酒呑みあれこれ。

お歳暮購入の序でにマッカランの12年ものを買って貰った。
買ったら、ウチ飲みが俄然楽しくなった。
絶対、正月中に飲み干してやろうと思っていたけれど、晦日の高熱で飲み干せなかった。
その前日にR1の旧友と飲んだとき、どうもインフルに感染したっぽい。
医者に行けなかったのではっきりとは分からないのだけれど、
39℃の高熱なんてココ数十年出したことないから間違いない。

旧友と言えば、ようやく自分の時間を持てるようになったようだが、ほぼインドアな生活らしい。
それでも今年は一度、トミンとか走ったらしい。
何だ。声掛けてくれりゃいいのに。
また一緒に走ろうよと言ったけれど、彼の返事は歯切れ悪かったなぁ(苦笑
酒のペースはオレの3倍速いのに。
でも、フツーに酒飲んで二人合わせて諭吉さんが三人飛ぶ酒飲みって何なんだろ?

f0079865_18011003.jpg
コイツはスイーツなモルトウィスキーだと思う。

でも、やはり旨いなぁ、酒って。
バッカスこそオレの崇拝する神様のプライマルって気がする。

なんてことしていたら、1月末に健康診断があった。半世紀オーバーだから半日ドックなんだけどね。
Toohoo'sはクスリ飲んでるし、緑内障は何年に一度、眼医者に行ってるからって話をすれば手応えなく終了。
敵は悪玉コレステロールただ一人。きっとこのままだと、コレも薬飲むんだろーな。
うっすいクツ履いて青い魚食べて下がった人がうまやらしいよw
と言いながら酒のつまみにナッツを食べて(←悪玉コレステロールに効くらしい)、最期の悪足掻きしてますけど何か?

SDIM7161
人間ドックの後、散歩した。

SDIM7188
世界的に見ても変わったかたちの建物だよね。コレは誇っていいのかも。

久々の水戸なので水戸芸術館に立ち寄った。
ヂョン・ヨンドゥ「地上の道のように」展を見た。芸術に国境は無いと思わせられた。
こう言うと語弊が有るかも知れないけれど韓国があまり好きではない私が楽しんで見れたから。
韓国が何で嫌いかって?
パナソニック、シャープ、ソニーなんて名だたるエクセレントカンパニーをダメな企業に貶めたから。単純に悔しいだけ。
捲土重来。日本人ならそう思ってるよね。
でも、対する相手の優秀さは認めなきゃいけない。そうでなければ弱点すら見つからない。ガンバレ、ニッポン。
そう。ボクたちはそんなに弱くはないはずだ。
(↑こんなとこが厨二病なんだと思う)

SDIM7205
イチバン良く見える姿は無いかと探していた。

SDIM7211

この日は火曜日。ボクのかつての夜の河岸の一つは定休日。もう一軒は店主が「しばらく休業します」ってTwitterで宣言していたからお休みって分かっていたけれど、その脇を通ったら、そのパートナーな方にお会いして、その理由が分かって。あーぁ。

SDIM7225

昨年末から年明けに掛けて、天童荒太氏の「家族狩り」を読んだ。ドラマが良かったから。
でも全5巻て何の嫌がらせかと(苦笑
この「家族狩り」、初版ハードカバー(1巻)から私が読んだ文庫版は大分、加筆されて5巻になったとか。
何でも初版を発表してから何年か経っての文庫化にあたり、発表後の後の作品「永遠の仔ら」あたりで付いてくださった読者に対して、
初版のまま文庫化するのは如何なものかと作者が考えられての結果らしい。
とどのつまり、一言でまとめちゃうと初版の救いのなさからもう一歩、再生を目指すような話にしたかったんだとか。

で、文庫版を読んだ感想はと言えば、私的にはドラマのほうが良かったかなと。
ドラマは主要登場人物の一人、高校の美術教師の巣藤が原作のイメージとは違う、
チビノリダーこと伊藤淳史さんが演じていることが凄く救いになっている気がした。
やぁ、彼はいい俳優さんだと思うよ。(←カラダが小さいからそこはかとなく親近感を覚えているらしい

そして、私としては後書きから伝わる文庫本よりバイオレンスらしい初版を読みたいかなと。
文庫本で出ないかなぁ。

先週、もう一度、水戸に行く機会が有った。
て書くあたり本当に自分、おらが町より北方向の電車で向かうエリアにとんと行かなくなりました。
なので水戸に有るオレの夜の河岸もとんとご無沙汰。

SDIM7271
だから寄ってみた。

マスターに聞けば、ホールスタッフな子たちが卒業やら就活やらで辞めてしまうらしい。
なので募集を掛けてるけどなかなかなかなか。
あぁ、そうなんだ。じゃあ前回訪れたときに会ったニューフェイスなおねぃさんとも会えないのね。
と一抹のさみしさを半世紀オーバーなおぢさんが味わっていると、スタッフな子らしき人が入店。
違う子だとてっきり思っていたけれど、実はその子だったと言う。
どうした?オレの顔認識機能。
オーダ聞いてもらってる中で、↑の画像撮ったりしてカウンターに置いてたDPに、そのかわい子ちゃんの目が止まり、
「見てもいいですか?」だって。
聞けば、彼女、カメラ女子だとか。
今はCANONの型落ちミラーレスを愛機にしていて(スマホでコレですって教えて貰ったのに、もう記憶の忘却の彼方だ)、
実はその前にもっと女子向けのボディが軽いモデルを手に入れたけど、
どうにもしっくり来なくて、現在のそれより重いモデルを手にしたとか、
ゼミの課題とかで東北あたりで行き会う人に声掛けてポートレートを撮ったとか、
もろもろ、そんな話をしてくれて。何かね、頑張ってしゃべってる感がとてもかわいいのよ。

「マスター、この子がいなくなっちゃうのがホント残念です」

だから、本気でそう言ってしまったよ。かわい子ちゃんも笑ってくれていたっけ。

帰る間際にもう二度と会うことはないでしょう的なことを言ったら、
「そんなこと言わないでくださいよ」と社交辞令的に言ってくれたので、
「ぢゃ、また」って言ったけれど、きっともう会わないんだよね。おぢさん、そういうことは分かるんだ。

さよなら。かわい子ちゃん。




1月に湯煙亭で新年会でもやりましょうと声を掛けてみた。
でも他の人の都合とか、亭主な方々の都合とかであれよあれよとリスケされて、
旧正月も過ぎた先週末に日取りが相成って。
この寒い季節かつインフルやら風邪やら流行ってますし、
翌日、まともに社会復帰するなら、イチバン、カラダに負担のない電車がいいよねと、それ一択で湯煙亭まで向かいます。
加えて今のボクなら東京から目的地までの運賃で行けちゃうからね。

SDIM7272
このビルの色がウソっぽくて妙に好きです(苦笑

結局、新橋から東海道線に乗って車上の人に。(ボクのばやい、ココまで自宅からロハで来れるの
昨年、人間ドックで立ち寄った函南駅あたりの景色が良いなと思ったので、そこで下車しようと決めてみて。
(ちなみに後で聞けば函南駅から湯煙亭まで10kmくらいあるんだって。実際測ってみたら11.6kmだった)

車上のお伴に持って来た小川洋子氏の「博士の愛した数式」を藤沢あたりで読了した。
これを手にしたのは昨年の義姉夫婦たちとの旅行での車内で鑑賞した映画版が良かったから。
でもね。原作はもっと良かったよ。
褒めコトバとして「かわいい物語」と私、よく書いてますけれど、コレの褒め言葉にふさわしいのは「うつくしい」。
緻密な流れが最初から最後まで一貫して続いていく、そしてちょっと不思議な雰囲気を終始纏いながら、だけどひけらかすことはないけど、高い技巧で綴られる文体もさりげないが美しい。ドラマチックかと言うと、決してそうではないけれど、何と言いますか静かな中にも力強いうねりがある感じがとても良い。見事だ。
本当に、うつくしい物語だと思わせられた。って私ごときが言うのはホントおこがましいのだけれど(苦笑
ボクの大したことのない読書歴の中でも読んだ面白い本のベスト3に入ったかも知れないよ。
映画を越えたとは書きましたが、深津絵里さんは嵌り役だったと思います。
(他の役者さんとか映画での演出も映画としての作りとしては全然アリなくらい映画も良いんですけど)

「博士の愛した数式」を途中で読み終わるとは分かっていたので、続くお伴にと手にしたのは原田マハ氏の「楽園のカンヴァス」。
コレはコレで面白いのだけれど(まだ読み終わってない)、
さっきまで読んでいた物語と比べると明らかに「精度」が落ちると感じちゃったよ。
以上、本日の読書感想文は終わり。

SDIM7283
熱海駅。

湯煙亭ご亭主のアドバイスをちゃんと聞いて、熱海で一度下車した。(聞くんだよ、こんなオレでも
この先、関東圏から出ちゃうからsuicaで改札がスルー出来なくなるんだよね。
改札で精算すればOKだけど、下車しようと思っていた函南て駅がショボいから精算で時間が掛かって面倒かもと、
熱海で一度改札抜けて切符を買いましたとさ。
つーか、新橋で新橋~函南の切符買えばいいんだけどさ。

SDIM7295
熱海から函南へのこのトンネル抜けるときのトンネルが小さくなって、
トンネルの明かりだけになっていく景色がキレイだと思った。

函南に到着して何枚か画像撮っての駅の改札を抜けて、ちょっとケータイをチェックしたら、
カミさん、娘、gizmoさんからメールが入っていて。カミさんたちの方からは着信も有ったので何事?って思い、
電話入れてみたら、娘の来年の成人式の着物をあちこちの着物屋さんに見に行こうと出掛けたらしいけれど、
その一軒目で「コレ、買う」と娘が決めてきたとのこと。男らしいなぁ。
確か、レンタルにしようとか話していたのに。
金額を聞けば、あともうちょっと追金すればNinja250SLがもろもろ諸経費込みで買えるかなって感じ。
やれやれ。お父さん、頑張るよ。

SDIM7297
函南駅。オレとしては水平がちゃんと出せた。と思う

gizmoさんのメールを見れば、ボクの所在確認。メール上では彼も東海道線で粛々と静岡入りする途上な模様。
函南で下りますメールをとりあえず送ってみて。

SDIM7305
函南神社から。や、お賽銭箱すらない小さな神社でしたが。

この日はお天気と聞いてたけれど、ここいらあたりから雲が濃くなって。
も一回、ケータイをチェックしたらgizmoさんは三島あたりの模様。今、そこらへんでは雨がぱらついているらしい。おやおや。
そして、おまい何で函南なの?とも書いてあった。
でも、それには返信せず放置。ココロの中で湯煙亭でお会いしまょうと呟いて。(←伝わらねぇよ

SDIM7317
それでも日が射す瞬間にはカメラを持ち出して。

函南の役所の十字路って「岐れ道」て言うんだね。何か良いね。恐らく昔からの地名なんだと思いたい。
平成の大合併を潜り抜けて各地、古来からの地名が失われちゃったものね。
おらが町の地名も「~何丁目」になっちゃったし。

途中、歩いてたら「柏谷横穴群」て看板が目に飛び込んだので、そこに立ち寄ったり。
静寂な遺跡群の中に佇むオレ様の姿を、ソコに行くまでは思い浮かべていたけれど、それはファミリーな公園の真っただ中に有って、まぁ、そこいら一帯のご家族の憩いの場的な感じ。
静かだったら写真でも撮ろうかと思ったけれど、この賑わいではちょっと・・・な感じ。
横穴にお子ちゃんもいるからカメラなんて構えたら盗撮な輩にも思われ兼ねない。いや、ホントに。
なので「壁の目」に似てる(ジョジョリオンかよ)という感想をココロに呟いて、その場を立ち去り。

SDIM7338
富士山はコニーデ型火山の中でやはり群を抜いて美しいフォルムを誇っていると思う。

ホントは韮山反射炉にも立ち寄りたかったけれど、カメラ散策しながらの行程なので遅々と捗らず、日がすっかり傾いてるし、天気も曇天になってるし。
今回は諦めて、何はともあれ湯煙亭に向かうことに。もち徒歩で。
そして16時過ぎには湯煙亭に辿り着いたのですが、
あぁ、そう言えば3年前に子犬がいたけれど大きくなっちゃったんだろうなぁなんて思いながら湯煙亭の門をくぐりますと、
おや、綱を引き摺って一匹のわんこがボクに向かって来ますよ。
うをっ。こりゃまずい。

・オレ、この子の名前を知らない
・もうすぐ着きます的な連絡はしていないので亭主な方々の出迎えはない。
・今更、電話掛ける余裕はない。

なので湯煙亭の扉までこのまま向かってみることにした。

かぷ

ん?今噛んだよね?オレのこと噛んだよね?オレのふくらはぎ噛んだよね?

かぷっ

また噛んだよね?オレのことまた噛んだよね?オレのふくらはぎ、また噛んだよね?しかもさっきより強いよね?

がぷっ

噛んだよね?オレのこと噛んだよね?オレのふくらはぎ噛んだよね?しかもさっきより強いよね?おまけに今、首振ったよね?振ったよね?

・・・やべぇよ。まぢで、このわんこにふくらはぎ、穴開けられちゃうかも。
でも、やめれなんてアピールしたらそれこそ、この子を興奮させちゃうかもと、
わんこは見ずにごめんねごめんねと言いながら湯煙亭の呼び鈴を押して。
亭主な方々が出て来て事無きを得て。
や、ホント、ごめんね。ウチの狂犬よりナンボか君のほうがご主人にとっていいわんこだよ。

この後はおぎんさんがgizmoさんが最寄駅に着いたので迎えに行くのを見送りながら、
淹れてくれた珈琲をすすりながらyui姐さんと世間話をして。
そうこうしているうちに、gizmoさん→totoさん・すすむさん組とやって来られて。
makotoさんを駅に迎えに行くタイミングでぢゃあ風呂行きますかと湯~とぴあ函南へ。
て湯煙亭に向かう途中でオレ、この湯~とぴあの看板見たな。

ココからは例によって記憶が怪しいので箇条書きと行きましょう。

・テニス肘になった方を見て、自分たちに訪れた年齢ってヤツを痛感した。(その後、如何ですか?
・タイムセールっつうのは庶民の味方だね(←姐さんの買い出しに付き合って。あ、いぶりがっこ食べれなかったよorz←そんなことで落ち込むか
・あのね。こんな小市民なボクをアウトロー(ならず者とも言う)扱いするのは止めてよね。
・アンジェラ(アンギュラだよアンギュラ)とテーパーとボールの違いを図解入りで骨がハニカムなヤツに説明してもらった。
・てか、この集まり、一度はサイボーグになったヤツ多いよね。ゴローさんなんてずっとサイボーグのままだし。あはは。
 (↑骨くっつけるプレートのことを言ってるらしい)
・親方、キミには休肝日がまぢで必要だと思うよ。
・ゴローさんとオレの掛け合いが面白いって言われたけど、オレは次に彼と山に入った時がオレの散る時だと確信してる(ガクブル
・何故か、オレの子供たちの成長ぶりをオレがここの人たちにカミングアウトする場になった。
・モノホンの経験てホント、面白いよね(←詠み人知らず
・ボク、厨二病。
・明日がツラくなるから早く寝よって決めていたのに結局、5時まで飲んでクダ巻いていた。
 や。ちっとも現実的なハナシをしてない、おいらは却って立派だなと自画自賛(そうなの?
・なので翌朝の姐さんの主婦的機能を甚だしく破壊してやった。
・だからtotoさんのモーニングのご賞味に授かれた。
・TVで見るとさ、今のYouTubeの画質て良いんだね。
・すげぇ二日酔いのぶり返しが来た。ホント、もう若くないんだね。
・ファンカーゴでの湯煙亭から三島までの道のりはだからとてつもなく長かったよ。
・三島から熱海までの間に「永遠」って概念を思い知ったよ(←やはり二日酔いがひどかったようだ
・熱海でgizmoさん、makotoさんと別れた後、オレの気分は畑中葉子になったよ。(「後ろから前から」って言いたいらしい
 東京駅に着く頃には復調したけどね。

で18時過ぎには自宅最寄駅に辿り着き。
やぁ、出会ったときはそれぞれに峻烈な印象が有った方々にも長い年月が流れたのねって感じた新年会でありました。

ちなみに私なりに、厨二病を定義してみた。

・斜め上の展開が(自分だけには)訪れると信じている
・自分の限界はまだまだこんなものじゃないと思っている
・そして何より、その言動を聞くにつけ見るにつけ、周囲の人がイラッとする

でもね。
イタいけど↑って意外と人を突き動かす原動力って気が最近しています。
笑われたっていいじゃない。
こんな厨二気質を原動力に今年は頑張ってみようと思います。

まだお付き合いいただいてる方々、
そして、だんだん会う機会がどんどん少なっていく方々、
また、お会いしましょう。是非とも。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2015-02-14 22:20 | つらつらと四方山話 | Comments(4)

Commented by nakamura at 2015-02-15 09:08 x
サイボーグねいさんに鎖骨会ステッカー進呈してないや。
成人式、娘は金掛かったけど息子はコナカのスーツでいいから楽だわw
それでも新品のロッソⅡ3セットは買える金額だけどなorz…
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2015-02-15 09:50
>成人式、娘は金掛かったけど
おんにゃのこは掛かりますなぁ。
ウチは息子が先だったので男子の金の掛からなさは学習済みw

・・・Ninja250SLほしいなぁ。
Commented by ShinJi at 2015-02-15 18:46 x
やあ、久しぶりにお会いしたかったんですが、
インフルにかかった時期が悪かったのが残念です
誰かさんとの掛け合い、聞きたかったナー
またお会いしたいですね<半分社交辞令

春の陣来ませんか?
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2015-02-15 20:02
>Shinjiさん
>インフルにかかった時期
今年はけっこー流行りましたよね。
年末にり患した人が周囲にあちこち(地元、都内の職場問わず)でしたから流行ったんでしょうね。

>聞きたかったナー
18インチのホイールとか、TMキャブにまつわる話とかでShinjiさんにお会いしたい人たち、いたみたいですよ(苦笑

>春の陣
仕事がデスマーチの真っただ中になるのが確定です。