カテゴリ:サクラエスアールエックス( 70 )

人間ドックの日にアシいぢる。

前回、30"4とノーマルマフラー仕様でのベストタイムを叩き出せたので、
それにすっかり気をよくして、9/10の前に更なるタイムアップをはかろうと企んで、
8/12にコソ練なんてしちゃいました。
Fブレーキのフルードリフレッシュとかチェーン清掃+給脂とかいちおー気合はそれなりに入れていた(-_-;

え?結果ですか?その日のベストは、

30"69だったよorz

・・・落ちちゃったorz
さすがに平日なので前回とは違い出走台数も少なかったのでクラス分けは無かったのですが、
前回、マフラーを接地しすぎたのでプリロードをがしがし掛けて車高を上げて臨んだのがめっさ裏目に出たようです(だってマフラー独楽にはなりたくないもの)。
コーナーが遅い。いろいろ試してうっすら分かってきましたが二次旋回がめっさ遅い。
突っ込みは良いのですがクリッピング過ぎてから息切れする。前行くバイクがするする離れていく。
つーかアクセルを途中で戻したりしてちゃ、完璧に負けっすよ。

・・・何だよ。何だよ、コレ、何なんだよ、父さん、何やってんだよ(←お前のアタマん中はエヴァとJoJoとハガレンしかないのか

プリロードがっつり掛けた恩恵はマフラーががしがし接地するのは減ったことで出てますが、それでも気を抜くとやっぱり接地する。
やはり、正しいフォームでハングオフすることがマフラー接地を防ぐイチバンのメソッドの模様。
プリロードがっつりのメリットとデメリットはデメリットのほうが多い。
とくれば、タイムとコワいの天秤にかけりゃ、そりゃぁ、あたしゃタイムが欲しい。

ならば曲がるスピードを抑制している原因だろう、動かなくしたリアを動くように探ってみます(←要はプリロードを抜いていったと
結果、曲がるのがラクになってきて。
でも、その頃には最近、発生する左股関節痛でコーナーワークがどうにもこうにも。(ベストタイムはいぢる以前で出た
あぁ、マスターEiko。あなたを信じることは罪なのでしょうか。間違いなのでしょうか。それとも木霊でしょうか(←それは蛇足

そう。おかしい。
今回は前回の悪いところ、1コーナーと最終のラインを変えてみた。
1コーナーはもっと奥に、最終はインをコンパクトに回る。それで前回と同様に帝王と左コーナーが回れれば、前回以上のタイムアップが出来るはづ。なのに、出来ない。

・・・何だよ。何だよ、コレ、何なんだよ、父さん、何やってんだy(ヤメレ

帝王と左コーナーは前回のように走れている。少なくともクリッピングまでのアプローチは。
つまり以前より明らかに1コーナーと最終が遅い。
今思うと帝王と左コーナーも立ち上がりに掛けて、ほんの少し前回より遅かったのかも。だってタイムが何より物語っているから。

とにかく今一度、ラインを確認しようと、なるだけいいラインを次回のためになぞっておこうと、最終盤に出走して。
そうしたら、あら不思議、股関節の痛みがそこそこ我慢出来るレベルに。これはよく覚えておこう。
なので。
だんだんがんばるモードになって30"9とかが出始めて、次のラップこそ、本日のベストタイムを刻もうと思ったところでタイムアップ。コソ練崩壊(苦笑

そうそう。温間でF230kpaにしてみました。Fも少し締め上げていたから。ですが切り返しがもっさりしていたので途中で240kpaに。やはり自分的にはこれが好みのよう(Rは温間200kpa)。

4連休最後の日にもう一度、リア周りをいぢってみた。あんまり悔しいから(苦笑
実際、前回に臨む前にリアを締め上げたから、前足もそれに揃えようとプリロードを掛けてみた。
それが裏目に出て、今回、フロントの動きに終始、違和感を感じて。
それはどうしてかとフロント見たら左右の締め込み量が一緒。私の愛機のプリロードキットのカラーは左のカラーを5mm削り込んでいるため(どうしても、そのときそのままでは付けることが出来なかったの)、5mm、右より締め込むようにしていたのに、それがいつの間にか狂っていたと。
なので、それを修正して(緩めたくはなかったので左を5mm締め込んだ)。
そしてコソ練の惨状をもたらしたのは、動かない後ろ足だろうと、だけどリアの車高を落としたくないなと、まずはダンピングをいぢることに。
迷ったときは思いっきり振ってみる。なので伸び・圧ともに最弱から伸び2ノッチ、圧1ノッチに設定してみます。
でシートに手を置いて体重を掛けてみますが全然沈まない。フロントはステアリングに手を添えて荷重掛ければ沈み込むのに。むむむ。
今更ですけどそもそもの前提が誤っているのかと思い至ります。
前後、同じ沈み込みをするようセットしたつもりでしたが、結局、全然出来ていなかったのかも。
手をシートに置いての過重ではまったく動かないのでシートに跨ってカラダ全体で荷重もするもほんの少しストローク。
前後、同じように動く証左としていたFブレーキ掛けてのステアリングとシートに過重掛けての前後が同じように動き出すとしていた動きはフロントの沈み込みだけをそう感じていたのかも。何?この今更感w
とにかく今更だけどやっと分かった。サスの動きを左右する順番って、プリロード>ダンピングってことが。
なのでシート押してストロークするとこまでリアのプリを弱めた。結果、25mmに。近所のうろくねコースを走ってみて素直に曲がるようになった。
でも、急にアクセル開けると車体がほんの少しブルったとこもあったので、ダンピングを伸び2ノッチ、圧1ノッチ+して。
これで今日はいいやと4連休は終わりにして。走ってないけど(苦笑

でも、その夜、ちょっと気になってOHLINSの出荷状態のプリロードを確認して。10mmか。
ここで一思案。
現状、プリロードを緩めたことで人が作れる荷重でも動き出すように。それでもフロントよりは動かない。それでいいのか。
そこで前回のトミンのDトラ125な方の鮮烈なコーナーリングスピードを思い出して。
ホイールベースの長短は置いておいても、あの自由度を生むのは乗り手の自在感は当然として、車体の動きの自由度も影響するんじゃまいか。
DトラのベースはもちろんKLX。オフ車。
総じてオフ車の足は前後柔らかい+よくストロークする。翻って私の愛機の現状はリアが動かないセット。コソ練より動くけど。
そのプリロードは25mm。出荷状態は10mm。その差、15mm。次の休みに10mmに戻そうとココロに決めて。
アシの動きの自由度を上げる。それで少しでも、あのDトラの走りに近付くのではないかと。
結局、プリロード掛けていい感じになるのは高速域で走るときで、トミンだとSRXでは最高速100km/hに届くのもむつかしいから、もうばっさりそこは考慮しなくていいかなと。トミンのタイムを求めるなら。

で本日(8/17)、人間ドックだったのですが午後過ぎには帰宅出来るので午後は会社をお休みにして。
だってアシいぢりたかったからw
台風一過の青空。診断結果も良好(腎機能、コレステロールとも改善したよ。体重も60.4kgと前回より3.5kgマイナス。オレ、グッジョブ←蛋白やや少ない、貧血気味と言われたけど何か?)。
今日はいい日だ。←お調子者

なので、せっせとプリロードを抜いてみます。出荷状態目指して。が、23mmあたりからシートを手で押しての荷重掛けでFフォークと同じ力でもストロークするようになって。うーん、10mmは抜き過ぎか?
それにあんまりリア下げてのケツ下がりになるのもイヤだし(←Fのプリをそこそこ強く掛けてますから
なので20mmで抜くのを止めて。動き出しが揃ったかも。そうなってくると押すことに対しての抵抗感と言いますかコシ、要はダンピングが揃っているかを探ります。
伸び・圧とも最弱→最強方向に動かしていって、ココというところで確認すると伸び15ノッチ、圧25ノッチ(共に最強から)と、記録に残していた最後のダンピングのセットと同値。
同じ結果が出たことで、これが自分の好みだと確信を得る。
これで路面の追従性が上がるといいなぁ。強烈な二次旋回が出てくれるといいなぁ。
て本日(8/17)も走らないで終わりにしちゃったけれどw(だって暑いんだもん

やぁ、週末走らせるのがホント楽しみだよ。
近所のうろくね走って足をいぢってセットを出そう。それだけでも愛機と対話が成立するのがとても楽しい。きっと決まればもっと楽しい。

トミンの走り始めての当初に30"1とか出せたのに、その後、失速したのはそう言えば連続で転倒してから(左コーナーでリアのスリップダウン、最終でフロントのスリップダウン)。
その後はずーっと、タイムが30"4にさえ到達出来なかったのよ。つまり低迷の始まり。
で更にノーマルマフラー換装でタイムが落ちて(←これはやや意図的ですけど。だってレヲもまこちんもノーマルマフラーだもの
それがまたココに来てスパコルA換装でようやっとタイムアップの兆し。
なので是非、3速ホールドのまま、29秒台に突入したいものです。タイヤがいいから出来るはづ。
走り方が変わってきてるから、きっと今までとちがうはづ。
ステキによく動いて曲がるアシと、マスターEikoのお導きで手に入れる開脚さえあれば(←後半イラネ←いや、割と本気です

9/10までに何としてもアシを仕上げるぞぉ~
アーンドベターと開脚するのだよ

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2016-08-18 19:30 | サクラエスアールエックス | Comments(2)

メーカー指定の空気圧。

HONDAからCBR250RRが発表されましたね。
Fフォーク倒立、エンジン新設計の水冷DOHC2気筒、アルミスイングアーム、3モードなエンジン出力と他メーカーと比較して後出しじゃんけん的なスペック(苦笑
SRXつながりな方も価格は70万超くらい的なこと書かれていましたが私も同意。80万くらいいくかなー
現行CBR250の延長と言いますかMoto3レプリカのくんくんにきんきんなシングルレーサーレプリカって感じで出して欲しかったなぁ。
国産250もこれで水冷2気筒がスタンダードになっちゃいますね。
もし、CBR250RRが80万くらいするのなら、それだけのお金払うなら、
そして今分かる情報だけなら、ぼかぁWR250X買うね。3モードなエンジン出力より足回りのセッティング幅が広いほうを選びますわ。
WR250Xもリアスイングアーム、サスはFRとも伸び・圧の減衰調整機構付き。しかもアルミシャーシ。やはり作りの端々がいいよ、コイツ。

ま。使い倒すバイクは今のところXSR900と決めたおいらはもうクォーターなバイクに食指が動きませんが(苦笑


続きはこちら。
[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2016-07-31 16:47 | サクラエスアールエックス | Comments(10)

カルく野試合なカメラ散策

これも先週のお話。

前から書いてますが、最近、Flickrつながりのお友達がされている、月いち課題をこなすなんてグループにJoinしました。
で参加した人が決められたオーダーで課題を出すのですが、いよいよ今回、私の番に。おぉぉ。
モチロン課題は出しましたがココではナイショにしておきましょw
とまれ、なのでネタ集めでもしようと愛機に跨って出掛けます。

海へ行こう
地元の海はすっかり夏の様相になっていた。
半世紀オーバーのおっさんがレンズを向けるのも憚れる感が満載に(苦笑

↑の場所から30分も掛からない整備が進む港に進路を取って。そこで何枚か写真撮って。
もち満足感は無い(苦笑)。とにかく参加している方々の中で自分がイチバン下手くそだからなぁ(苦笑
機材も単焦点・標準レンズのコンデジしか持ってないしw

なので、もうちょいネタを拾おうかと内陸方向へ。
黄金色の麦畑があそこには有ったはづという、「あそこ」に向かいます(笑

海に行く前の国道で渋滞に巻き込まれてちょいと左手が売り切れ気味になりましたが、
この麦畑に向かうために通った市街地のカルい渋滞で本格的に左手が売り切れてきて。
やわいのぉ。
下道でロングツーリングしていた昔が最早、有史以前のようだ(苦笑

このエリアを走るのは久しぶり。ココを右折して途中、左折して一度、3桁国道に出れば、少しうろくねエリアがある道に出るはづ。
そんなおぼつかない感じで走ってもお目当ての道に辿り着くのは年の功w
国道を左折してお目当ての道へ。
でもしばらくは生活道路なので前のクルマの後ろに粛々と続いて。そう、これがゴールドセイント免許の走り方なのよ。
とそんな遵法走行していたら、途中から前にちっさいフルカウルのバイクがクルマ一台はさんで私の前に出現して。
ドコの原付か原二かってしばらくぼへーと見てましたが、よくよく見たらNSR250R(苦笑
その前を走るクルマがこの車列のペースメーカーらしく、そのペースにしびれを切らしたかこのNSR、蛇行運転を何度か繰り返して。
そんなものだから、私の前を走るクルマが彼との車間を空けて走ることしばし。
だんだん、自分がどのへん走っているか見当ついてきたところで、この先はちょっとしたうろくねエリアに入るよねって交差点でNSR250Rの前のクルマが左折。
NSRクン、オールクリア。ペーンとダッシュ。ぢゃあと私も前のクルマ、パスして追っかけてみることに(←よしなさいって
て、1馬身遅れたぶんだけ、最初のコーナーに飛び込むNSRと大分開きが出ちゃいました。
しかも、ただのアウトロー(を)と思いきや前のNSRクン、鋭い走りしやがります(苦笑
速ぇよ。ジモティぽいよ。
もし彼が私と同じくらいの経験値(ココを走るのはきっともう10年近くご無沙汰だったかも)で、このペース作れるなら私より完全に速いよ。
わし、コーナーリング中にスロットル軽く戻しちゃったもんね(ダメぢゃん
そうですね。
比較対象として引き合いに出すと、去年の夏で言えば、赤城つー最後半のペースは越えてますね、こりゃ。
ときわすれのステキ農道でヒバゴン(てこら)の後を走った感じよりも愛機のキャブがセット出てるぶん速いかも。
てオレしか分からんか、この比較(苦笑
それでも完全に消されないで前の機影は見えていたけれど、下り基調のうろくねのこの後、ちょっとしたストレート(200mくらい)が有るのよね。ココで本気出されると間違いなく点にされるね。負けちゃうね。て思ったら前の彼、ソコはそれなりのペースで抜けていきます。
あぁ、じゃあ頑張ろうとボクがスロットル全開で。機影が近付きます。
この先は上り基調のうろくね。で、この先、コークスクリューなレイアウトのコーナー有るんだよねぇと思いながら走ります。
それにしてもカルく感動。スパコルAはこんなペースも作ってくれるのかと。
右コーナーを抜けるさい、ややセンター寄りに対向車が出現しても、安定してラインを選びながら抜けていける。
何か前の人、若干ペース落としたよなと思いつつ、コークスクリューへ。
昔の記憶ではいつも緊張感を伴って抜けた記憶がありますが前走車がいたお陰か、はたまたちょーイイタイヤのお陰か、安心感保ったままクリア。
コークスクリューを下った後は信号が有る丁字路で終わるストレート。脇道から本線に出て来ようとする軽トラがいますなぁ。回避出来るよう備えますかと私が思ったところで、前の彼も反対車線まで進路変更して。あぁ見えてるのね。
丁字路の信号は赤。NSRは右折。私は左折。
青になった時点で私、カルく手を挙げてご挨拶。伝わるかどうか分からないけれど楽しかったの意味込めて(笑
去り際、ぺーんと一際、NSRのエクゾーストノートが耳に飛び込んだけれど、それが返事なのかしらどうかしら。
こっちはヘンな色のバイクだしなぁ(苦笑

お目当てのあたり一面、黄金色の麦畑は刈り入れ済。糸冬了(苦笑
あぁアシ伸ばした意味が無い。
後は帰るだけだねと笠間のちょい山道抜けて、北山公園ワインディング抜けて(前にクルマがいたので遵法走行)、愛宕山のふもとを抜けていく農道へ。
そのスタート地点で前にS660。あぁ楽しいクルマだよねって後を追うことに。
で、その先の高速コーナーへ追随するかたちで進入します。てコーナーリングスピード半端ねぇよ。
こっちに余裕が無い中、それを上回るペースでS660抜けていきます。
その後、前走車がいて軽自動車ではこの距離では前に出れないだろうなってコーナー手前で前走車共々、オーバーテイク。
抜き際、左手上げてご挨拶して後はもうストレートで大人げないペースで農道を一気に駆け抜けて。やぁホントに大人げない(苦笑

まったりカメラ散策のつもりがそんなこんなで↑な感じに(何がそんなこんなだ
たまにはこういうのも楽しいですね。インモラルな感じで香ばしいから、そうそうやっちゃイケナイんでしょうけれど。

Go the DarkLand (黄昏の国へ向かえ)
永代橋から(本編とは何も関係ありませぬ)



[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2016-07-03 08:17 | サクラエスアールエックス | Comments(10)

リアブレーキをいぢった週末。

イギリスはEU離脱を選択したんですなぁ。すなわちBrexitは総意として賛成されたと。
ボクは事前の予想を信じて残留と思っていましたが。
でも大英帝国って歴史を紐解いてみると日英同盟を結ぶとか天邪鬼なお国でありましたね(苦笑
大方の予想を裏切ったことで、この先、どうなっていくことか。
でも関税障壁が再びEUと英国の間に生じるのだから、外資の生産拠点は英国から撤退、離脱を支持した労働者層の働く場所は間違いなく減るのだから、
最終的にはこの決断は英国の人達の首を絞めることになるんでしょうね。
にしても、あちこちでナショナリズムが台頭してるなぁ。あ。我が国の改憲の動きもそれの一つなのかしらどうかしら。
それよりも。
ぼかぁ、株価の底割れがドコまで逝くかのほうに関心が有りますが。このEU離脱の流れが他国に波及するか否かでこの先の経済のブレ具合も変わるんでしょうね。

兜町あたり
Brexitの前日、兜町を散策してた。何故か出世稲荷に辿り着いた。まだ欲が有るようだ(苦笑

閑話休題。今回のお題です。て、もう先週のお話なのですが。

以前はリアブレーキなんて無用の長物扱いしていたのに、
今や、ハングオフに入る手前まで踏んでからターンインに入るようになっている。
人って変わるのね。
ノーズタイブを抑えながら倒し込んで曲げていく。今、目指しているそのアプローチには、
確かにリアブレーキが必要。

とか言いながら、愛機のリアはきーきー鳴いているのが現状。
何せ今までないがしろにして来たから、自分ではRブレーキなんて一度もメンテしたことない。
最早、半世紀オーバーも3年目だと言うのに。
が今は踏むようになったし、今後はオニの様に踏むだろうから流石にいぢってみるかと、
初めてリアキャリパーを外していぢってみることに。
きーきー鳴ってるからパッドも使用限界に来てるんぢゃね?て疑念もありましたし。
なので、メンテ前にリアのパッドを新調。デイトナの赤にしてみました。
リアに強い制動力は求めませんので、これで必要十分かなと(苦笑

でパッドも届いたので土曜日に早速、リアキャリパーをいじってみます。
流石に車検のタイミングで主治医な義兄がメンテしてくれているのはフルードが交換されていたりしているので分かってはいましたが、やはり現状確認は必要だろう。きーきー鳴っているのは気分が悪い。いや。絶対、バッドが使用限界に達しているはず。
と思いつつ、キャリパーを外してパッドをチェックしてみると、あら、たっぷり残ってます。
うーん、パッド代が勿体ない。ま。いいか。ココはスペア確保と前向きに捉えよう。
ならば、パッドの裏面にグリス塗布+ピストンもみもみでもして終わりにしようと思い、
リアブレーキを何回か踏んでピストンを出して、水洗い&自然乾燥してからピストンの出し入れを試みますが・・・

全然、戻らねぇ;´Д`)

ブリーザボルトを緩めてみますが、頑として動かず。もうちょい冷静に考えれば、一個当たりのピストンの面積が4ポッドのピストンのイチバン大きいのより広いんだから

1 Pa = 1 N/m2

の圧力の公式に乗っ取れば、押し込むのに必要な力はより多くなることは自明の理。
自分の握力ではどうにもならないことが分かったとき、カルく途方に暮れましたよ(苦笑

でも。こんなときは文明の利器に頼るべき。

f0079865_22501713.jpg

ちゃらららちゃっちゃっ~ディスクブレーキセパレーターぁ。(←オレの中ではやはりこの声は永遠に大山のぶ代さんだ

ピストンを押し込む素敵ツールを止む無く購入。購入した後、マスターの蓋、全開放すれば開いたんぢゃねと思ったのはナイショの話。うむむ、また散財してしまった。
とにもかくにも、すぐにゲットしたいのでa○azonのお急ぎ便で送ってもらうことにした。
だって今週中にケリ付けて来週以降は愛機でちょっと走ってみたいし。

が時間指定しなかったせいか荷物が届かない。
でも14時に地元の配送所に届いて只今、配送中のメールが届いたのでとりあえずすぐに作業にかかれるよう準備を始める。
とりあえずピストン脱落は避けたいのでパッドを装着して一晩放置していたので、パッドを外してその裏にグリスを塗布。
汚れが目立つピストンの表面はパーツクリーナーを塗布したウェスでお掃除して、サービスマニュアルにピストン表面にフルードを薄く塗布しろと書いてあったので、薄く塗布後、パッドに当たる部分だけはウェスでフルードを拭き取って。
キレイになった+油が付いたピストンなら手でも押し込めるかと思い、試すも見事に玉砕。ステキツールを待つことに(苦笑

で首を長くして待っていたら、やっと16時過ぎに到着。
早速、封を切って使ってみますと・・・やぁ、道具ってスバラシイ。何ということでしょう。あんなに頑強だったピストンがみるみるキャリパーの奥に沈んでいくではありませんか。
レビューを見ると割と粗悪品とか使いものにならんてレビューが多くて心配していたけど(←そんなこと書かなくてヨロシ
ちゃんと仕事してくれまっせ、コレ。

無事、作業完了。と同時に雨がぽつぽつ。こりゃ幸先いいぜ(←や、それはそうは思わない

明日はちょっとカメラ散策がてらドコか出掛けよう。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2016-06-25 18:48 | サクラエスアールエックス | Comments(16)

スパコルADEツーリング。

曇りの日。窓越しの海
トミンでは花粉症の「か」の字も無かったけれど、翌日は見事に発症。
なので天気も悪かったのでヨメと北茨城までクルマでドライブ。
マスクから解放されるのは来週かな?

思い出してみると、現代の「賢者の石」スパコルAで一度もツーリングつうか、まとまった距離を走っていないことに気付きました。
なので出掛けます。

出掛けますが、その前に空気圧のチェックとRサスのプリロードをいじります。
空気圧はF170kpa、R170kpa強。経験上、温間時で10kpa+な感じだったので、こどもの日は前後180kpaで走り回った模様。
ターンインが遅かったのはこのせいも有るか?

なんで空気圧をチェックしたかって言うと、

f0079865_15520730.jpg
f0079865_15523673.jpg
さすがに空気圧甘くね?

f0079865_15525393.jpg
このポイントならもうほんの少し心持ちケツを上げていてほしいかも

(まーさん、スペシャルサンクスです。)

F190kpa、R200kpaが今までの空気圧でしたが、本日は前後共190kpaに。
そしてプリロードは今までのねじ目9ピッチだったのを、10ピッチに変更。
これでどう変わるか様子見ですが、残念ながらスパコルAになってから長い距離を走ったことないので、
このセッティングにカラダを馴らすことだけが本日の目的。

気分は上々
下道で目を吊り上げて走ることが殆ど無くなった。

それでも少し山の中で前の流れが悪いと前に出させて貰ったけれど。
本日の目的地はココ↑。
高圧送電線いわき幹線が走るエリアで去年、Ninja乗りの義兄とのツーリングの帰り道、壮観だったので再訪。
つーか、Flickrつながりの月イチ課題のネタ拾いが目的だったのですが。
昼食なコンビニのおにぎりかじりながら、何枚か撮影して完了。

せっかくココまで足を伸ばしたのでこちらもご無沙汰なココへ。

山の中のカフェ

山の中のカフェ
遊森歩。山の中のカフェ。

GWも後1日残してますので、当然のなかなかの盛況ぶり。バイクな方々もクルマな方々も。
117クーペも停まってたりとバイクだけでなく、そのテのエンスーな方々が立ち寄る場所になったようですなぁ。

少しお話させていただきましたが、マスターも相変わらずお元気そうで。
ただ、春先に腰をいわして春のツーリングのタイミングを逃したとのこと。
腰はバイク乗りの命だから、それはお大事にと言い置いて。

GWだからR118を走るのもつまらないので、リハビリ変わりに奥久慈パノラマライン、グリーンラインを走り繋いで。
そんな気になったのも、ココに来るまでのあちこちの下道コーナーで楽しかったから。
アップダウンがそれなりに有るココ、リアサスを絞めたデメリットは余り感じず、フロントが良く入り、リアが良く地面を蹴ってくれる。
バイクを引っ張ってくれるワイヤーをずーっと手を離すことなく走っているような、終始、そんな感じ。
続けて、ビーフラインの常陸太田始点からペース上げて走りますが、明らかにα13よりイイ。
これ、ホンモノの化け物タイヤですよ。これよりイイ、ミドル級のタイヤが有るなら是非、教えてほしいよ。ためらわずにそいつに履き替えるから。
そう思えるくらい、いい。
アベレージが5km/hは上がっている。安心感を保ち続けたまま。そしてα13よりもう一本ラインを詰められる感じ(←オレ様比

なので久しぶりにビーフラインの山ん中でじんわり汗をかくペースで走っちゃったよ(苦笑

トミンのときからコーナーリング中に時折「かしゃん」って音が聞こえて気になってしょうがなかったけれど、
本日もこの「かしゃん」が聞こえる。
で帰宅後、チェックしたら、おや、チェーンケースが左右にぐらつく。右に倒すとホイールに当たってますヨ(おおぅ
うーん、義兄から貰った純正チェーンケースを付けるときが遂に来たようだ(←早くつけるの

来週、Fブレーキパッド交換と合わせてやっつけようっと。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2016-05-07 23:59 | サクラエスアールエックス | Comments(10)

かちかちしない昭和の日。

ウィンカーリレーが届いたので早速交換。
ウィンカースイッチを左右に動かす。右、左、ぱっと点く。ぱっとぱっtt・・・

・・・点きっぱなしですよorz

前のリレーはお亡くなりになる前までは元気に点滅していたのに。
サービスマニュアルをさくっと読み解くと症状の改善はウィンカーリレーの交換に辿り着く(←いちおー新品なのに?
うーん、新しいドナーを購入する余地はしばらくないなぁ(←サイフが風邪どころかインフルに罹っているらしい
固着してんのかなぁ。ショックレスハンマーでぶっ叩こうか(←いちおー新品なのに?

むむむ。
ということでトラブルシューティング前にひと考察。
このリレーは機械式リレーだから、電極を電磁石の力でOn/Offしてウィンカーを点滅させているわけです。
つーことで電磁石の原理はアンペールの法則から、

2πrH = I  → H = I/2πr Hは磁力、rは電流との距離、Iは電流だってばよ。

で単純に強い磁力を生むには、強電流にするか、電流との距離を近づけるかの二択。
なら電流を強くするよねと考えて、電流を強くするにはオームの法則から、

I = V/R Iは電流、Vは電圧、Rは抵抗だってばよ。

点きっぱってことは通電はしているから、電圧が弱いか抵抗が強いかってこと。ウィンカーリレーを動作させるには。

ということで、バッテリーを充電、タンク積んでキャブにガス落としてエンジンを掛けてみますよ。
愚図ることなくセル回ってエンジンはすぐかかったから、バッテリの充電不足はないやね。
ではと、アイドリングを上げて(2,000rpm)、ウィンカーのスイッチをOn。

・・・点きっぱなしですよorz

うーん、後考えられる懸念点は前のウィンカーの左側がもげたままで今はガムテで固定していること(←直せよ)か、
バルブのワット数が合ってないか・・・か・・・

それだ!

A = W/V Aはアンペア、Wは電力、Vは電圧だってばよ。

今、愛機に付いているフラッシャーは12V/10W(ルームランプなんだよね・・・)。ということは、流れる電流は

10/12 = 0.8333・・・・

純正フラッシャーバルブは12V/21Wなので、

21/12 = 1.75

なるほど。今のバルブだとリレーを動かすためのアンペアが不足しているのではないかと。
おっきいWのバルブ交換しますか。

・・・て今のタイプだと、ウィンカーの口金サイズだと10Wしか入らないんですけど。
ウィンカー変えますかね・・・

[追記]
・・・汎用タイプのウィンカーリレーを結局買ったよ。幅広いバルブ(&LED)に対応ってヤツ。さて、どうなるか。
(純正はストックしておきましょう。そのときウィンカーも交換だな。うん)


Nemophila
先週の。ココ行ったり、義兄の退職ご苦労さん会やったりとかしたっけ。そうか、何もない週末ってわけぢゃなかったなw


[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2016-04-29 16:43 | サクラエスアールエックス | Comments(4)

何もない週末。

ホーンとウィンカー全灯が動かなくなったので、そのトラブルシューティング。
配線図を見ると、ホーンとウィンカーは同じ配線上にいるので、その配線のドコかが断線していると断定。
バッテリ積んでタンク剥ぐってのウィンカーリレー回りとライトケース外しての配線チェック。
とりあえず見た目、断線箇所は見当たらない。
うーん、テスター出すかぁ、ん?(ホーンの根元を見る)・・・ホーンのコネクタが外れてましたよ。
やれやれ、そりゃ鳴らないわと繋げて、キーをONにしてホーンスイッチを押したらピーっと。

ウィンカーバルブが切れていないことを確認して、ウィンカーリレーを注文しましたよ。
トラブルシューティングとしては逆だけど、交換してダメなら配線を再チェックすりゃいいし、
そろそろウィンカーリレーのフレッシュなスペアも確保しといたほうがいいしね。

代官山あたり

来週からGWですからね。直してバイクに乗りたいものですわ。
[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2016-04-24 22:06 | サクラエスアールエックス | Comments(2)

バイクと触れ合う建国記念日。

本日の夕飯前の体重測定は61.3kgでした。
実を言いますとウィークデーのしょっぱなに職場の人たちとの大食いイベント的な食事会をしたので、
今週は、

・昼ごはん食べない
・残業しないなら毎日散歩する

の緊急シフトを発動。
それが功を奏してか昨夜の体重は62.3kg。今週の目標値は62.4kgだからいちおークリア。
でも油断は禁物と今日も散歩くらいしようとはココロに決めてました。

とは言うものの、週末は天気がまた悪い予報。
ぢゃあ「バイクに少なくとも週イチ乗る」は今日しておかないとダメっぽいなと、
先週同様、愛宕山ワインディングを折り返しポイントにする一走りを、ば。

Zassou on the road
いつか海が見えるかも知れない丘で。

よし、今週もバイクに乗ったぞ。よし。幸先いいぜ。
もう一枚、写真を撮ろうと自宅にまっすぐ帰らずに町中へ。
途中の交差点で停止したとき、ヘッドライトが点かないのに気が付く。
ウィンカーは点いてる。いやいや、リアは?・・・点かないよ。
うーん。また、シート下の配線トラブルか?こりゃ帰宅したら即チェックだなと思いつつ、
撮ろうと思った場所に来て、愛機が置けそうなスペースに愛機を置いて。
その場所にカメラ持っていくも、どうも気に入った感じに撮れそうにない。
ので撮るのは断念。
で戻って、愛機に跨ってキーを回してセルボタンを押して。て・・・

あれ、サイレントですよ。

セルモーターが全然回りません(汗
ニュートラは点くのに・・・てキルスイッチとかヘッドライトのスイッチをOn/Offしているうちにニュートラも点かなくなって。
あわわあわわ。
とりあえず、路肩の他の方々の通行の邪魔にならないところで、愛機をチェック。
・・・アースしてた配線を留めていたボルトがなくなってますよ。
これがセルが回らない原因かともう一か所同じサイズのボルトを外して、アース用の配線をそのボルトで留めて。
さぁ、これでトラブルシューティング完了だと、
愛機に跨ってキーを回してセルボタンを押して。て・・・

あれ、サイレントですよ。

セルモーターが全然回りません(汗
紛らわしいことにニュートラが一瞬点いて、また消えます。あわわあわわ。

ちょっと落ち着いてみよう。
灯火類がダメになる場合、私のつたない知識で真っ先に思い付くのはレギュレター・レクチファイヤのパンク。
でも、その前兆のバッテリーの異常な電圧低下は今まで見られていない。
となると、後は配線系のショート。実際、アースしていなかったし。
でも、そのアースは直した。
と言うことは。
恐らくセルボタン押してもうんともすんとも言わないのはヒューズが単純に切れた。うん、間違いない。
でヒューズを今、持っていない。交換出来ない。
だからそれはどうしようもない。
だからバイクに火は入らない。

と言うことは、押して帰るしかないのねorz

でも、良かったよ。山の中とかぢゃなくて。自宅までの1.5kmはなかなかにいい運動になったけど。
これが、昨日からの体重の1kg減の原因だと思う。よし。幸先いいぜ。(いや、違うと思う

で戻って被害状況を確認。
灯火類から逝きましょうかと、まずはリアウィンカーをチェック。やはりショートしたらしく先端が破損していたよ。うむむ。
お次はヘッドライトバルブ。外して確認しても外観は異常が無いように見える。
なので戻して、ヒューズをチェック。
やはり切れていた。手持ちのスペアを交換したらすぐにセル復活。エンジンに火が入ります。
ウィンカーバルブを交換。点滅開始。
では、ヘッドライトOn・・・点きません。
あれ、球切れしてはいなかったから、某氏謹製のライトハーネスが逝ったか?
ぢゃ、純正ハーネスにライト繋げばダイジョブと、ヘッドライトを繋ぐも点きません(苦笑
ん?これは?ともう一度バルブをよーうく見ると先端が吹っ飛んでいる。あぁ、バルブ切れか。やれやれ。
・・・て、おぉ、今日はバイクで走って、ボクの人力で1.5km押して、それに加えてメンテまで出来て、
バイクに触れ合えた。よし。幸先いいぜ。(シアワセだね

ヘッドライトバルブとヒューズのスペアとそろそろ使用限界が来るFブレーキのパッドをさくっとご購入。
さっさと走れるようにしないとね。

以下、備忘。
先週も感じたけれど少し下りが前のめりになる感がぬぐえなかったので、
帰宅後、リアサスのダンピングの圧側をSoft方向に1クリックした。

と言うか、キャブのセッティング、前後サスのセッティング、オイル、タイヤの交換データを備忘として次回から上げよう。そうしよう。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2016-02-11 22:02 | サクラエスアールエックス | Comments(8)

(なるべく)毎週、バイクを走らせよう。

今週末はイチバン下の娘の成人式って家族イベントが有りました。
おとーさん、おかーさんともそれに振り回されて。
で解放された後、その締めに家族写真のカメラマン務めるも、何故か途中合流した娘の彼氏と、娘が二人並んだ記念写真を撮ったりして。
うーん、オレってば寛大なお父さんだと思う。
若干、ココのところオーバーカロリーな食習慣の結果が反映された彼氏に「ウチ、養豚場ぢゃないんだけどな」とは言い放ったけれど。
↑自分のことを棚に上げて

ぢゃあ、家族で祝おうかなんて思っていたら、娘は友達のウチに泊まりに行くってことで(彼をタクシー代わりにして)、夫婦だけで出掛けることに。
元上司の友達(であり、私とも飲み友達)な方のお店で食事して、その後、やっとSTAR WARSのエピソード7を観ましたよ。
一作目を中坊のときに見た自分としては隔世の感が有ります。
まさかディズニーが製作するようになるなんてね。
昨年の旧友との忘年会のとき、もう観たと言う旧友の評価は低かったのですが(←ネタバレはしないでくれた)、
私的にはこれまでのエピソードのオマージュがあちこちに散りばめられていたし、ヒロインもどっちかつーとタイプなんで(を)、なかなかに良かったです。
それに。
カミさんにも言ったけれど、このシリーズに気高いクォリティなんか求めちゃいけない。お祭りって思わないと(笑
と言うのが昨夜の話。

で、閑話休題。

続きはこちら。
[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2016-01-11 16:17 | サクラエスアールエックス | Comments(8)

ぎゅっと奥までな初走り。

昨年の振り返りも今年の抱負も全部、キングクリムゾンした本日はトミン初走り。
つーか、これが私の初走り。
今回の年末年始のお休みも9連休と割と大型だったにも関わらず、何故か30日までは大掃除に明け暮れたの。
うん、アレも大掃除の一つだよな。
最早、ウチでは粗大ゴミ扱いになってしまったアレをおっちゃんに持ってて貰ったし。
(←粗大ゴミ言うな←ヨメからはそんな扱いで言われ続けてたのorz←なので、おっちゃんのヨメ的いいひと指数がまたハネ上がったよ。あうあう。


31日は前日に遂に糖尿病を罹病したという旧友と忘年会しちゃったので、強制終了。
つーか当日、花粉症的症状に見舞われた。鼻かみすぎて歯肉炎発症。
こうなっちゃったときはアレルゲンな対アレルギー剤ではなく、
解熱剤的なものが有効だと理解した(バッファリン飲んだの

なので、前回の記事以来、2015年はバイクに触れずに終了。あ。アレに触った。アレを積むの手伝った。うん。

ですので、元日にメンテ敢行。
て大したことないんだけど、スロットルワイヤーへの給脂、チェーン掃除+給脂、前回ぐにぐにになっちゃったFブレーキのエアー抜きをば。
エアーも出て来ないし、作業終了後、何度かレバー握ってみれば、ぐにぐにからかっちりに変わったので、これでヨシとして。
タイヤの空気圧も冷間でF190kpa、R200kpaに。
さぁ、3日は暖かいと言うから試走がてら初走りをしようと決めたのがボクの今年の抱負(←ちっさいな

が、翌日のヨメの実家の新年の挨拶で酒に溺れてしまって、3日も強制終了(←学習しないね
うーん、大型連休、「鋼の錬金術師」の読み返しを完了したことが唯一達成したことか(←バイク乗りとして何もカンケーない

と言うことで本日が初走り。
と言いつつ、ココで言い訳モードなのですが、年末年始での人体錬成(←暴飲暴食と書け)が失敗してリバウンドを喰らったようで、体重が増加傾向。むむむ。
ツナギ着れるかのぉ。と思いつつ流石に何もしないとホントに着れなくなると、ズサー以前の運動セットを休み明けから再開して。
かてて加えて2週間後には人間ドックも有るからウィークデーは酒呑むの止めたし。て昨日呑んぢゃったけれど(てへぺろ

で本日。

・・・寝過ごしましたorz

スマホ、修理に出したさい初期化しちゃったから土日の目覚ましがセットされてなかったのね。
なので7:30に起床。ばたばたと用意。
愛機にバッテリ積んで暖機して、トミンに持って行くものをデーパックに詰め込んで、
さぁ、バトルスーツ装着へ。

で今週がんばった成果はと言うと・・・

・・・ぴちぴちだよorz

ファスナーにミンクオイルを吹き付けてやっと袖を通すも、ぴっちぴち。
大丈夫かのぉ。今日、まともに走れるかのぉ。
何はともあれブーツ履いて、愛機に跨って出発。8時半過ぎ。うーん、今年もこんな感じかよ。
て、何かスゴい違和感。何でかな?

・・・メット被ってないよorz

Uターンしてウチに戻って、メットを装着。やれやれ。
ツナギはキツいけど、きっとトミンまでには馴れて何とか動けるようになるはづ。
それに。
今日のオレたちはいつもと違う。等価交換の法則など無視しちゃう現代の「賢者の石」、スパコルAが有る。
あぁ、おら、なんかわくわくすっぞ(←ハガレンで統一しろよ

で初めての信号に。
タッチが戻ったFブレーキの感触を確かめる。あれ?あれれ?

・・・ぐにぐにが復活してますよorz

うーん。どうしたものか。でもにぎにぎするとかっちり感は復活する。大丈夫か?
とにかくガソリンを入れなきゃねって途中、いつも立ち寄るガススタへ。
その途中の赤信号前でもやはりぐにぐにが戻ってくる。うーん本日のトミン、黄信号。
こりゃ、現地でキャンセルして(←もう走る気は失せたらしい)、せめて、てらとしベーダー(←最早、師匠らしい)に新年の挨拶くらいはしようかな。

でガススタに寄って、ガス入れて、そんなこんなで走り出して。
で、給油のさい、前を開けた革ジャケのファスナー絞めるの忘れたことに気付いて。
やれやれ、今日はうっかりも多い。
気を引き締めていかないとと思いつつ、二個目の信号(国道を渡るの)でFブレーキを握ると・・・

・・・すーっと奥までレバーが入っていきますよ(´▽`)

ぢゃねえよ、あぶねーよ。
ココで本日のトミン完全赤信号。もう、危険があぶない。
走っていた表通りから道を逸れて、バイク止められそうなトコでバイクを止めて、てらとしベーダー(←最早、師匠らしい)に行けませんショートメール送って。やれやれ。

後はRブレーキも兼用しつつタッチが消失する(要は効かない)Fブレーキに神経尖らせながら自宅まで。
ぴっちぴちのバトルスーツ脱いでの、トミンの予約キャンセルしての、作業しやすい服に着替えて、Fブレーキのエアー抜きを再実施。
て手順を確認したら、元日の手順が誤っていたよorz

(正)レバー握る→ブリーザ緩める→気泡確認→ブリーザ締める→レバー放す
(誤)ブリーザ緩める→レバー握る→気泡確認→レバー放す→ブリーザ締める

の誤ったほうをやってしまった模様。
で(正)を実施しますと。

・・・あぶくがいっぱいorz

ブリーザにつないだ耐油性ホースから気泡が完全に消えるまで、今回はレバーをにぎにぎしたよ。
うん。かっちり。この感触。て感じになった(←当たり前

で時計を見ると10時半。
トミン1~2月は全日、半日料金で走れるのよねとか、いやツナギきついから走るのやはり止めにしても、てらとしベーダー(←最早、師匠らしい)の熱い走りだけは見に行くかとか、いや、かっちりしたFブレーキを確認すべく朝練コースだけは走りに行くかと、今日はYahooの星占いだと乙女座は95点なんだよね(←おんにゃのコかよ)とか、頭ん中でぐるぐるするも、
本日の自分のうっかりぶりを鑑みてバイクで走るのは止めることに。
気持ちは乗りたくて、わくわくしてるんですけど。

コレ、私がバイク乗りとしてリスペクトして止まない方の「いつもは左側から履くブーツを右側から履いて事故に遭う」的サインぢゃないかと思うのね。
うん、11日に試走しようっと。

1/16にトミンは予約し直し。
なので。
レヲ、クローズドのインプレは来週に持ち越しです。
てらとしベーダー(←最早、師匠らしい)、タイヤがタレているらしいけど本日のタイムおせーてね。

今年ののっけから、こんな感じですが、ココを見てくださる皆さん、今年もよろしくです。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2016-01-09 12:22 | サクラエスアールエックス | Comments(8)