今年1回目のトミン2015。

昨年はなんやかやで4月まで走ることが出来なかったトミン詣で。(詣でなんだ
今年は1月スタートと順調です。

f0079865_12093581.jpg
カコイイオレのバイクにピントを合わせたら、てらとしDukeRがピンボケした。
が、9時前では前日の雨がまだ残っていて、私達以外は軽のトールボディ車が一台のみ。
R1なんか出て来たらファンカーゴ以上の衝撃でしたが(苦笑)、出て来たのはミニバイクだったよ。

コースは走る頃には乾いているだろうと踏んでいましたが思った以上にあちこち水が溜まっていて、うーん、どうしたものかと思いながら、走行券を買いに行こうとログハウス風な事務所に入る手前でトミンのスタッフな方に一日います?と声掛けられます。
あぁ、2月いっぱい半日料金で1日走れるんですよねって私が言いますと、
それもありますが、奥の右(要は帝王コーナーの手前)が10時くらいまで日蔭だから凍っているんですよね。ちゃんと走れるのは11時からかも、とのこと。
おやおや、だからこんなに空いてるのか。
まずはコースの状態見て走行券買うのどうするか決めても良いですよと何とも良心的なこと言われて、
てらとしさんにもスタッフな方に言われたことを伝えて、どうしますという話をして、
ぢゃあ、コース見ましょうかということになってコースを下見に歩きます。
日が当たっているところのウェットな箇所は水溜りになっていて凍っていることは無かったのですが、
確かに帝王コーナー手前はアウト側、イン(ゼブラぎりぎり)は確かに凍っています。
その間はまぁ、フルバンクなんてことしない限りは現状でも走れそう。
今日は走らないって解は私にもてらとしDukeRにも無いので、最初は様子見で走りましょうってことに。
もう風が強くなってきたし、気温も最高が10℃となれば以外と早く乾くはずと踏みます。
なので走行券買って、準備して9時半過ぎにはイノイチバンに私がコースイン。
スピードは出せませんが、ライン取りの勉強にはなります。
帝王コーナー手前はぐんとスピード落とすしタイヤとも相談しているので3速ホールドで38秒台から少しずつペース上げて、まずは34秒台くらいでまずは周回一回目を終了して。(本日、ちょうど疲れるのが13ラップくらいだった)
凍結が目立つ区間も慎重に走るなら大丈夫だけど、最終の立ち上がりでアクセル開けて確かにちょいスライドするポイントもあり、ウェットであることだけは要注意な感じ。
そんなことてらとしさんに伝えて、てらとしさんが走り出して間もなく、私もまた出走して。
そんなことしていたら10時過ぎる頃にはもう全区間、タイヤが温まれば無問題な状態に。ボクはびびり入っていたけど(苦笑
で周回2周目でタイムはと言えば32秒台。まだまだ。
少ーし足長になった愛機のサスのセッティングはどんな感じかと言えば、ここまでは好感触。
1コーナーでのブレーキングのさい、今までより奥にイケる感じが出てます。

でも。

タイムに結び付かない。3速ホールドで頑張って31秒台後半だよって感じの周回3回目。
何か変化を付けなきゃいけない。
ここいらで他のお客さんも入って来ても(VTRな方と2stなミニバイクの方の2台。すなわち、がらがら状態)、コースの自由度は抜群。
いろいろ試すべき。
よし、自分的にココはタルいなぁと感じるところはすべて2速シフトダウンしてみようとトライ。
要は1コーナー、3コーナーから最終2速まま抜けて3速シフトアップをトライ。
・・・1コーナーでリズムがめっちゃ崩れたよorz
続く、2周目は1コーナーの2速シフトダウンは止めて、3コーナーシフトダウンにトライするも去年11月に作ったリズムに戻れない。
そして何度か最終まで2速ホールドで行くもどうも体感するエンジンの回転感で回り切ったと感じるところでアクセルを戻しちゃう。
「イケる」とレヲに聞いてはいても戻しちゃう。愛機を労わってしまう。
そんなこんなで31秒台後半にびしっとタイムがまたそろう状況に。

なので、また昨年と同じ3コーナーまで3速、コーナー手前で2速ダウン、立ち上がって体感的に吹け切ると感じたところで3速まま、最終に飛び込むを。
それを13ラップ1周回ペースで4度ほど。
途中、本日、スロー域でのすとんと回転落ちする現象に悩んでいた、てらとしDukeRに後ろに付かれます。(途中でエアクリを純正に交換した)
序盤のコースコンディション+↑のトラブルで30秒台ペースのご様子。(最終的に29秒台で本日は終えていたよ。今のボクには殿上人のように見えます)
ちょうど私がまずは行きたいタイムの領域なので、ココは頑張ろうと5ラップくらい後ろに従えて。きっと頑張れると歯痒いくらい抜けない状態と踏んで(をひ
徐々に後ろのプレッシャーが背後近辺に迫るところで頑張ってた時点が、本日、イチバン実の詰まった時間帯でありました。
でも続かない。3コーナー手前の2速シフトダウンをしくって失速して緊張の糸がぷつりと切れました。
(そう、今のオレの現状はこんなレベルなのです)
実際、本日のベストがココで出ました。情けないタイムでしたが。

f0079865_12094184.jpg
100ラップ越えて、ようやくプリロードいぢらなくっちゃって思った。スケール(←物差しね)を忘れたのに気付いたよ。

私の愛機、フロントにいちおうプリロードアジャスターを奢ってますが、装着するときどうにも入らなくて左のカラーを1mm削って装着してます。
なので、目盛りがないと左右の合わせが出しにくい。手持ちのタイラップとか工具とか目安に調整してもいいけど、
0.5mm単位での調整って出来ないよなぁと。
それにもう右手の握力がパンク気味(左ぢゃなくね)。
流石に30秒台くらいは出しておきたいと思うも、実が詰まった時間帯ってのにカラダを持って行けない。本日はもうタイムは望めない。
しょうがないので、いろいろ確認。

・ホームストレートの最高速をチェック→メータ読みで100km強が出ているのを確認した。実速80km/hか。
 見てる見てないでのブレーキポイントを鑑みると82km/hくらい?
・1コーナーの突っ込みポイントを探る→アウトベタでホームストレートをなぞりクリッピング奥目がベストだ。
 2コーナーまでがやはり直線的にアプローチ出来る。
・良いと思った今回のアシ→コーナーでの挙動は思ったよりずっとアンダー。
 以前のもう一曲りしてのええ感じのライントレースがない。
 動かないアシとはこういうことかと、2次旋回とはよく動くアシにして生まれるものかと。
 1コーナーでの飛び込みで早くバンキングするとリアがずっずっずってちいさく流れるのも感じた。
 リアの路面の押しが足りなくなるようだ。
 ケツを後ろに引くことで出なくなったから間違いない。
・でも、突っ込み時のブレーキング時の車体姿勢のフラット感は以前のアシより良い→それだけは好感触。
 なんとか折衷的なトコを探れないものか。

f0079865_12094416.jpg
計測開始して以来のイチバンの不出来なタイムだ。
不本意だ。本気でそう思った。

もう右手がパンク気味でもう(自分なりのええ感じで)走れない私と、休憩挟むとタレちゃうらしいてらとしDukeRともに、午前の部のみで帰還することに。
ベンチがぶっ倒れるくらい時折強い風が吹く中、13時までてらとしさんとダベって。
ちなみに真冬のトミン通いのためにてらとしさん、電熱ウェアを投入してきたよ(禁断のアイテムって言ってた
「禁断のアイテム」って聞くと何か淫靡な感じがしてどぎどきしちゃうよね?ね?(←ばか

トミンでてらとしDukeRとお別れしての帰路、あらためて愛機のアシを感じてみる。
一般道であれだけ良いと思っていたアシがトミンを走ってクソに思えて来る。
ちょっとしたコーナーに飛び込んでのライントレースに不満を覚える。あぁ、一般道でも分かるのだ。もっと愛機の声を聴かなければダメだったのだ。
そのうち、アクセルを開けていくと途中がごがこするようになって。まるでキャブのセッティングが合っていないフィール。
全開にしようとすると症状が出る。何だ何なんだと思いながら自宅まで走って、もうちょっとってトコで一度ぷすってエンジンが止まって。
走ってるからすぐ息を吹き返して。でその原因はバッテリーのマイナス端子側のボルトが緩んでいることにバイクを仕舞うときに気が付いて。
あぁ、真摯さが足りない。

そうだ。今年の私の漢字は「真摯」なのだ。(←確かにそんなこと、どっかで書いていたね
ダメな自分も真面目に見つめようじゃないか。
どうしてこうなってしまったのか。
オレ様の黄金のロードマップ(←「黄金の」って形容詞て)では、

①キャブをばっちりキメる
②アシをばっちりキメる
←今、ココなはずだった
③30秒台前半をアベにする
④トミンでタルいと感じるところを潰す
⑤29秒台に再突入する
⑥遠心力を終始感じられる走り方を作る
⑦トミン左コーナーを余裕でヒザ擦れるようにする
⑧29秒台前半を出す
⑨ツインテールに戻して、28秒台アベを目指す
⑩華麗にモテスリムにモバラで55秒台を余裕で出す


というのが今年の予定なのに(←今、思いついたくせに

むむむ。どうしよう。
そうだ。
今回の真摯さが足りなかったトコロを反省してみよう。

・体重が62.3kgに戻ってしまった。華麗にモテスリムはどうした?
 →正月太りは晦日からの風かインフルで回避出来たのに、ココ、二週間で油断したら戻っちゃった。
  しかもそれで半日ドックに臨んぢゃうという不始末。
  なので半日ドック後、毎朝してる運動の足の運動を今までの3倍にした。そうすると丁度30分くらいの運動になります。
  カルい汗かくし。
  昼ごはん食べても体重が増えなくなったし。
  ココからもう少し負荷掛けて、体重を59kg台に落とすのだ。そうなのだ。

・せっかくのお金払う信号も対向車も無い道を走る機会なのに、なぜアシくらいいじらない?
 →そうですね。スケールが無くてあきらめるなら、今度からはまずは回りの人に持ってませんくらい聞いてから
  あきらめましょう。てか、次回から絶対持参するよ。<スケール
  まずはF0.5mm、1mm戻しをやってみる。どうしても今のアシのコーナー進入でのフラット感が捨て難い。
  前のアシと今のアシのいいとこどりを探るのだ。そうなのだ。

・右手の握力がパンクした。
 →コレが今回のイチバンの反省点。ブレーキの握り込みの精度が落ちたので走るのを止めたけれど、
  カラダ的にそれ以外に疲労感はそれほど無かったので、もっと握るための右手の持久力さえあれば
  30秒台載せくらいは出せた筈だ。
  なので、昨日から1セット200回、握力の運動をすることに。(今まで1セット20回だったの
  ただにぎにぎするだけだから、仕事中もするのだ。そうなのだ。

・そもそも論として。
 体重が増えて、タイムが落ちたと気付いたのが昨年末でしたが、
 そもそも、以前に30秒台をラクに出していた頃の実が詰まった時間帯のカラダのフィールと、
 今の31秒台前半を出すときの実が詰まった時間帯のカラダのフィールが同じ。
 ということは体力が落ちたことが何よりの原因かと。
 今年は昨年よりももっと負荷を掛けてみるよ。総合的に自分なりのピークに戻さないとこれより上のタイムは
 絶対に望めない。
 それに昨年のモバラで足が攣った反省も含めて、足の筋力・持久力を高めたいつーか、
 せめて自分のピークに戻すのだ。そうなのだ。

・プラスの変化がやはり欲しい
 結局、右のフォームより左のフォームが固い。それは毎日のストレッチで分かっている。
 それでも恐らく、私のイチバンのブレークスルーが望めるところはカラダの柔軟性を、
 今より向上させて左側もラクラクヒザが擦れるようにすることだと思います。
 本日も左コーナーで一度、フロントを寝かせすぎて逝きそうになったものね。
 180度開脚はユメだけど、まずはそれを目指すのだ。そうなのだ。
 (ちなみに180度開脚。股関節の柔らかさだけで無く、背中の柔軟性も必要なんだって。
 そのストレッチもすることにしたよ)

と言うことで、オレ様の黄金のロードマップを再掲。(←「おうごん」てSMな方々の中ではうんこと同意gi(以下略))

①キャブをばっちりキメる
②アシをばっちりキメる
←物差し持ってばっちり決めるのだ。(←お前の「真摯」てのは、その程度かよ)
③30秒台前半をアベにする←次回は是非、ココに。
④トミンでタルいと感じるところを潰す
⑤29秒台に再突入する
⑥遠心力を終始感じられる走り方を作る
⑦トミン左コーナーを余裕でヒザ擦れるようにする
⑧29秒台前半を出す
⑨ツインテールに戻して、28秒台アベを目指す
⑩華麗にモテスリムにモバラで55秒台を余裕で出す


やはり、残りの人生は少ない。
今年は真摯に取り組むオレ様になるのだ。そうなのだ。

あ。ちなみにとりあえず今月はタイヤ交換だけにします。
それでも月末あたりに・・・いや、もう予約しよう。今年のオレは真摯なのだ。

2/28の午前中に予約しました。ご都合合えばご一緒しましょう<てらとしさん

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2015-02-01 16:29 | ミニサーキットの片隅で | Comments(2)

Commented by nakamura at 2015-02-01 16:59 x
足踏みしている様ですな、寒い時期に無理しても走りが崩れちゃう様な気もするぞ?
一日居ても同額キャンペーンを有効利用して路面温度が上がる時間帯に走った方が良くない?
物差しなくてもアジャスターのねじ山が1.25mmなら1回転で1.25mm伸び縮みするんだからコースにいる時にいじってみなさいよw
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2015-02-01 18:18
>レヲ
>路面温度が上がる時間帯に走った方が良くない?
そこは午前中のみ走るってことでお許し貰ってる前提がありますので(苦笑

以前のタイム見ると1月でも30秒台は出ていたのです。
なので、ノーマルマフラーでもなんとか・・・ってあんたがノーマルマフラー仕様で29秒台出してるからオレも頑張るの。

>アジャスターのねじ山が1.25mmなら1回転で1.25mm伸び縮み
あぁ、何回転っていう調整が・・・orz(←思い付かなかったらしい

・・・もっと真摯にならなければ。