オレのDukeR(違

トリプルタイフーンのうち二つ、9号と11号は消え去ったが、
迷走していた台風10号が遂に南大東島の沖合までリワインドして、
一気に勢力を育てて、その返す刀でまた北上しようという、この週末。
オレは今までの愛機のとは違うキーを手に取った。




キーを回せば一瞬、デジタルメーターが覚醒時の挙動を示し、問題なく始動出来ることを乗り手に教えてくれる。
後はセル一発であっさりとエンジンが目を覚ます。
回さなければカドの取れた、いかにもウォータージャケットに包まれましたというエンジンサウンドが耳に入る。
市街地の中でも優しい音だ。エキゾーストはアクラボビッチでも耳に優しい。心地良い。
シート高835mmは小柄な乗り手にはちとハードルが高いが跨ってしまえば、そのスリムな車体は極めてフレンドリー。
フライホイールが小さいのか今までの愛機よりは下の回転域ではパワーはないが、ちょいアクセルを足してあげればたちどころにパワーが乗ってくる。
が、低速域・低回転域はやはり苦手だ。でも、それが分かれば無問題。
ニュートラから1速へ。クラッチをつなぎ、エンジンのパワーを後輪に伝える。ゆっくりと走り出す。
自宅からの細い市道を抜けて片道一車線の広めの車道に出るところでウチのムスメを迎えに来た彼氏がクルマに乗ってムスメを待っている。
「おはよう」
「・・・あ。おはようございます」
前の愛機ならすぐ気付いてくれたのだろうが、コイツに跨るオレを見るのは初めてだから反応もニブい。て彼がオレに対して反応が速かったことは無かったか(苦笑
バイク乗りになりたいらしいが乗るなら本気で自分が教えられることは教えてあげたいと思う。
彼が許容してくれるなら。しないんだろうなぁ(苦笑
オレは止まることなく、アクセルを開けていく。いい加速だ。
続く、丁字となる市道で停止、まずはガスを食わせてやろう。そう思ってガススタへ。
左折するさい、ややはらみ気味になる。まだコイツの曲げ方に馴れていない。そりゃそうだ。まだコイツとは20kmも走っていない。
半世紀オーバーとなり低くなりつつあるオレの順応性なんてそんなものだ。
続く緩い左に飛び込んでみる。カラダのみ車体に入れるリーンインで。やはり曲げが弱い。
そのカルい加減速、コーナーの進入・脱出でコイツの車体の動きを感じる。オールフラット。締め上げた足だ。
今の自分の好みでは無い。今のオレならもっともっと、しんなりと曲げていくアシがいい。いや、自分がまだ使い切っていないのか。
乗り手側が馴染んでくると、すぐに前のクルマのケツが迫ってくる。
それに追従する。途端に、ぎくしゃくする。やはり、コイツは街乗りにそうマッチしているとは言えない。いや、これもまだ乗り手が馴れていないせいか。
そのままゆっくりと幅員の広い県道を右折。その沿道沿いのGS目指して。
信号待ちはやはりちょっとだけ気を遣う。でもスリムな835mmのシートはケツをズラせば問題なく足が路面に届く。支えられる。
GSで給油。ハイオクを食わせる。ちゃんとしたガソリンじゃないと燃料系が故障するとかの話も聞く。なのでとりあえず名前が分かるGSで給油する(苦笑
左側ミラーだけ締め忘れていて走っているとくるくる回るのでココでモンキーでも借りようかと頼んでみるも、貸してくれないとか。
やぁ、前の愛機なら必ず背負子に積んでいたのに、今日は何も持たずに出て来てしまった。
だって外車と言え、ソコはミレニアム越えの最新バイク。フツーに走ってトラブルが早々有るとは思えなかったから。
でも。以後、気を付けよう。
とりあえずは動かないように出来たので発進。すぐにUターンして帰路ではなく、ちょっとだけうろくねコースを抜けてみる。
県道を抜けて国道へ。そして程なく左折して県道へ。ここは次の信号まで中速なコーナーがほんの少し連続する。
ケツをズラして曲げてみる。前の愛機よりバンクして舵角を付けてもやはり曲がらない感じが有る。
積極的にカラダをインに入れて内側から過重を掛けるとぐいぐい曲がっていく。
ブレーキのタッチ、シフトのタッチ、前の愛機とはランクが違う操作感だ。(クラッチも油圧だからカルいカルい)
が、それでもこのエリアではまだ乗りあぐねている。それは乗り手が順応していないからだ。
丁字路で一旦停止。青に変わると共に右折、そのまま走って次の信号で左折。前の愛機でアシを探るエリアだ。
最初の右コーナー。ようやくハングオフスタイルで曲げてみる。よく曲がる。続く曲率の割合有る左コーナー。ここも同様。
左右の移動のさい、シートの形状に馴れていないせいか一瞬腰を浮かせてしまう。
荷重をヘンに抜かないためにもココはシートの上を滑るように移動していかないと。
続く短いストレートで前走車。すぐに曲がりそうな気配に後ろについたまま追従すると案の定、右折していく。前が空く。
アクセルを開ける。この距離での加速が良い。良すぎる。そのままS字形状かつ下って上るうろくねに進入。
ブレーキングしながら曲げていく。リリースする。切り返す。アクセルを開けていく。
車体のカルさとパワーバンドに入ったときの加速感と。かなり速い。生粋の峠ランナー。オレに言わせれば紛うことなきコイツも地上の戦闘機だ。
再び信号待ちになって、青になって発進して。
自宅への帰路の途中では、これが最後になるロングストレートで前のクルマをパスしてアクセルをしっかり開けてみるも、メーターが教えてくれるスピードを見て、すぐにアクセルを緩めて。
やはり前の愛機の比ではないな。スゴイ戦闘力だ。
ちょっと昂ぶるココロのまま、帰宅。ウチの前に停めて、新しい愛機を眺める。

f0079865_12130378.jpg
ようこそオレのデューク。風になれっ・・・


┏┫*`ー´┣━━━━━━━━━●)゚O゚).。゚グハッ!!

・・・げふんげふん。
やんごとなき事情で、しばらく暗黒卿すなわち、てらとしDukeRの愛機をお預かりすることになりました。
状態保全のため、少し動かさせていただくことはお許しいただいております。
だからと言ってがんがん距離伸ばしたりとか、ステキ峠に連れ出したりとかはしないけれど、愛機のセッティングルートをちょろっと走るくらいなら、いろいろ油脂類を潤滑させる上でもバッテリーのチャージする上でも良いのではないかと。
引き取りに行ったさい、「手元に置いてたらコレ、欲しくなっちゃいますね」ってやんごとなき事情で預かってくれていたトコの社長さんに言われちゃったけど、
実際、こうしてちょっとだけ走らせても、このKTM690DukeRがいいものだって言うのはよく分かる。
引き取りに行った日は雨で、自宅への帰路だけでけっこー汚れちゃったので洗車もしたのですが、手早く済ませたので、
今日、給油して走らせてあらためてしみじみと洗車して。やぁ、人様の預かりものですから、ソコはちゃんとしてあげないとと。
でバイクを拭き拭きしてディテールをあらためて眺めると端々の造りがイイ。
ブレーキキャリパーはブレンボのモノブロック。サスはホワイトパワーで減衰圧調整機構付き。走るための装備がちゃんと奢られている。
シャーシも愛機に比べて剛性感高し。かつカルい。言うことなし。

軽々と回っていくフィーリングから、コイツに積まれている心臓LC4ってSRXの心臓よりショートストロークかと思ったら、

【SRX600】内径×行程:96.0mm×84.0mm
【KTM690DukeR】内径×行程:102.0mm×84.5mm

とそれほどの差は無い。見比べて、おっと来たのはその圧縮比。

【SRX600】圧縮比:8.5:1
【KTM690DukeR】圧縮比:12.6:1

DukeRの高圧縮比が目立ちます。高回転でのパンチ力はこれが効いてるのかも知れませんなぁ。まぁ、馬力も69psとお馬さん27頭分パワー有るし。この年式でも。
で、それよりも何よりも驚くのはてらとしDukeRの前後、締め上げたアシ。
これでトミン27秒台前半に行けるってスゴい。もう少し動くと思ったよ。コレってもっと速度域の高いサーキットのセットぢゃまいか。
なので、コレが正解なのか、今、自分が愛機にセットしようとしているアシが正解なのか分からなくなっちゃったよ(苦笑
よし。明日は愛機をちょっと連れ出そう。台風前夜だけど。雨降ってなかったら。

とまれ、とってもいいバイクだよ。いいなぁ、DukeR。
(でも2016年モデルは73psにUpしてのシート高は865mmな足長仕様。日本人体形なボクにはカナーリスリリングw)

とにかく週イチ、こんな感じで(てどんな感じだよ)、ちょろっと動かしておきますので、
てらとしさん、よろしくです。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2016-08-27 20:25 | 使い倒すバイクを考えてみる | Comments(18)

Commented by nakamura at 2016-08-27 21:46 x
先に聞いてなかったら驚いたんだろうけどね~w
LC4はカムシャフトもSRXに比べるとかなりハイカムだよ、友人の640のエンジン腰上OHしたことあるんだけどかなり丸っこい形状で開いてる時間が見るからに長そうだった記憶が有る。
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2016-08-27 22:01
>かなりハイカム
なるぅ~
かなり楽しいですわ、コレ。SSよりか手頃なパワーなぶんw
Commented by ZEP at 2016-08-27 22:30 x
旧型LC4に乗ってました。パンチがあっていいエンジンですよね。KTMの足は前後とも系列のWPでオフ車の中では一番フィーリングが好きです。ザックス&マルゾッキでは太刀打ちできません。
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2016-08-27 23:16
>師範代
あ、SMC系乗られてましたよね。これ、現状のオンロードビックシングルでは最高峰なんでしょうねぇ。
このライト感、パワー感は昔乗せてもらったNSR、TZR(3XV)にも通じるものが。
アシもシャーシもええですのん(笑
Commented by uzomuzo_saiin at 2016-08-28 04:17
ハイコンプレッションとハイカム(リフト、デュレーション、オーバーラップ)が
パワーのあるエンジンの基本だよね、とりあえず。
圧縮比:12.6:1を成立させる為に、カムのオーバーラップはきっと大きいんでしょうな
故に低回転では混合気の流速が充分に得られず、結果圧縮が逃げてしまい低速が弱いのね
この辺りの設計は難しいところです。昔から俗に云う「カムに乗る」回転域の問題だな
後はそのエンジンを1分間に何回転させられるか、ですなぁ
内径×行程:102.0mm×84.5mm のショートストロークが回転の要。
でも本当のところはもうひと息、ストロークを短くしたかったんだろうと思う
しかし既に102mmのビッグボアピストンになっちゃってるから、ここらが妥協点か、、、
さらにボアを上げると、ピストンの重量増加やら首振りやらの問題も出てくるしね
そして何よりも重要なのは、ヘッドも含めた火炎伝搬のより速い燃焼室のデザイン。
ピストンを出来るだけ短い燃焼時間で一気に押し込んで、ガッツリとクランクを回さないと
今までの苦労がみんな水の泡だしね

なーんて、思いっきり知ったかしてみましたwあは
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2016-08-28 07:41
>アニキ
ココではおひさですw

>思いっきり知ったか
いやいや、ありがとうございます。
ボクはそんなこと絶対、思わないもんねw
なるほど全部つながりました。ボクの脳内で。
回転。カタログデータだと7,500rpmで最高出力を発揮。これは2016年モデルもそれ以前のモデルも同じですね。
これもおいらの愛機(42ps/6500rpm)よりは回るけど、高回転エンジンですって訳でもないと。
LC4。一言で言うと「カムに乗る」エンジンってことですね。
Commented by uzomuzo_saiin at 2016-08-28 07:58
DukeRのピストンスピードは、毎秒21.125m、SRX600は18.2m
排気量の違いは少々あるけど、ピストンスピードの臨界点はほぼ決まってるんだよね。
内燃機は30年掛かって秒速3m伸びたんだwww
Commented by uzomuzo_saiin at 2016-08-28 08:20
「カムに乗る」カムシャフトのプロフィールと、ピストンスピードの伸びが
DukeRの戦闘力の高さってことみたいね
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2016-08-28 08:21
>ピストンスピード
レシプロは20m/s台が限界って言ってますね。
↓こんなん見ると面白いですよね。
http://greeco-channel.com/car/piston-speed-top100/

空冷と水冷。内部で発生する熱が逃がせる意味でもLC4が有利なんでしょうね。
Commented by uzomuzo_saiin at 2016-08-28 08:29
内燃機は熱量をエネルギーに変換する装置のくせに
あまった熱を放出しないとヒートしちまう、、、、困った機械だね
今んトコ冷却能力は水冷が有利みたい
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2016-08-28 08:29
お。2コメ目のリコメ。

このバイク、走らせるバイクとしては面白いですよ。速いって言ったって、ひところのハスクとかVORなんかよりは全然、フレンドリーでしょうから(笑
一般道も現実的に楽しめるギリのスペックぢゃまいか。

・・・Dトラからのマイグレーションも乗車姿勢、そんなに変わらないから良いですよw

翻って自分だと、車体のマス感がもっとSRXのような昔ながらのオンロードが好きみたいなので、このエンジンがやはり理想ですわ。贅沢ですねw
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2016-08-28 08:32
3コ目のリコメw

いろんな要素が組み合わさるから単純な物性ではなくなって、生き物みたいな反応してくれるようになっちゃうんですね。
とか言いつつ、部品ひとつひとつは公差が決まっているからこそ設計って大事だと。
(↑最近、福野礼一郎氏の本を斜め読みした結果らしい)
Commented by uzomuzo_saiin at 2016-08-28 08:39
以前うちのすぐ近所にKTM専門店が出来て、跨ぎに行ったんだけど
その店すぐ潰れちゃった、、、、ちょっと欲しかったんよねー実は。
Commented by uzomuzo_saiin at 2016-08-28 08:44
以上。
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2016-08-28 08:52
4コ目のリコメww

そうそう、兄さんは絶対、こういうの好きですよねぇ。VORとかtmとかのとんがったモデルとか絶滅しなきゃ良かったのに(笑
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2016-08-28 08:55
>以上
あざーすw
Commented by Oh! at 2016-08-29 05:15 x
タイトル見た瞬間こういうオチは読めてましたとも。ええw

現行の690はずいぶん丸くて乗りやすくなりましたね。トルクもフラットだし。
低速がない・・・というかあれはクランクマスが小さいんですな。そのくせベラボーにリアブレーキが利くからパイロンクルクルするのはすげー苦労しましたよw
トルクは出てるのでスロットルが開きさえすればどっからでも加速してくれます。
いい単車だとは思いますけど、DukeRでアクラボだのパワーパーツぶっこんだら150諭吉オーバーですからね。2代目にはさすがに選べませんでした^^;

あとミレニアムって1000年よ?w
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2016-08-29 22:36
>オチ
お約束ですから。ええ。

>低速がない・・・というかあれはクランクマスが小さいんですな。
元オーナーのご意見キター
なるほど。そこいらも高回転に持って行く仕掛けの一つなんですね。

>150諭吉オーバー
ぼかぁ、お預かりしている機体の装備でマーフラーすら純正でいいと思うけれど、それでもけっこーしちゃうんだろうなぁ^^;

>ミレニアム
2001年は三千年紀の開始っすよ(笑