はるばる函館。

カミさんと夫婦になって30年経ったつー記念に函館に行ってきましたよ。
(てことで内容はごくごく何もない画像いっぱいのカメラな旅行記です)




羽田空港から
羽田空港。電車の中とココでカミさんにRX100のレクチャーです。
ちなみにコレはマイワーク(RX100)。

天気予報通り、初日の関東は雨。
今回の旅の移動手段は飛行機。なので今回は羽田まで。
実は私、飛行機が苦手。こんな鉄のカタマリが空を飛ぶなんて信じられない。落ちたら高度1万メートル、絶対逝けるよね。
て、おいらが愛機走らせて起こす事故率よりリスクは低いのかも知れないけどさ。
やはり生理的にドコかで受付けない。
でも海を跨るかつ効率的に長距離移動するならほぼ避けられない旅のアイテム。
だから乗るよ。胸、ざわざわさせながら乗るよ。
あ。ボク、高所恐怖症では無いんだな。むしろ高いところは好き。

なので行く前に娘に、もしものことがあったら、まずは長男と私のご母堂(つまりはおばあちゃん)を頼るように言い置いてきた。え?何ですか。これってフラグ立ててますかね?

調べてみたら往路の便の機体はボーイング767、復路の機体はボーイング777だった。
車内を見た、ヨメの指摘どおり777のほうが新しい機体。そして、777のほうが大きい。
なんで気になったかというと、テイクオフとランディング、気流が乱れたときの挙動が767のほうがダイレクトだったから。
調べてみるとなるほどね、な感じ。

赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫
赤レンガ倉庫。これはマイワークス(DP2X)。

ボクのアナクロな不安をよそに無事、宿には15時過ぎに到着。
こちらも天気予報どおり快晴。すばらしい。さすが北海道、梅雨の無い国。
ぢゃあ、カメラ持って散策しようかと手近なフォトジェニックなスポットに向かいますよ。
函館港~元町エリア~函館山なルートで。

で、最初に立ち寄ったのは↑赤レンガ倉庫。うーん、横浜の赤レンガとおんなじなコンセプトのショッピングエリアでしょうか。
こういうリノベーションものって似通っちゃうんでしょうね。
とか言いながら、三脚立ててお気軽スナップが撮れるRX100で夫婦の2ショットをココで撮った。
毎度の如くアップしないけど。

末広町あたり

末広町あたり
そのまま末広町あたりを抜けていきますよ。これもマイワークス(DP2X)。

もちろん、カミさんもスナップを撮ってました。

八幡坂あたり
八幡坂のふもと。ヨメワーク(RX100)。

三日間通じて、水平が出ていないとか、本人が思っていたより構図がぱっとしていないとか有りましたけど(て批評かませるほどの者には私もなれてはいないのですが)、それでも何枚かはムムムと私に思わせてくれるものが有って。
しかもおんなじ被写体だと、あれ?RX100+ヨメのほうが勝ってるってと思うものも何枚か。

遺愛幼稚園
コレはマイワーク(DP2X)。

遺愛幼稚園
コレ、ヨメワーク(RX100)。

↑これは元町教会近くにある幼稚園。ええ感じの建物だとスナップ。で私もカミさんとおんなじ構図(後姿)で撮ったのに、それは見事に水平が出てなかったと言う(苦笑
ココはボクの負け。

八幡坂
八幡坂。有名な場所ですな。マイワーク(DP2X)。

ハリストス正教会

元町教会
オサレな景色が続きますよ。コレはオレワークス(DP2X)。

元町エリアを上がり切って、函館山のロープウェイ乗り場へ。
ミシュラン三ツ星の夜景はこの旅の最大のポイント。

でしたが(苦笑)、

函館山より
18時前には到着。まだ、景色が見えました。オレワーク(DP2X)。

函館山より
夕日もいいね。オレワーク(DP2X)。

函館山より
この時期の見頃は19時半~とか。だんだん人が増えてきた。オレワーク(DP2X)。

つーか、ほぼ、手摺前には三脚軍団が陣取っていて(場所取りとも言う)、自分も三脚持って来たけれどこりゃムリかな。
カミさんが座った隣のチャイナな大阪の留学生な女子二人からカミさんが聞き出した話だと、15時頃からこの三脚軍団は出張っていたと。
ふーん、それくらい気合入れなきゃダメなんだね。

函館山より
飛行機雲。ヨメワーク(RX100)。

カミさんが確保してくれた場所に二人で座っていたけれど、程なく私たちよりご年配なご夫婦が来られて椅子ではない通路に座ろうとしていたので、席を譲ることに。ってカミさんが声掛けたのに席から立ったのはオレだけと言う(苦笑)
後で聞けば、カミさんは奥様に呼び止められたんだって。

函館山より
しょうがないんでうろうろしつつ写真を撮って。オレワーク(DP2X)。

だんだん、DP2Xの手撮りぢゃキビシクなってきたよ。

函館山より
19時半にはこんな状態。夜景を見るというより夜景を見てる人を見る状態。オレワーク(RX100)。

記念撮影な業者さんスペースやら、三脚軍団やら、その隙間に捻じ込んで行く方々やら、民族も大和民族、チャイナ、コーリア、アジアン、欧州、USA入り乱れて。耳に入る言葉を聞いているとチャイナな方の比率が多かったよ。
円安を享受してるのね。

また、カミさんのトコに戻ったら席が空いて三脚立てるスペースが出来たから、ちょっと立てて撮っていたけど、いい画は撮れませんでした。
座りたそうにしているアジアンなご家族が来たから、すぐに撤収しちゃったし。
うん、こうなっちゃうと、どうも撮る気が失せる。場所取りまでして撮りたいとは思えない。
カミさんに後から聞いたけど、車椅子な方が来て、この人ごみを見てあきらめて帰られるところを見たそうな。
確かに、そりゃ、ちょっと悲しい。も少し改善出来ないものか。なんて思ったり。

ちなみにカミさん、前の若いカップル、右のチャイナな女子大生二人、左のご年配のご夫婦としっかりお友達になっていました。
彼女のこういうところは尊敬するなぁ。カミさんの社交性はオレより間違いなく優れているよ。

とにもかくにも20時前には私達も撤収。でもロープウェー乗り場も大混雑。下山する頃には20時をしっかり過ぎましたよ。

夜の元町教会
こんな景色のほうが私は愛おしい。オレワーク(DP2X)。

函館山の喧騒が嘘のよう。
あちこちの洋館、教会がライトアップしているのでそれ目当ての散策する方々がいるも、それはまばら。
人種も日本人な方々くらいしか目にしない。

流石のRX100(プレミアムおまかせオート)もここまで夜が深くなるとまともな画は撮れないようです。
フラッシュが焚かれますし、ISOも高感度に切り換わって、白飛びしまくりに。
ここは三脚立てて、シャッタースピードをちゃんと長くしてしっかり撮るべきなんですな。

なんてゆっくり散策していたら、21時近くに。
食べるトコがどんどんしまっちゃうよと飛び込んだのは、宿近くの函館ベイ美食倶楽部って言う各種レストランが立ち並ぶトコの「きくよ食堂」。
チェーン店な構えなんで期待してなかったけれど、出て来た料理(わし、ウニ・イクラの海鮮丼、カミさん、銀鱈の焼き魚+酒肴何品か)は美味しかった。
漁港の近くは海鮮ものは美味しいね。

で中1日となる翌日。

十字街
十字街電停。オレワーク(DP2X)。

今日の移動手段は市電。一日券をホテルで買って出掛けます。
前々週に都電荒川線を実は撮ったりしに行ったけれど、函館の市電はしっかり市電になっていて、走る姿がカワイイ。微笑ましい。

二十間坂ふもと
二十間坂。カミさんも手持無沙汰ではないのでのんびり撮っていられるシアワセ。オレワーク(DP2X)。

元町あたり
元町あたり。オレワーク(DP2X)。

日和坂あたり
日和坂あたり。オレワーク(DP2X)。

小林寫眞館
水曜どうでしょうの特番に出てましたね。オレワーク(DP2X)。

SDIM8761

函館どっく前

函館どっく前

函館どっく前

函館どっく前
市電ラブ。オレワークス(DP2X)。
ちなみにこの市電、おんにゃのこが運転士さんでした(可愛いかった)。
このコがこの終点で運転手カードを落とした時、思わず拾って感謝されたもんね。

函館どっく
函館どっくの回りを徘徊する。オレワーク(DP2X)。

結婚30周年の記念旅行にこんなとこ、うろつかせられたらフツー怒るよね(苦笑
でも、カミさん、カメラデビューなんで意外や付き合ってくれます。

函館どっく
オレワーク(DP2X)。

函館どっく
ヨメワーク(RX100)。

おんなじ被写体。カミさんの画、偶然こうなったのかと思いきや、わざと傾けてみたとか。
でも、こうして見てみると垂直が割りと出ているのよね。
確かにこれもイイなと思ってしまうのはボクだけ?

少し、雨がぽつぽつ降り始めたので一旦、逃げてみようかと市電の人に。
カミさんのたっての希望で、

トラピスチヌ修道院
トラピスチヌ修道院へ。オレワーク(DP2X)。

市電の一方の終点である湯の川電停まで行くと、市街地はけっこーな降りだった雨が上がって晴れ間さえ。
でも、目的地はココから2kmくらいあるらしい。
さくっと調べると湯の川バス停からバスで行けるようですが、シャトルバスも路線バスも待ち時間がたっぷり有る。
どうしたものかとあたりを見回せば、こういうお客(←オレ達)を拾おうと待ち構えているタクシーを発見。
早速、声を掛けます。2kmだし二人分ならバス代と大して変わらないもの。
なのでココからはさくっと着いちゃいました。

で、トラピスチヌ修道院。
お初の私に対して、学生時代に訪れたカミさんがココは記憶に強く残っていて、だから来たかったとのこと。
最初は面倒臭くって行くの渋っていた私ですが、行ってみたら静かで何か良い。

トラピスチヌ修道院
ココは女子な修道院。オレワーク(DP2X)。

トラピスチヌ修道院
修道院から雨上がりの函館山を望む。ヨメワーク(RX100)。

トラピスチヌ修道院
女性たちの修道院。すなわち修道女がいる場所だ。オレワーク(DP2X)。

トラピスチヌ修道院
清らかさえ感じる、その木漏れ日の中で、
ボクは「修道女」という響きにそこはかとないエロスを感じr・・・バキッ!!( -_-)=○()゚O゚)アウッ!
オレワーク(DP2X)。

や。来てよかった。

帰りはシャトルバスで湯の川バス停まで。そしてそこから程無い距離の湯の川電停まで歩いて。
お腹が空いてきました。
市電に乗っていて大町電停近くで見掛けたラーメン屋の上り目指します。

大町あたり
そろそろおまいらの旅行は観光ぢゃないと言われそうだ。オレワーク(DP2X)。

立ち寄ったラーメン屋さんは「福々亭」。
予備知識は全く無かったのですが、おや?有名らしいです。ぐぐったら「函館塩ラーメン三傑の一店」なんて出てきましたよ。
私が食べたのはネギチャーシュー。うん、確かに美味しい。
悪いけど喜多方の坂内食堂の塩ベースのネギチャーシューなんか足許に及ば(ry

燃料補給もしたのでカラダも回復。
函館どっくから本当は行こうとして雨になったので行くのを止めた、元ロシア領事館に向かいます。

大町あたり
福々亭から歩いてすぐに港に出れます。オレワーク(DP2X)。

大町あたり
天気が回復して良かった。オレワーク(DP2X)。

大町あたり
オレワーク(DP2X)。

大町あたり
ヨメワーク(RX100)。

これは完敗です。いい画だ。すげぇよ、RX100のプレミアムおまかせオート(ヨメは褒めないのかい?
オレなんて水平が出てないし。
なのでもう一丁。

大町あたり
オレワーク(DP2X)。

大町あたり
ヨメワーク(RX100)。

明るい、よりビビッドな画がお好きならRX100ですな。
Flickrあたりの拡大画像ならDP2Xの解像感もあまり生きない。え?お前のウデ不足ですって?
ボクは渋めな色合いのDP2Xのほうが好き。

弥生町あたり
水が見えて、かつ見切りの良い景色は清々しい。オレワーク(DP2X)。

姿見坂
姿見坂。函館の坂としてよく紹介されるのは八幡坂だけど、
私的にはココもなかなかのフォトジェニックな坂だと思う。オレワーク(DP2X)。

ちゃりで一気に下まで滑走したら気持ち良さそうだ。

旧ロシア領事館
旧ロシア領事館。オレワーク(DP2X)。

ココは開放されていないんですなぁ。

旧ロシア領事館から
旧ロシア領事館から函館港を望む。オレワーク(DP2X)。

この後ろが更にこう配がキツくなる急坂なんだけれど、老夫婦が手を握りながら「後、もう少し」と言いながら上がっていく。
あんなふうになりたいねとカミさんが言ってくれることにむしろ、オレはシアワセを感じた。

旧イギリス領事館

旧イギリス領事館

旧イギリス領事館
旧イギリス領事館。こちらは一般開放されています。オレワークス(DP2X)。

旧イギリス領事館に立ち寄りながら、再び大町電停まで。
流石に歩き疲れたので、一旦、宿に戻ります。
途中、折角だから小洒落たカフェにでも立ち寄ろうと提案したら、それよりビールが飲みたいとカミさんがのたまい。
そういう気温なんだけどね。
でも、湿度低く爽やかでしたよ。が、道内の人に言わせると函館はまだ湿っぽいんだって。

日和坂
日和坂を見上げる。オレワーク(DP2X)。

そう言えば、この日和坂を下り切った大町電停のある十字路の一角に、北島三郎記念館が有った。
「入りたい」と言うんで「ホントに行く?」と聞いたら「行かない」って(苦笑
少し休憩して疲れを取ってから、トラピスチヌ修道院に向かうタクシーの中でカミさんが運転手さんからリサーチした函館駅近くのオヌヌメの店に向かいますよ。

函館駅
函館駅から。オレワーク(RX100)。

DP2Xはもう手仕舞いと置いてきちゃったけれど(三脚ももう持ち歩きたくなかったので)、
落ちていく夕日が素敵だったのでカミさんから貸してもらってオレのRX100に(違

目的地は函館朝市場の中の海光房。て行ってみたら満席なんで席待ちに。私達の前に2組待ちとか。
なのでカメラ散策でひまつぶし。またココで夫婦のスナップをセルフで撮った。や。ココにはアップしないけどさ。

函館トワイライト
函館トワイライト。ズームするとボリューム歪像は消えるんだね。オレワーク(RX100)。

摩周丸
摩周丸。オレワーク(RX100)。

摩周丸
摩周丸。オレワーク(RX100)。

RX100。やはり暗さに強いカメラです。
私が撮った画像も全て、プレミアムおまかせオート。函館港の夕景は光学ズームの上限2.6倍で撮ったけれど。
確かにお気楽にスナップが撮れるイイ、カメラです。

なんてことしていたら、思っていたより結構早い時間にお店から電話が掛かって来て。
地元のタクシーのおっちゃんのオヌヌメ、確かに美味しい。
食べ物は外れないなってこのときは思っていた。

市役所前電停
市役所前電停。オレワーク(RX100)。

市役所前電停
市役所前電停。一日券の元は取れたよ。オレワーク(RX100)。

これくらい明るければまだ撮れる。F1.8は伊達じゃないなぁ。ISOも適宜変わっているけど。(乗客が見えるのがISO250、走り去るのがISO800)
すっかり良い気持ちになったとさ。

で翌日。
・・・うぅ気持ち悪い。そしてトイレがお友達に。
あぁ何か、この感じはかつてカキにあたった感じに似てる。それよりは弱めだけど。
何に当たったかと推察するに、恐らくエゾアワビの刺身、その中にあった肝にあたった模様。
初めての食べ物は火入れないとダメですなぁ。
そしてカミさんも何かに当たったとか。こちらは突き出しのエビだった模様(苦笑

それでもホテルで朝食を済ませて、みやげを買うんだと、函館朝市場へ。
だけど今の季節、カニとかは実が痩せてるんだよね。なので昆布とワカメを買って終わりにして。

函館朝市場
函館朝市場の対面に有った、長ーい長屋。オレワーク(DP2X)。

もう旅も終わりなんだねと思いつつ、函館空港へのシャトルバスに乗り込んで。

函館空港から

函館空港から
函館空港。オレワークス(DP2X)。

乗るべき便に搭乗手続きする前のひとときをカメラで潰します。

函館空港から

函館空港から

函館空港から

函館空港から
函館空港。連続した風景。飛行機ってイイ。オレワークス(DP2X)。

こんなに良いお天気なのに、関東は雨なんだとかって信じられない。
さよなら、函館。

東京駅
一転しての雨の世界。オレワークス(DP2X)。

たった1時間のフライトで世界が変わる。
羽田モノレールで浜松駅。浜松から京浜東北線で東京駅。あぁ、どんどん現実に回帰していくんだね。

東京駅

東京駅

東京駅
DP2Xのメモリがいっぱいになった。なので全てRX100。そしてオレワークス。

東京上野ラインで東京から乗れて、おらが町に停まる特急を待つ間もカメラ持ってうろうろして。
カミさんも何枚か撮っていたけど↑は全て、おいらが撮ったもの。
カメラって良いね。それが良い画を吐き出してくくれば、なお良い。

後はフツーに特急に乗って最寄の駅まで。ただいま。

ほんの数時間前まで函館に居て、今、梅雨空のおらが町に居る。
現実に回帰したはずなんだけど、却ってそれが非現実感を感じますわ。
今年最大の夫婦イベントはこれにて終了。次はドコ、行こうかな。

とその前に、今年最大のバイクイベントの準備をそろそろしないと。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2015-07-11 22:37 | カメラ散歩 | Comments(6)

Commented by ガス at 2015-07-12 08:58 x
お!!! 函館山の夜景で奥さんとふたり
「スキ」とか「ハート」とか探したの?? wwww
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2015-07-12 11:49
>スキとかハート
見えるんですってね。

知ってはいましたけれど、そんなもん見る余裕もなく。
今度、あそこに行くときはちょー円高になったときにしますよ(苦笑
Commented by ウヲ at 2015-07-12 19:06 x
奥サマWORKSに一票!
RXはムービーも秀逸です。お試しあれ。
ウチも30周年、行ってみたいなぁ、タヌピチ修道院(違
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2015-07-12 20:15
>一票
え?どれですか?
今、おだてておけば、ボクのカメラライフが更に豊かなものに(←悪人

>タヌピチ修道院
私の二つ名と彼のHNを足したような名前の修道院だなとは私も思ってました。
Commented by nakamura at 2015-07-13 22:09 x
日が落ちたころに外人墓地行ったら怖かった記憶がw
奥方の函館どっくの構図に一票!
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2015-07-13 23:07
>外人墓地
函館のはけっこーな町外れですからね。
ボクらは行くの止めました。

>一票!
ヨメをおだてておきます(笑