっとだけ一緒に走ってましたが、途中からちゃっちゃっとオーバーテイクされていきます。
そんな離れていく背中見ても、ゆるり走る自分にオトナになったのか、それとも衰えたのかとちょっと思ったり。
この後、また追い付いちゃったけれど。
で出した結論は、追う値打ちが無いって思ったからじゃないの?って言うミもフタもない結論に(苦笑

そんなゆるりとしたペースの往路でも、タイヤが路面を掴む力と、やはり路面からの突き上げ感がちょっと増したことは分かります。
やはり以前よりはプリロードが掛かったアシなのだと。

遊森歩へ行くならR118なら袋田の滝方面ですが、もう太陽暦な正月は終わっちゃったけれど初ツーリングだし、
ここ数年は初詣するようになった大子の十二所神社に愛機の舳を向けて。ひなびた感じがとても好きだし。
↑の画像の場所に愛機を停めようとしていたらJCな集団が通り過ぎて、ちょっと甘酸っぱいものを感じたけれど(苦笑

ちなみに十二所神社。
かのWikipediaによれば十二様と称する土着の山の神を祀ったものと、熊野神社の系列のものとがあるとかで
たぶんにこの大子の十二所神社は祭神を「天神七代・地神五代」としてますから、熊野神社の系列だったが明治時代での神仏分離でそうなったとすれば、
熊野神社の系列な模様。
私としては蝦夷に近い、このエリア。十二様を祀ってくれると日本の中のエキゾチックな文化めいたものを感じて、ぐっと気持ちが盛り上がるのですが(←お前、ヘンだぞ

にしても寒い。気温は低くないけれど吹き付ける風が体感温度を下げてくれるのでトイレ休憩の間隔が圧縮されますよ。
遊森歩まで持たないかもと道の駅だいごに駆け込んで。
そう言えば、ココも私の北茨城オフの休憩ポイントでございました。本日はココにバイクな方は一台もおらず。

SDIM7153
遊森歩から。雲の湧き方に風の強さを感じられ。

13時過ぎに遊森歩に到着。さすがにこの時期はオーナーのバイクも駐車してなかったよ。
写真を撮っていたら、オーナーが出てこられて「明けましておめでとうございます」と声を掛けていただいて。
頭の中で松の内も過ぎちゃったから明けましてもおかしいからどうしたものかなんて考えが走るものだから、
頭下げるだけで終わりにしたのは如何なものかと思ったり。
そんな余計なこと考えずに素直に「明けましておめでとうございます」って言えばいいのに。
そして店の中に入って、オーナーのお姉さんにも「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」と声を掛けていただいて。
頭の中で松の内も過ぎちゃったから明けましてもおかしいからどうしたものかなんて考えが走るものだから、
頭下げるだけで終わりにしたのは如何なものかと思ったり。
そんな余計なこと考えずに素直に「明けましておめでとうございます」って言えばいいのに。
そしてオーダーしたコーヒーを運んで来たオーナーの娘さんにも「明けましておめでとうございます」とちいさく声を掛けていただいて。
頭の中で松の内も過ぎちゃったから明けましてもおかしいからどうしたものかなんて考えが走るものだから、
頭下げるだけで終わりにしたのは如何なものかと思ったり。
そんな余計なこと考えずに素直に「明けましておめでとうございます」って言えばいいのに。
(↑てリフレインですか。3回繰り返しですか)

店の中は薪ストーブの炎で暖かい。流れるジャズも心地よい。
で見回すと違和感を覚え。テーブルと椅子が増えたような。
オーナーに聞いてみますと四人掛けのテーブルを止めて、二人掛けのテーブルに変えたとのこと。
一人で来るお客さんが四人掛けのテーブルに座るとお店が混み始めると所在無げになるのが申し訳なくてとか。
それだけココを訪れるお客さんが増えたのかなと思ったり。ココを訪れるようになって5年経ったんだねとも思ったり。

足をいじった話からオーナーと足回り談義をして。
HBのフォークまわり、ステムまわり、リアサスをリフレッシュして見違えるように走りが変わったと嬉々とされているご様子を見て、
私も何故かシアワセな気持ちになって。
そう、ボクも今日は久しぶりにいじった足回りが好感触で嬉々としていたから(苦笑

お店に入ったとき入れ替わりになったお客さんを除けば、私がいる間は貸し切り状態。
聞けば、今年に入ってバイクのお客は私が5台めとか。
多いのか少ないのか、元気なのか物好きなのか。や、良いほうに考えましょう(苦笑)

復路も同じルート。路面状況が分かっているからちょいとペースアップ。
確かに袋田の滝までの下りとか、R118のちょっとしたスピードの乗るワインディングとか気持ちよく抜けられる。アシが速い。
でももっとスピードが乗せられる筈のビーフラインではやや躊躇してしまいます。
だって、Fブレーキのタッチが甘いから。
原因は分かってるの。
キャリパーのピストンシールがヘタってきてフルードの漏れが目立ってきてます。恐らくエアーも噛みやすくなってるかと。
ちゃんと制動はしますが、始終、タッチがかちりとしないので安心感が得られず。
でも純正のキャリパーよりは間違いなくストッピングパワーは有るかとは思いますが。
早くシールとピストンプライヤーとフルードを調達しないと。

そして本日の低速コーナーの評価ポイントはココだねと、北山公園ワインディングに飛び込んで。
でも下りで流すペースで走ると狙ったラインが狙えない。
もっとスピードを乗せて走れるトコではあれだけ確度の高いラインのトレースが出来るのに。
つまりはこの速度域ではサスがよく動かず、十分な旋回姿勢が取れていないんだなと結論付けます。
もっとスピードを上げて抜けていくか、それとも、もっとサスを動かすセッティングを施すか。どっちにしようか。

そんなこと思いつつ、あと数kmで自宅というR355のバイパスの信号待ちで付いてる足側から強風喰らって、思わずコケそうになって。
立て直すのにヘンな力入ってアクセルを全開しちゃったよ。ニュートラルに入れてたから盛大なレーシングになっただけで済んだけど。
昨年の反省とか今年の抱負とか特に年末年始に書かなかったけれど、
一個だけ今年の抱負と言いますか、今年の目標を書くとすれば、

今年から絶対コケない( ̄^ ̄)あ。オンロード限定ね。しばらくオフ車なんて乗らないけど。あはは。

や。バイクでは絶対死なないと誓ったつもりでありますが、
そう言うのであれば、その前提としてコケるのもダメだよなと思った次第。
たとえクローズドでも。

さ、月末までに足決めようっと。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2015-01-17 23:03 | サクラエスアールエックス | Comments(2)

バイク初め2015。

自分のバイクを愛機と記していますが、これ、英語表記だとどんなふうになるんですかね。
間違っても「Love Machine」では無いなとは思いますが(笑
きっと充てるコトバは人それぞれに違うとは思いますが、私の場合、「My Sweet heart」がイチバンしっくりしてしまう気がします。
性別を越えてのとても大事なもの。そんな存在。

な割には面倒見てないけど(苦笑
そしてキカイってコトバが入らないってのは、
お前、どんだけ乙女なんだって言われそうだけど(苦笑

とか言いつつ、所詮は機械。
25年もの時を経ての老境に入った、いつ命絶えてもおかしくないこのバイクの後継機選びだと、
「終のバイク」だ、「使い倒すバイク」だと書いたりしてるわけですが、
恐らく、次にどんな(自分のおサイフで買えるだろう、)バイクに乗っても、
それよりも新しい、もっと良いバイクが売りに出される度に、
そのとき自分が乗っているバイクは色褪せてしまうのかなぁとも思います。
こんなとき、個性的な絶版車ってのはその「唯一無二」感があって良いのかもね。

まぁ生かそうと思えばいくらでもキカイは生かせられるモノというのは分かってはいるのですが、
ずっとそんな付き合いをするほどにオレは「YAMAHA SRX」てバイクが大好きなのかって言うと、
その自信も無いかもねぇって思う、今日この頃です。
私の判断の範疇でのいいバイクって言うのなら世の中にうじゃうじゃもっといいバイクは有るんじゃないかと。
かと言って、もちろん好きでこのビッグシングルロードスポーツというユニークなバイクに乗っているというのも事実なのですが。
何が言いたいんですかねw

閑話休題。
にしても寒いっすねぇ。
前後のプリロードを3mm締め込んでみました。

前回の記事の画像をまま使いますが(苦笑)、
f0079865_16275402.jpg
重心を書き加えてみた。(実際の重心がドコか知りません
てかSRXの前後輪の重量配分が50:50てホントかねぇ?

ビッグシングルエンジンをロードスポーツなフレームに搭載した、SRX。
他のショートストロークなシングルエンジン搭載車やマルチシリンダーなバイクよりは高重心であることはダレも否定しないかと思います。
なので実際の重心はドコか分からないけど、高めに有ると想定して書いたのが↑↓の黄色い点。

f0079865_16285091.jpg
黄:本来のロール軸
赤:フロントの車高を上げたイメージ。
:フロントの車高を下げたイメージ。

センタロールにこの重心が近付くほどその機体の運動性は向上するとか。
と言いますか、ロール軸引いて思うのは、フロント周りの車高の上げ下げがロールセンターの角度を決める大きな要素になるんですなぁ。

で、今回、F、Rともプリロードを3mm締め込んでみました。
以下は自分の理解のために書いておきますが、

まずはフロント。
バネってのは掛かる荷重で縮んだ場合、それ以上の荷重が掛からない限りは縮まない。
なので3mm締め込むということは3mm、ボトムケースを押すということ。
ボトムケースの先はタイヤを接して厳然と地球が立ち塞がりますから、掛かる力の反作用としてインナーチューブを3mm押し上げると。
お次はリア。
リアサスのプリロードを掛けるというジオメトリ的には、締め込むことでバネ長が縮み、それによってフレームに対してスイングアームが立っていくということ。
立っていくということは地面に対してフレームが持ち上げられていくということなので、結果、車高が上がる。
もちろん、フロント、リアともサスペンションは角度を付けて取り付けられていますから+3mm締め込んだからって+3mm車高が上がるわけではない。

ココでロール軸のお話に戻ってロール軸だけを見てますと、フロントの車高を上げるだけでロール方向の運動性向上が図れるとしたいけれど、
キャスター角も寝てしまうのでトレール長も増えてしまう(=直進安定性が向上する)ので、このままでは曲がりにくい車体になる。
ので、トレールの増大は防ぎましょうとリアの車高を上げると。

前記事でFフォークを突き下げたいと書きましたが折角のノーマルセッティングですし、
リアサスは車高調をいじらずにプリロードを掛けるつもりでしたし、
Fのプリも後6mmは締め込む余地があったので今回はお手軽に前後3mm掛けてみて。
リア3mmと書きましたが乗車してフロントの動き出しとシンクロするところを探っていたら、ちょうど3mmだったという。

これにクラッチワイヤーの給脂(序でにレバーの曲がりを少し直した。スチールパイプと太腿が治具という)をして、昨日は終了。
本日、キャブのJNを片方だけ上からクリップ4段に下げて。
青空ガレージなんで寒いし、風強いし、他に野暮用も有るからなかなか進みませんがな。時刻は13時に。
タイヤの空気圧もF2.0kpa、R2.15kpaと私的にはツーリングな高めの空気圧にしたけれど、今日はまとまった距離走る気がしなくなりました。
結局、ガス入れて、それでも多少うろくねしたところを走って帰るかと。

SDIM7145
2015年の走り初めは25kmでした。

前後、締め込んでの乗車時の印象は「確かに動かなくなった」。
間違いなく、荷重を前後掛けても以前より強い力を掛けないと動き出さない。
プラス足先のつんつん感が間違いなく増大した(足、みぢかいんだね
で走り出すとどうかと言うと、あら楽しい(笑
一般道のコーナーならバンキングもすっと寝る。まっすぐも安定していてペースが上げられる。安心感がある。
下りコーナーに飛び込むのも車体姿勢がよりフラットになったためか、こりゃまた安心感。
路面の突き上げも前より激しくなった感じは無い。却ってムダな動きがなくなって荷重に対して以前より適切にストロークしてる感じさえ。
ツーリングならこの足回りだなと思うくらい。何かね、ダルさがなくなったの。

JNも濃くしての不具合は無し。
上りこう配の付くストレートで4速全開でメーター読み120km/hに飛び込むのを確認したし(まだノビる余地あり。なので5速に入れていたと勘違いしていた)、
立ち上がりのアクセルのツキも良くなったようです。
クラッチも給脂前よりは確実に滑らかに動くし。

今回はイヂったところが良い感じにはまった感じが。
やぁ、長い付き合いな筈なのにまだ足回りいじって新鮮さを感じるとは、
どれだけライダーとして物を知らないのかしら。どうかしら。

さて、トミンでこのセッティングが通用するかどうか(苦笑
来週はもうちょい距離伸ばしてセッティングを確認してみたいかなと。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2015-01-12 18:53 | サクラエスアールエックス | Comments(12)

栃木の細道。

けっきょく、たれもてぇあげてくれるしといなかたあるよ。
ぼくってにんきものあるね。
(↑なんで片言?おまいはベンジーゼンジー北京か)

てことで、明日の福島man3に行けない腹いせに、一人で栃木路を走りに行きましたよ。
(でも楽しかったんだからねっ←負け惜しみ?)


続きはこちら。
[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2014-10-26 01:47 | サクラエスアールエックス | Comments(12)

ツーリング日和はメンテ日和。

今週末は土日とも良い天気でしたね。

昨日は家人が前から見たいと言っていた「ABOUT TIME」を観に行った。
ネタバレになるので内容は言わないけれど、可愛い映画だった。
映画は家人のおごりなので昼ごはんは私がおごることになったけれど、映画を見たショッピングモールでは食べれるものがイマイチ。やっぱりショッピングモールなんだけど、その割には美味しいと家人から聞いてた、天ぷら屋が入ってるショッピングモールに移動。
リーズナブル&美味しい。お勘定のさい、「ご馳走様」と口にして。
良い休日だった。でもボリューミーな食事をしたので体重が気になる。
それならばと撮りたいと思った夜景を撮りにカメラ散策へ。

SDIM6306
撮りたいポイントは3か所。でも2か所は土曜日はお休み。むむむ。
最後の一か所がココ。
もっと光を。セルフにしてもEV値が足りなくてISOを200に上げた。

SDIM6308
闇は何気ない光さえも惹き立てる。

SDIM6312
おらが町でも中心ならば光に満ちている。なのでISO100に上げてみた。
看板建築で有名な店の一つ。夜になるとまた別な風情が有るんだなと。
コレは収穫。


SDIM6328
闇も良い。見慣れた景色が違う味を持つ。今回はタコさんなミニ三脚でがんばったけれど、
やはり、ちゃんとした三脚が物を言う。
次回はミニ三脚じゃない三脚を持ち出すことにしよう。

5km歩くも体重は52.8kgと前日より+100g。食事量が多かったからコレくらいで済んで良かったかも。

で本日。今日も好天気。ツーリングには絶好なお天気。
ということであれば青空ガレージなボクにとってはメンテ日和。

・キャブのPSを1/4戻す。
・アクセルワイヤーの弛みを調整する
・パワーフィルターの洗浄をする
・Fキャリパーピストンのもみ洗いをする
・エンジンOILを交換する
・チェーン洗浄&チェーンOILを給脂する

を行って。
ホントはFブレーキのエアー抜きもしようと思ったけれど、↑をしてたら時間切れ。
フルードも大分少なくなってたから、フルードが少なくて前回のトミンはペーパーロックしそうになったと思うことにした。
それよりも何よりも抜いたオイルが500mlしか無かったことに驚愕して。

・・・やべぇ。エンジン壊すトコだったよorz

それにしても無くなり過ぎ。前回のオイル交換で大量にこぼしたりしましたけれど(ときわすれの前にやった)、
それでも失ったのは500mlは行かなかったはづ。
以前からエンジンオイルの残量が減っているのは認識してましたが、今回のはカナーリ異常値。私の閾値を遥かに越えていて。
この異常な消費はオイル上がり、またはオイル下がりをすぐに連想するも、
アイドリングでは白煙吐かないし(オイル下がりではない)、トミンであれだけブン回して煙出てるよって指摘はいただいた試しが無いので(オイル上がりではない)、そうではない模様。
ということはドレンから抜けているということになるけれど、
駐車していて愛機の下にオイル溜まりが出来ているってことも見受けられないんですよねぇ。
ということはやはりオイル上がりが起きてるんだろうなぁ。

メンテメニューを完了しての最後にバッテリーを載せてエンジンを始動させてみた。
あっさり始動して、エンジンオイル交換直後のカドが取れたいつもの振動を感じつつ暖気して。無問題。
良かった。
「愛機の魂」なんてかっちょええこと言って、オイル交換のローテーションの悪さでエンジンを焼付かせてたら、
お天道様に顔向け出来ない。
本当に良かった。
(潤滑方式がドライサンプってことも良かったのかしらどうかしら?)

そう言えば、ここのところおさまっていたFブレーキのフルード漏れがまた再発していた。
前回のトミンでけっこう私としてはハードなブレーキングをしていたみたい。
ツインテールのグラスウール修理より、Fブレーキのシール交換が先か?
でも、本日のブレーキのエア抜きさえフルードのストックがなくなること危惧して躊躇して止めたんだものね。
何から手を付けよう?

そんなこんなで本日はメンテをしてましたけれど、前日の体重増の対策も抜かりなく。
休日中は1000kcal消費しようと前回宣言しましたが、↑のカメラ散策で57.5kcal×5で287kcalに加えて、
前に進まないチャリで1,100kcalを消費。
土曜日こそ、62.8kgと前日より+100gも本日は62.4kgと昨日の-400g。
11/22には60kgジャストになれるかしらどうかしら。

今日は箱根man3でした。来週10/26は今年2回目の福島man3です。
ボクは今日も行けなかったけれど、来週26日も出走出来ません。
なので10/25には栃木エリアを走るつもりです。
栃木県民の森~八方が原エリアを行って帰って、CAMONでランチ食べて、夕方に遊森歩でお茶しばいて帰るみたいな。
ダレかご一緒しませんかね?(←このタイミングで言うのか
や。一人で走ってもいいんだけどさ。
来てくれるんだったら粕尾峠手前のグッドロードもご案内しちゃうぜ。みたいな。

ノーマルマフラーに換装してぺけぺけになった愛機+体重増で動きもニブくなったヌルいボクのペースに付き合ってくれる方、募集します。
栃木路をよろしければ、まったりと走りたく。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2014-10-19 21:39 | サクラエスアールエックス | Comments(14)

台風一過のずる休み。

最強クラスとか瞬間風速50mとか四国やら和歌山やら愛知県の映像とか昨夜見たから、
今日あたり関東はどんなにヒドいかと、
ぢゃあ今日は会社休みだなとお休みさせていただくことに。

ウィークデーのいつもの起床時間5時に起きた頃はまだ雨も風もそれほどでは無かったけれど、
今出て行って電車の中で缶詰はイヤだなぁ、でも行けるなぁ、どうしたものかなぁと。
でもやっぱり通勤困難、帰宅困難にはなりたくないので、↑な判断をして。

・・・行けたなorz

そして夕方になれば我がエリアも風は穏やか。
こりゃ強風で止まることで悪評高い常磐線も止まることはない。

・・・帰れたなorz

はい。ずる休みです。ま、明日から頑張ればいいか。

_SDI6227

天気も悪いし、ずっと自宅におりましたが、
15時過ぎには穏やかに晴れてきたので流石に勿体なくて、

・ASを2回転+1/4戻し→2回転+1/2戻しに
・グリップにグリップボンドを塗布(スロットル側は簡単に抜けなかったので、すげえユルユルしてたクラッチ側だけ)

くらいはして。
キャブいぢったんでちょっと走りたくなったけれど、
平日の夕方にさしかかる時間になっちゃったのでちょっと我慢して。

ノーマルマフラーを装着した愛機をまじまじ見てて思い出しましたけれど、
先週、ツインテールからノーマルマフラーに戻して走ってみて感じたのは、重心が確かに車体中心になったこと。
そして、ケツがカルくなったつーかリアタイヤに今まで掛かっていた荷重がちょっと抜けたような。
加えて、左右のバンキングがツインテールよりやや抵抗があるような。

でも、そう感じるだけで、
車重は増えたけれど、きっと、後ろ寄りかつ左右の重りがなくなって車体下部に移動したのだから、
きっとバンキングの軽快さは今のノーマルマフラー装着のほうが上。と思いたい。

ケツがカルくなったのは納得行くので、
トミンでのホームストレートからのブレーキング時はリアタイヤにケツを載せる勢いでケツを引こう。
その前にストレートはもっとカラダを伏せよう。
正しいフォームが正しい体重移動を生むはずだから。

と。
そう言えば、オレ、ノーマルマフラーでヒザ擦ったことないんだよね。
ちょっと今週のトミン、ハードル上がったかも(苦笑

_SDI6229

夕方、ちょっとだけクルマで出掛けたけれど、今時分の18時台の宵闇はキレイなんだと気付いた。
週末はカメラを持っておらが町の夜景を撮ろう。
おらが町の中の夜の景色を見ながらそう思った。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2014-10-06 22:08 | サクラエスアールエックス | Comments(4)

3年半ぶりの北茨城ハイランドライン。

3連休の終わりに↓な景色を目にしました。

_SDI6163
カエルシンメトリ。でも右がボケてますね。
もっと絞れば良かったんだけど、洗濯モノまでピント合うのはどうかと躊躇した結果。


こんなん見ちゃったし、ちょっとお天気が悪いから、どうかなと思いましたが、
翌日のボクの連休最終日は、


続きはこちら。
[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2014-09-20 22:02 | サクラエスアールエックス | Comments(2)