2017年 09月 03日 ( 1 )

9月朝練①

台風一過の週末です。
本日の朝は快晴。なのでバイクの朝練します。本日のコースはふるさと農道からの愛宕山ワインディング。
先週のツーリングで感じた下りワインディングでのフロントの動かない感じを解消すべく、フロントフォークのプリロードを1/8戻してみます。

まずはふるさと農道での評価。バンプを通過するさいのリアの跳ねがスゴく気になる。ケツをシート後端にキープしないと落ち着かない。
そこから続く、愛宕山までの農道ルート。コーナーが連続するエリアでの対向車がスゴく怖い。何故?
そして割と急斜度な愛宕山ワインディングの上りでもそれを感じて。
シート半ケツを守るもどうも車体がインに向くリズムと自分が向かせるリズムが噛み合わない。車体の反応が1テンポ遅れる。だからコワい。
続く評価したかった下りワインディング。確かに車体姿勢の変化はナチュラル。だけど、もっさり動く。遅い。トータルでタイムをロスってる。
やはり対向車の存在がコワい。サスが動き過ぎて、曲がるための仕事をタイヤがしてない感じ。

愛宕山ワインディングの麓の広い歩道帯に愛機を停めて、サスをリセッティング。
フロントのプリを1/16絞めます。そしてリアのコンプレッションをHard方向に+1ノッチします。これでコンプレッションは最弱から+2ノッチだ。
いぢる前は+3ノッチ。残り1ノッチだ。どうなんだ。

帰路に入ると、お。何かいい。車体側の向き変えのリズムが早くなり、乗り手が欲しいリズムに追い付く。
往路と復路。レイアウトは違うけど、リアの動きが落ち着く。車体の向き変えがクイックになる。Rがキツいトコはサスが入る。欲しい姿勢変化に近付いた感じ。

ふるさと農道も楽しくて。前を走るクルマをいつもならオーバーテイク仕掛けないトコで仕掛けたくなる感じにさえ。
SRXのパワーじゃ出来なかったけれど。

帰ってFサスのプリを確認すると右15mm、左14mm。今までの値は右16mm、左15mm。1/8戻しだと右14.5mm、左13.5mm。
たった0.5mmでこんなに乗り味が変わるんだね。自分がセンシティヴな人間だって思ったことは一度も無いから、
今日のリセッティング前後の乗り味の変わった感覚はとても貴重な経験だ。

来週、愛宕山ワインディングの下りで評価して不満が出なかったら、一応、サスセッティングはFixするつもり。
詰めていきますよぉ(笑

The travelogue of the land of windmills - 風車の国紀行①
8月は長雨でイヤでしたね。9月、10月はどうでしょうか?

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2017-09-03 18:55 | サクラエスアールエックス | Comments(8)