祝日トミン。

と言うことで、トミンです。
しかもトミン走り始めて、初の祝日走行ですよ。
そして豪華に半日4,200円ですよ。(←半世紀オーバーなのにセコいな





のっけから本日の実際に確認出来たベストタイムは31"07でしたorz
あんまりなんで写真も載せる気になれないよ

連休中日ということもあり前日に台数確認した中でも25台くらいでしたが、まだまだ増えるなぁという感じ。(今見たら33台になってました)
場所くらい早めに行って確保しようと7時には準備を始めたのですが、
コックをPRIにしてキャブにガス落としてセルを回すもエンジンに火が入りませんよ。
そのうちバッテリが弱り始めて。むむむ。
しかも、これに加えてサイドスタンドを上げ下げしたらセルボタンを押してもうんともすんとも。やれやれ。
スタンドのスイッチ(スタンド下ろしたままニュートラ以外のギヤだとエンジンが掛からない)の不具合か?とそこを触ってみるもさっきの始動不良とは原因は違う模様。
確かにスタンドのスイッチもよろしくなさそう。
上下のネジがとうの昔にすっ飛んでしまって今や結束バンドで止めてる状態(買えよ、ネジくらい

が。
それよりも何よりもエンジンに火が入らない。
この状況、ひょっとして以前に埼玉救世主にタンクを借りざるをえなかった時に酷似してるよーな。
え?復活のブラックスライム?埼玉救世主、お山に行っちゃってるからタンク借りれねぇしな←そもそも、もうないっ
何でそんなこと思ったかと言うと、先々週にキャブのMJ交換したときにタンクから外したゴムホースのうち、ガソリンが流れてきたのはONのほう。RESERVEからは一滴も出て来ない。ふつー逆ぢゃね?みたいな。
キャブのフロートチャンバーにも赤い粉状の埃がありました。うーむ。
つまりは詰まり始めているのではと。日光・赤城つーのとき始動不良に見舞われたのも実はそれ(ブラックスライムとかタンクのサビとか)が原因ではない?
ブルブル。確かめよう。
弱ったバッテリを再充電している間、タンクコックをOFFにしてONとRESERVEのホースを抜いて両方からガスが流れるのを確認して。
ブラックスライムはいない。
バッテリが弱る前に火が入りそうな感じは有った。と言うことは着火出来ない要因が有ると言うこと。と言うことはプラグか。そう言えば5年くらい同じプラグのままだ。うーん、今年中に交換しよ・・・出来るかなぁ?

とにかく遅刻は確実なのですが、てらとしDukeRが来られるのでとにもかくにも行きたい。
放電してからの再充電はクイックチャージャーでもけっこー時間が掛かって、8時50分にはもういいやと完了してないけれど、愛機にバッテリを積んで。
でアクセル開けてセルを回せばパーンと盛大にアフターファイアー。
よぉし、がしがし回すぜぇとセルを回すも燃えそうで燃えない。むむむ。そのうち、またセルの回りが弱くなって。
しょうがないのでクルマのバッテリとブースターでつないでもう一度アクセル開けてがしがし回して、パーンと盛大にまたアフターファイアー。
それでもかからにゃ今日は走れないのとアクセル開けたままがしがし回してようやく目覚めて。
6,000rpmまでブン回して。マフラーから黒煙が出なくなるまで。

・・・てヨメに怒られちゃったorz

ちょっと気まずい気分の中、革ツナギを着てさぁ出掛け、け、け・・・きつーい。
あれれ?前回のトミンの時よりファスナーが締まり辛くなってますよ。

・・・腹まわりがぴっちぴちだよorz

うーん、どう見てもこの展開、今回も言い訳タイムを綴る悪寒がしてきましたよ。
とにもかくにも出発。なるだけ4,200円はムダにしたくないもののガスも満タンにしなきゃねとGSに寄ったりしてトミンに着いたのは9時半過ぎ。
うーん、お金払って準備しなくっちゃっねといつものベンチ前のスペースに向かうと、てらとしDuKeRが未だ出走せずに停まっています。
当然、てらとしさんも居て、おはようございます。

「クラス分けになりました」

おやおや。そんなに台数が来たのかと。そして今は30秒台以下のクラスが走ってますと。
ぢゃ、ボクはこのクラスだねと言うとおまいナメてんのか的なことをてらとしさんに言われたし(←大幅脚色
実際、見てるとこのクラス、ホントに遅そう。や。クリアラップが取り易いかもって思ったけれど、
聞けば、てらとしDukeRもこの一つ上の29秒台クラスとのことなので、胸を借りるつもりで私も29秒台クラスにエントリー(←自己申告だとか
出走準備さえ間に合えば、とりあえず今日の出走枠全部走れるねと、とりあえず準備、じゅんび、じゅん・・・

1枠目、間に合わなかったよorz

本日の出走枠は1クラス20分×3本。貴重な20分をロスしちゃいましたよ。
次のクラス枠とのインターバルはナシ。なのですぐに28秒台以上クラスが始まったので、それをぼへーと見て。
そう言えば、本日はDukeRが3台出走していました。
各々3クラスに分かれちゃったけれど、私の見た目的にはてらとしDukeRが本日のDuke乗りの中でイチバン速かったかも。
最初の出走枠で、てらとしDukeRの走りを見てるとコンディションが落ちてるとはとても思えないほどスムース&速い。
もう私あたりぢゃドコの区間も敵わないかもーと思うくらい。

で。
一巡して私たちのクラスの2本目になったのでコースイン。さぁ、MJ140の効果の程は・・・おっと、その前にタイヤをあっためなくちゃねと1ラップして、して、し・・・

時が止まってますよorz

オレのLapShot(←お前のぢゃない)が動きませんよ。うーん、接触不良かとコースアウト。ガムテープの固定を直してコースイン。
さぁ、時よ動き出せ、ザ・ワールド。

時が止まったままですよorz

オレが止められる3秒間の後に8秒止めたヤツがいr・・・や。ジョジョごっこなんてやっている場合ぢゃない。
もう一度コースアウト。固定していたガムテープを全部取ったら、ちゃんと刺さっていないでやんの。再固定。貴重な20分が削られていく。
で、今度こそはと見れば、時は動き出す。ザ・ワールド。しかし、今度はオレのタイムがびたっと動かない。31秒台を境に。

少しここでも言い訳タイムをしてみますと、

・MJ140はガバ開けしてストレートを走るとエンド手前でボコつく。どんって止まる感覚だ。
・リアからしゃらしゃら音がしている。コレってチェーンケースががたついてる音だ。
 (日光・赤城つーから帰って来たときからスイングアームとつながっている2つのボルトで止まっている箇所のうち、
 前のほうが破断してぷらぷらだったのを結束バンドで縛っていたがどうも固定の仕方がヘボかったようだ)

MJの変更は思ったような効果なし。チェーンケースのがたつきは気になってしょうがない。
そんな中、本日確認したベストが31"07。前回のクソ暑くてバテていたときより悪いよ。
29秒台のクラスだから当然、私がイチバン遅い。どんどん抜かれるのは面白くない。
うーん、どうしたものか。

てらとしDukeRと言えば、Fブレーキのマスターシリンダーを交換していた。諸事情で落ちた体力をカバーするワンアイテムとか。
てしれっとコンスタントに29秒、何度も28秒台に入れてるから、私が走っているクラスではダントツな感じ。
帝王コーナーで久々ヒザ擦ったって言ってるし。好調じゃん。
上のクラス行けよ的なことを私は彼に言ったよ。

とココで彼に質問される。
某サシ塾で某塾長に少しアシをイジって貰って後もうちょっとで27秒台に突入するタイムを叩きだしたのち、
そのときのリアのダンピングを変えちゃったらしく、フロントまわりの動きが頼りないつーか不安定な感じになっているらしい。
どうして?とタイムが4秒遅い私に聞いてくるので、4秒遅い私が分かる範囲で応えてみる。
ちなみに某塾長はコンプレッションのみMAX方向に振ったらしい。リバウンドはいじらなかったってことで縮む側の動きをシブくしたってこと。
コレってアクセルを開けてスイングアームに押されてタイヤが路面を押し付ける仕事を長い時間させたいって意図なんだと思うのね。
プリロードいじるのも手ですが、プリロードってジオメトリ変わるし、Dukeって乗車時の荷重移動に敏感に反応するバイクと認識していますので、ダンピングでのセットはアリかなと思います。
でイジったからそのときから現状、どう変えたか分からないけどフロント回りはイジってないとのことですので、フロントの動きに対してリアの動きが遅いんでしょうね。リアまわりを弱めるといいかもと指摘してみました。
この後、よくなったって言ってましたが、てらとしさん、ボクの言うこと合ってた?

と人のことより自分のこと。最後の一本。30秒台には入れて帰りたい。
てココで、

「最初の頃からどんどん(タイムが)落ちてますよね」

と、てらとしDukeRから一言。うぅ、言い返せねぇorz
実際、初年度でぽーんとタイムが出てからどんどんダラ下がりです。うなぎ上りのてらとしDukeRに対して、こちらはうなぎ下り。
そう言えばウナギイヌが出て来るCM(東京ガスだから関東圏限定なんだと思う)で広瀬すずちゃんがウナギイヌを拾ってきて、
お母さんに「そのコ、何が出来るの?」って聞かれて「発電が出来るのっ」て答えるのは何か、えってぃだ(←ばか


こんなに低迷しているなら一度、サシ塾あたりで教えを乞うのもマジでアリかと思ってきたよ。
「バイクも乗り手も全部交換してきてください」って言われるのがコワいけど。
ぴちぴちの腹回り撫でながら運動もしないとねぇって言ってるのもここんとこ毎度のパターンだし。
うーん、何とかせねば。

と世迷言言ってても本日は何も打開出来ないので変化を付けます。
ここまでは3速ホールドで走ってましたが、最後の一本は2速も使おうとココロに決めます。
ラインもかつてのいいタイム出してたコンパクトなラインにしてみようとココロに決めます。
2速に落とすならアイドリングを上げようと2,000rpmにセット。
ちょっと頑張ろう。

でコースイン。ん?何かイイ。
さっきまでの終始感じたスカスカ感が減っています。
2ラップ目からタイム計測ペースで走り出しますが、左コーナーのアプローチで3→2まま最終まで2で全開にしていきますがかなり手前でどんっとボコついてあんまり良くない。
やはりMJは落とすか。次は138だな。うん。
とにかく今日は左→最終は2速ままでは良いリズムがボクは刻めない。本日は3→2→3で行きましょう、しょう、しょう・・・て、
リア周りからのしゃらしゃら音が半端ないんですけどー
で流石にコレは今までのレベルぢゃないなとコースアウトして確認したら、

・・・チェーンケースが完全に破断してスイングアームとタイヤの間でお散歩してますよorz

あ、あぶねぇ。タイヤにずっと引っ掛かってたよ。走行中に落とさなくてよかった。
とりあえずどうしたもんかと思いましたが、とにかく外して走ることにします。
うーん、貴重な走行時間が(以下略

とりあえず気になることが一個解消したので走ることに集中します。
最後の一本目前の休憩時間にここのところずっと(多分、昨年以来)1コーナーでヒザ擦ったことがない。それも低迷している証拠かもねと話していたのですが、
コンパクトなラインで走ろうとすると私はココでヒザが擦れるようです。「こっ」と1タッチなんでムダなヒザ擦りではない。旋回がさっきより速いので速度の落ち込みが減ってムリないカタチで帝王コーナーに向かえる。
さっきまで今日は膝がタッチすることがなかった帝王コーナーで(マフラーばっかりかつかつ当たっていた)がりがりヒザが擦れるようになってくる。
左コーナーの進入もここんところ進入速度が一時期よりは改善傾向に有るためかスムースに入れる。まだまだ改善要だけど。
向きが変わりかけてもう大丈夫ってトコで全開にして最終手前のアプローチで2→3。また1コーナー目掛けて走ってまた「こっ」ってヒザ擦って。
こりゃ2本目(ボクにとっては1本目)のときと全然違う。30秒台には間違いなく入ってるはづ。てオレのLapShotを見ますと・・・

時がすっ飛んでいますよorz

ダレかキングクリムゾンを発動したヤツがいr・・・や。ジョジョごっこなんてやっている場合ぢゃない。
どうすっかな。コースアウトして直そうかなと思うも、ちょっと掴みかけてるこの時間帯のフィールが勿体ないので、
タイム計測なしで走ることに。
ストレートではどうしてもタイムが私より速い人にラップされちゃいますが、1コーナーの進入はオーバーテイクされた方々より私のほうがクイック。
ココで帝王までストレートなラインが作れるポイントでクリップ出来たら、ココで前を走る方に仕掛けることも可能なはづ。
今日は最後まで緩いS字で切り返さざるをえなかったから。
前のバイクを追っかけていったら帝王コーナーをずっとヒザ擦ったままクリアした。SRXならインベタもやはりアリなのだ。
立ち上がりで離されちゃうからココも3→2のアプローチをすべきと私もやっと思えてきた。続く左コーナーを2速まま進入が正解かもね。
そして、最終の立ち上がりからのスピードの乗せがやはりまだまだ。3速立ち上がりではタルいのだ。ココでスピードの乗りがちゃんと出来て、そのまま1コーナーの突っ込みが今日の感じで、そしてベストクリップが取れれば好タイムは間違いなし。

ん?オレ、今、イケイケどんどんぢゃね?
この身が詰まった感じがずっと続けば良いのだ。平均速度が上がると俄然、カラダがラクになる。
減速し過ぎて失ったスピードを取り戻すための努力って体力消耗するのね。そしてよっぽどのパワーの差がなけりゃ取り戻せないし。

後ろからじわじわとてらとしDukeRが近付いているのが分かってきて、あぁ、こりゃストレートで抜かれるなと思ったら案の定、すーっと抜かれる。
そのまま1コーナーに進入するので、2本目(ボクには1本目)ではあっさり引き離されたこの区間、今のイケてる状態ではどうかと追ってみる。
ラインが交錯する。てらとしDukeR、インのラインをトレース、オレ、奥目にクリップを取ってターン、がりがり。今の状態なら1コーナーでのヒザ擦りに自在感さえ感じるよ。
ちなみに本日の空気圧はF190kpa、R215kpaでした。標準より10kpa落としてみた。タイヤがうんこになりつつあるから。
進入も1本目とはダンチだって体感でも分かる。どうしたの?オレって感じ。
続く帝王コーナーへのアプローチ。てらとしDukeRの背中が近付くよ。おぉ、以前のようなシチュエーション。て前の人、このラップきっと手ぇ抜いてるんだよなと思いつつ。
進入までのリズムがいいから帝王コーナーでのヒザ擦りにも自在感がある。カラダがラクに入っていく。コーナー抜けるまでのアプローチはこれで良いんだ。
立ち上がりで、てらとしDukeRに少し離されちゃうけど。
だから帝王コーナー前で3→2のアプローチはSRXなら正解なんだよ。
そう言えばマフラーを全然擦らなくなっていたのにぐいぐい曲がるから、バンク角より荷重の掛け方なんだな。

続く左コーナーの進入も前のバイクより進入が遅くならないように心掛けて。3本目(ボクには2本目。え?しつこい?)はサイドスタンドが何度も接地するようになりました。
つまりはカラダをキレイに入れればヒザが擦れるバンク角なのは間違いないんだよ。
そして立ち上がりでてらとしDukeRに大きく離される。ということは進入を彼より速く出来なければ追うことは不可能ってこと。

うん。楽しい。前の時間枠の自分がウソのようだ。でLapShotを見る。6分何秒かを計測中。
このオレのLapShot(←まーさんからの借り物だって)、センサーをつなぐケーブルの本体側コネクタがちょっとバカになってるんでなるべく接するよう、ガムテで固定するよう埼玉救世主から仰せつかっておりますが、それに加えてガムテープでフレームに貼り付けてますがマフラー近くでかなり熱いのでそれで磁気が拾えなくなってるのかもね。
貼り付ける箇所にゴムシートでも付けようかな?

で走行時間、終了。キャブはイマイチも足回りは素直に曲がってとても良い。よく動いてくれた感じ。リアのダンピングを落として少なくとも悪い方向にはなっていない。次回もこのままで行こう。
おんなじ走行枠で走ってた人が休憩して見てるときにいい感じで走っていたと言ってくれたので、やはりタイムは良かったんだろうと思う。
オーバーテイクされる台数が俄然減ったしね。

私も月イチトミンに戻しますよ。
てらとしさん、次回は10/24か10/31にいたしましょう。

帰宅してタイヤを眺めた。

f0079865_09464972.jpg
右だす。

f0079865_09465711.jpg
左だす。

ラップ数が少なかったせいも有るけれど、そんなに荒れてないから後半の走り方はタイヤの使い方もひどくないようだ。

f0079865_09470128.jpg
オレ様もMotoGPのテクノロジーを遂に投入した。
Rタイヤにアシメトリパターンを投入・・・

てアブナイよ。切り込みがけっこー深かったよ。
翌朝確認したけど空気は抜けてないからダイジョブ。
うん、ダイジョブ。この切り欠きがウェットなコンディションのときに絶妙に効くんだと前向きにとらえよう。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2015-09-22 15:46 | ミニサーキットの片隅で | Comments(6)

Commented by てらとし at 2015-09-23 18:41 x
昨日は意外と走れてしまいました。力まずに走ったのが良かったのか。

リアのコンプレッションを途中で3しめて最後に2しめたんですが
タイムも最後が一番いいのが出ました。

来月は軽量された姿をぜひ見せてね。
Commented by nakamura at 2015-09-23 19:39 x
復調傾向ですな、11月1日はモトブレイク行きたいので10月24日希望~
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2015-09-23 20:07
>てらとしさん
>リアのコンプレッションを途中で3しめて最後に2しめた
つーことは私の想定の逆、リアの動きをシブくしたってことですね。

>来月は軽量された姿
そうですね。見違えたボクをお見せしますよ。ええ。
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2015-09-23 20:08
>レヲ
>10月24日希望
では10/24で。11/1にモトブレイクに行くお金は無いかも。
Commented by uzomuzo_saiin at 2015-09-24 02:45
ん??
タイヤの傷、もしかしてチェーンカバーの?
ひぇー危ないねー
しかし毎回イベント盛り沢山ですなぁ
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2015-09-24 19:22
>アニキ
マジ、スリップサインの深さくらいにはたっしているはづ。
ちゃんとメンテしないとなぁ…