あなたの物語。オレの物語。

笑えない話だ。
本当は祝福してあげなければならない話なのに。
今日は自分はいい人にはなれない。ボクの家の家長として、その人と接しなければならない。
その人が彼にとって大事な人だとしてもだ。

そんなトシになったんだなぁ。

他人事みたいな、そんな想いを横に、オレは目の前の、その人と会話をする。

あなたはあなたの物語の主人公だ。だが、オレの物語の主人公ではない。
もちろん、オレもあなたの物語の主人公ではないけれど。

あなたはあなたの世界で理解を示す。だが、それはオレの世界でのオレが望む解答に届かない回答だ。
ボタンの掛け違いが続いていく。

でも、その人となりをオレなりに判断した。まぁいい人なんだろうなと、もう一人のオレが答える。
会話が続く中、オレの目の前の人は心に固い鎧をまとい始めていたけれど。

よろしくお願いしますと最後にオレは言った。
彼女も小さくお辞儀をした。

ウィークデー。まだ、やや冬の顔

今週は寒いし、野暮用も有ってオートバイクに乗れなかったよ。来週は天気が良かったら絶対乗ろう。


[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2016-03-27 15:50 | つらつらと四方山話