俺、ゴールドになる。

と言っても、私が私の中のコスモを燃え上がらせて、サジタリウスのクロスを装着したわけではなく(聖闘士星矢かよ)、




運転免許がゴールドになったと言うお話。
(それもそんなに書いちゃいないんですけれどね)

近畿・中国・四国地方と豪雨に見舞われてますね。
今もまだ災害に遭われて、
行方不明な方々もまだおられる被害甚大な場所にお住まいの方々の心痛はどんなものかと痛み入ります。
確かに8月は振り返って見ると晴れな週末がほとんど無い。お天気が悪い。
長雨の影響で夏野菜も高騰しているとか。
こんなところも地球規模での温暖化の影響なのでしょうか。

そんなこと書きつつ、私なんて、
また週末、バイクに乗れないと嘆くだけで済んでいるのですから、
私が住んでいるエリアは平和なものなんですけどね。

雨がちな夏ですから、ウチの庭先でもこんな景色↓も垣間見え。

_SDI6121

庭のアマガエルたちが梅雨明けのちょい前から顔を出し始めました。
いつもの年ならもうちょっと早く見える光景なのですが。

_SDI6123

ちなみに、↑のカエル、いつもは↓にいます。
何で、本日は葉っぱと同化しているかと言うと、仮寓たる物干し竿を家人が片付けちゃったから。
(後日、元に戻したら早速、このポジションに戻ったとか。今日もちゃんといました)

_SDI6000

体色がグレーでシックな感じでなかなかに格好良くなります(苦笑
すごいですよね。長の年月に獲得した能力って。

閑話休題。
先週末の話になりますが、平日休暇が取れそうに無いので県の運転免許センターに免許の更新に行きました。
天気も良いし、
最近、カメラ成分も少なかったのでDP2Xをお伴に電車とバスを乗り継いで。
バイクにも乗りたいけれどそれはトミンまで少しお預けとこの日はそう思っていました。
だけど、今週末もやられたって感じですね。来週こそ期待大。

_SDI6127

夏の日差しの照り返しが樹冠と屋根に這う蔦の葉に映えているのが良いなと。
暑いけれどやはり光量があるお天気のほうがカメラは楽しいです。
て、この日は貴重な晴れ間が見えてましたね。バイク乗れたな(苦笑

水戸までは電車で。
そして更新の受付は午前、午後と有るのですが余裕を持って午後の部に。
10時前の電車に乗ったのは、コレを見ようと思ったから。
水戸駅から芸術館までの道すがら一度入ったことがある角地に立つ珈琲屋さんの前で、
浴衣着た女性がマンダリン(だと思う)を携えてこれから演奏会という雰囲気。
良い景色だなと思うもソコはカメラは向けず、それを横目に目的地に向かいます。

鈴木康弘さんの「近所の地球」展は、
子供の頃の(いやいやではなく、ノリにノった)夏休みの自由研究みたいな可愛らしさに溢れた、
素敵な作品群でした。
私的には、この時間帯で体験ブース的な作品で応対してくれたお姉さんが可愛くて、
それも良かったのですが(苦笑
や。もとい、ポップアートと言いますか現代美術がお好きな方にはお薦めな展覧会です。
興味の有る方はどうぞ。

カメラ的には水戸芸術館でも何枚か撮りましたが(モチロン、外で)、
F値5.6、シャッタースピード1/50sでピンボケして良いのが撮れず。
手ブレを気にしないで撮るなら、1/60sで露出が取れないならF値下げるかISO上げるかってところですかね。
今更感満載なこと言ってますが(苦笑
ストラップをぐっと引っ張って手ブレを防いでも良いんですけど、
最近、老眼が進んでストラップ付けての距離感は少し厳しいのです。もっと長いストラップに換えるか。

_SDI6132

やはり錆びたもの、朽ちていくものが好きです。ウェザリングされた景色に惹かれちゃうなぁ。

_SDI6135

四角い木枠の窓がいいなと。そして狭間からの見下ろせる景色もプチいいなと。

_SDI6139

運転免許センターへのバスは水戸駅から出ますので、また水戸駅に戻りますが、
多少時間を持て余したので↑をスナップ。かつての百貨店の跡地。
ちょっとした思い出もあった場所。
そのなれの果てが今は何かの別の遺構にも見えてかっこいい。
日が射してのシルエットもいい。
本当は良くないことなんだけれど、落書きもアクセントになってていい。
願わくば、もっと寄れたらいいんだけど立ち入り禁止なのでココまでしか寄れない。撮れない。

他にも本屋に寄ったりして暇を潰したけれど、それでもバス停で30分、バスを待って。
その間、チャンドラーの「プレイバック」を読んで。
そろそろ、このチャンドラーの遺作(了稿した長編の中では。絶筆は「プードル・スプリングス物語」)となったこの本も読了するので、次は一連のフィリップ・マーロウの作品の処女長編「大いなる眠り」を読みたくて創元推理文庫(双葉十三郎訳)を探しているのですが、どうも絶版な感じ。
村上春樹氏訳なら早川文庫にありますが、
どうしても作家さんの訳だとその人の作品に思えてしまう固定観念が有るのと、
作者が執筆した時代により近い訳出の方を読みたいという気持ちが強く。
でも入手出来ないなら村上春樹氏訳か。古書ならamazonあたりでも買えるのだけれど。

今に至るまでチャンドラーの本って手にしたことが無かったけれど、
ともすれば修飾詞だらけの中身が薄い物語になりそうなところをそうはならない落としどころで落としている。
そのぎりぎり感がいい。
そして色彩に溢れた文体に満ち満ちているというのが私の印象。

もう一つ感じたことは、
フィリップ・マーロウって好男子として描かれていたんですなぁ。
腕っ節も強いには強いけれど劇中最強と言う訳ではなく(こいつとはやり合いたくないと言う彼の台詞もしばしば出てくる。ぼこぼこにもされる)、体格も身長6フィート1インチ、体重190ポンドとアメリカ人としては中肉中背よりやや身長高めな感じで決してずば抜けた身体の持ち主ということは無く、バランスのとれた、だがやや陰のある好漢というイメージ。
私はハメット書くところのコンティネンタル・オプみたいながっちりした体格の人物像と勝手に想像していましたので、
これも意外。
でも、私が大好きな平井和正書くところのアダルトウルフガイあたりを思い出すと、
フィリップ・マーロウも、正しくその源流の一つだったんだなと。明らかにその影響大。
確かに愛すべきキャラクターだと言うことには納得。

そうそう、気障になりそうでならないギリギリの台詞が散りばめられているところも、
チャンドラーの作品群のいいところ。

そんなこんなで免許センター行きのバスに乗って。

_SDI6153

乗ったバスだと受付時間よりかなり早く着いてしまい、受付のお姉さんにもそう言われてしまった。
なので所定の時間までカメラ散策。免許センターの周囲はご覧の通りの田んぼの中。

講習区分は「優良」、すなわちゴールド免許。実は私にとって人生初のゴールド。
振り返ってみると、とても優良ドライバーとは言えない負の実績がありますが、
そんな累積が消えるくらいには警察のご厄介になっていなかったということですか。
ちなみに「優良」、講習時間が30分というのは短くて良い。
でも、その前の受付~写真撮影と、講習終わってからの免許交付までの時間がヘンに長い。
そして交付直前のSDカード購入の勧誘の時間がうざったい。
地元の警察署だったら、↑コレは無かったのかな?

行き帰りの路線バスの景色はほとんど乗ったことがないルートだったので私には新鮮。
ただ、本日の交通費はウチの最寄り駅から横浜を往復出来るくらい掛かってますけれど(苦笑)

16時過ぎには水戸駅に戻れたので、この時間から開いている「俺の夜の河岸」の一軒目に足を延ばして。
半年くらいのご無沙汰なので、もう「俺の夜の河岸」とは呼べないのかも。
以前はいつも陣取っていたカウンターの一角に座って、
マスターと以前と変わらない世間話したり、
最近、スペイン旅行に行って来たというニューフェイスなホール担当のお姉さんから旅の見聞(ガウディの生家にも行ったらしい)を聞いたりして。
他のお客さんも交えての行ったところの良さを散々にアピールしていたから、さぞ彼女にとって印象的な旅だったのだろうと「何処に行って来たんですか?」って聞いたら返事に窮してしまって、
お店に貼ってあった地図(スペインバルだから、そんな小道具が置いてあるのです)を引っ張り出す始末(苦笑
「即答出来ねぇのかよ」とつっこみを入れたのはお約束みたいなもの。

でもね。
コミュニケーションをちゃんとしてくれる彼女にはとても好印象。
おじさん、あと20も若かったら「キミ、きゃわうぃぃねぇ」と言っちゃうね(もう古いよ。それに前、そんなことドコかでも言ってたよね

17:00に店を出て、少し悩んだけれど17:30までは再入場出来るなと、も一度、「近所の地球」展を見て。
いいなぁ、コレ。
順路、最後の彼の世界観をまとめた小部屋のコーナーが有るのですが、
それがとても良い。正に夏休みの自由研究を顕現したようで。
でも、先ほどの体験ブースのお姉さんは別なお姉さんになっていたけれど。それはちょっと残念(苦笑)

きゃわいコちゃんてのは単純にオトコの気持ちをアゲる生き物です。
半世紀経っても、それは変わることのない真理みたいなもの。
もう、これはオトコの業ですな。情けない話ですが(苦笑

芸術館を後にすれば18:00も過ぎたので、
これまたご無沙汰の「俺の夜の河岸」の二軒目に寄ってみるも、まだ開店しておらず。
こちらは今日はご縁がなかったようで。
さすがに明日は仕事なんだから深酒は止しなさいとバッカスが仰ったのかも。
だから、そのまま帰宅して。

一軒目でお勘定払うさいに、
ニューフェイスなお姉さんに「あなた、いいね」と言い置いてきた。
だって、ちゃんと受け答えが出来て、そして何より可愛いかったから。

つい最近、人生の先達にそういうことは素直に褒めろ的なことを言われて、
意外とそれがココロに刺さっていて。
だから、半世紀オーバーエイジだからってもうためらわずに言っていこうかなと。
だって、そのほうが楽しいから。
(マーロウに足許にも及ばないイケてないおっさんだってね)

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2014-08-29 22:10 | カメラ散歩 | Comments(7)

Commented by てらとし at 2014-08-30 06:27 x
カエル久しぶりに見ました。生のカエルはもうずーっと見てないですね。

そういえば3年前に免許証の住所変更を忘れていたらうっかり失効になってしまい仮免許から免許を取り直しました。
一発試験で車とバイクでほんと大変でした。
あれ以来誕生日にはまず免許書の有効期限を確認しています。
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-30 07:51
>カエル
私んちでは春と夏の風物詩です。
家人はカエルが苦手なんですが、アマガエルくらいならユーモラスで「かわいい」と言ってます。

>失効
私も一回やりそうになりました(苦笑
(飲酒運転の)検問でおまわりさんに指摘されて気が付いたという。
Commented by nakamura at 2014-08-30 09:53 x
一度ブロンズに落ちると二度とゴールドに戻れないんじゃないかと思える程長い期間ブロンズのまま過ごしてる、ブロンズでも不死鳥とか天馬クラスで有りたいがw 
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-30 12:47
セブンセンシズを獲得するしかないですねw

・・・NVIDIAが応答停止するんでセーフモードで復元したのですが、NVIDIAのコンパネが妙なことに。
ドライバを前に戻すか思案中。

ダレかどうにかしてください。
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-30 13:09
ん?復元したけれどドライバは最新が当たっている。
ブラウザも落ちないようだ。

ま。いいか。
Commented by nakamura at 2014-08-30 21:30 x
エイトセンシズも獲得して冥界にも行けるようになればトミン25秒切りも夢じゃない~ってすでにそれが夢だw
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-31 00:14
25秒台は後輪出力が65psくらい出てないとSRXではムリじゃないかなぁw

>エイトセンシズ
神も倒せるようになりますね・・・てオレたち厨二族?