「ほっ」と。キャンペーン

使い倒すバイクを考える。其の弐

今日は娘が彼氏のウチに遊びに行くらしい。

家人:「(彼氏の)ウチの近くまで送っちゃおうか?」
オレ:「それ、ノった」

でお約束の時間に間に合うよう、彼氏の自宅近くまで送って行った。

「粗相が無いように」とオレは車内で娘に言った。
そして、娘が彼氏のウチの玄関に入るトコまで(夫婦で)見届けてからその場を後にした。
(ハンドル握ってたのは家人なんだけどね)

・・・ん?既に天下は徳川のものか?(大阪夏の陣の例えが続いていたらしい




週末のお天気がここんトコ悪いですね。
愛機、帰還した夜にひととおり掃除出来るトコは掃除したんだけど、
下回りの掃除とか、緩んでたステップを締めるとか(←京都のアニキに指摘された。まだやってない)、トミンの前にやっておきたいのに、雨が降っててイマイチ、しようという気になりません。
来週も雨だったら、ムリしてでもやらないと。(←基本、メンテ嫌い。だから成長しない。もはや半世紀オーバーエイジなのに

閑話休題。
MT-09の販売が好調らしいですね。
その好調な売れ行きに、ヤマハは年間の販売目標台数を1,500台から4,000台に引き上げたとか。

f0079865_08322101.jpg

と言いつつ、今回、取り上げるのはその弟分の↑MT-07。
しかも「終」でなく「使い倒す」バイクとして取り上げると言う。車検付きなのに。
埼玉救世主や、ときわすれでもアズマンさんのなれのはて(まだ言うか)他何名かの方々(記憶が既に忘却の彼方だ)の評価が高かったオートバイク。

ちょいと、仕様諸元をひろってみると、

[MT-07]
シート高:805mm(MT-09は815mm)
軸間距離:1,400mm
最低地上高:140mm
車両重量:179kg(ABS装着車は182kg)
原動機種類:水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列:直列2気筒
総排気量:689cm3
内径×行程:80.0mm×68.5mm
圧縮比:11.5 : 1
最高出力:54kW(73PS)/9,000r/min
最大トルク:68N・m(6.9kgf・m)/6,500r/min
始動方式:セルフ式
潤滑方式:強制圧送ウェットサンプ
エンジンオイル容量:3.0L
燃料タンク容量:13L
燃料供給:フューエルインジェクション
点火方式:TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/種類:12V, 8.6AH(10H)/YTZ10S
1次減速比/2次減速比:1.925/2.687
クラッチ形式:湿式多板
変速機形式:常時噛合式6段/リターン式
変速比:1速 2.846、2速 2.125、3速 1.631、4速 1.300、5速 1.090、6速 0.964
フレーム形式:ダイヤモンド
キャスター/トレール:24°50′/90mm
タイヤサイズ(前/後):120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)/180/55ZR17M/C (73W)(チューブレス)
ブレーキ形式(前/後):油圧式ダブルディスク/油圧式シングルディスク
懸架方式(前/後):テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ:ハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1(マルチリフレクターヘッドライト)

※Fフォークの内径は41φ

片やSRX600は(もち、ノーマルね)

[SRX600]
シート高:760mm
軸間距離:1,425mm
最低地上高:140mm
車両重量:170kg
原動機種類:空冷・4ストローク・OHC・4バルブ
気筒数配列:単気筒
総排気量:608cm3
内径×行程:96.0mm×84.0mm
圧縮比:8.5:1
最高出力:30.89kW(42ps)/6500r/min
最大トルク:48.05N・m(4.9kgf・m)/5,500r/min
始動方式:セルフ式
潤滑方式:強制圧送ドライサンプ
エンジンオイル容量:2.8L
燃料タンク容量:13L
燃料供給:気化器(Y27PV プライマリφ27 セカンダリφ30)
点火方式:トランジスタ式
バッテリー容量/種類:12V, 8Ah/YTX9-BS
1次減速比/2次減速比:2.387/2.473
クラッチ形式:湿式多板
変速機形式:常時噛合式5段/リターン式
変速比:1速 2.307、2速 1.588、3速 1.200、4速 0.954、5速 0.791
フレーム形式:ダブルクレードル
キャスター/トレール:24°35'/92mm
タイヤサイズ(前/後):110/70R17(54H)(チューブレス)/140/70R17(66H)(チューブレス)
ブレーキ形式(前/後):油圧式シングルディスク/油圧式シングルディスク
懸架方式(前/後):テレスコピック/スイングアーム

※Fフォークの内径は38φ

みたいな。

MT-07、確かにイイ。
ドコがイイかって、まずパワーウェイトレシオが、

SRXが4.05kg/psに対して、MT-07は2.45kg/ps。
(ちなみにMT-09は1.71kg/ps、R6(2014)で1.53kg/ps、BMW F800Sは2.47kg/ps、TRXは2.48kg/ps。
目下、トミンのボク的ムスタングなDukeは(自分を零戦に見立てているらしい)はガス満タン14L=10.5kgと想定して、
まじめに計算すると2.29kg/ps。MT-07でようやっと何とか伍する戦闘機だったのか)

なかなかにイイ。

そしてホイールベースが

SRXが1,425mmに対して、MT-07は1,400mm。-25mm。
(ちなみにBMW F800Sは1,470mm、TRXは1,430mm。Dukeは1,466±15mm。)

こりゃまた、なかなかにイイ。

馬力が73PSとひと昔の馬力規制時代のナナハンの上限値75psに迫って、なかなかイイ。
これなら、上信越道でBMW Kシリーズに恐ろしいほどの後塵を拝することは無いはづ(←根に持っているらしい

MT-09というやんちゃな兄貴分に対して、マイルドな立ち位置と言われてますが、
こうやって見てみますと、
実は私が以前に気になっていたパラツインモデルと比較して、その戦闘力は斜め上を行っています。
うん。イイね。
ちなみにバイク雑誌とかネットのインプレで散見するコトバとしてMT-09/MT-07をRZ350(250)の再来とする的な表現を目にします。
だけどインプレと併せてみるとMT-09=RZ350の再来はアリかと思いますが(ちょっと試乗したくなってきた<MT-09)、
弟分のMT-07=RZ250というよりは、(レーサーレプリカ時代以前のRZの立ち位置を考えると)後もうちょっと変えるとイイのにね的感があるMT-07は、MT-07=SRX600て感じが私的にはします。

やはり、

・タイヤはリアは150にサイズダウンしてほしい。F120、R150て組み合わせ。
 (タイヤ選択に困らない、ギリ、最小サイズだからコストも安いよね)

 ネットで検索するとフツーの人のインプレも載るようになったけれど、大概の人がリアサスが×と指摘している。
 峠道での路面のギャップとか橋の繋ぎ目とかを拾うとリアがぶっ飛ぶそうだ。
 これはリアサスのスプリングレートが現状のバネ下重量に負けているんだろうか。
 それとも、ダンピングが適切でなく動き過ぎるのか。
 どっちだと思います?(ダレに聞いてるの?
 私はサスのレートが負けてると思うので、サイズダウン(タイヤ幅ね)が有効だと思うのね。
 まぁ、ヤマハが意図的に鷹揚なハンドリングにしたのかも知れないけれど。

 お。でも今のリム幅ならスパコルが前後履けるんだね。

・ブレーキホースはステンメッシュにしてほしい。

 スポンジーな操作感的インプレをけっこう目にしました。
 自分で換えりゃいいだけですが、もうかちっとしたタッチに慣れちゃったから、そうしたいだけ。
 盆栽気分もUpしたいからキャリパーもブレンボあたりに換えたら、私的にもう所有欲満たせますがな。

・いっそ5速化、クロスレシオしたら?

 変速比が意外やワイドレシオ。1~3速なんてSRXよりもワイドっすよ。これも鷹揚なハンドリングを狙ってなのか。
 なので、いっそ5速化してクロスレシオにしたら面白いかも。
 でも、6速なバイクにそろそろ乗ってみたいお年頃。(TDR250に乗って以来、乗ってないのよね)

これくらいまでやってくれるとRZ250の再来的な扱いにしてもそんなにおかしくないんぢゃないだろうかと。

f0079865_08153197.jpg
このカタチで出てきたら、間違いなく買う。
これが現時点のオレの「終のバイク」最有力候補だ。

あ。保安部品とタンデムシート&ステップは付けて貰おうかな。

でもロングディスタンスなツーリングとかタンデムするなら、今のカタチがいいのかもね。
旅バイクとして使い倒すという意味で。

とまれ、コイツも売れるといいなぁ。↑なみたいな派生タイプがそして沢山出てくると良いと本当に思います。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2014-08-17 14:11 | 使い倒すバイクを考えてみる | Comments(6)

Commented by nakamura at 2014-08-17 18:49 x
nabeさんにMT-09乗らしてもらった、ノーマルモードでもアクセルの開閉で結構なぎくしゃく感。Aモードだとドン付き感がさらにアップ、アクセル開度が70パーセントまでに規制されちゃうBモードがキャブレター的な感じで乗りやすかった。要するに自分では扱いきれないって事ですねorz…最新のバイクの割に曲がる意思をバイクに伝えないと曲がって行かないのは良くも悪くもヤマハハンドリングだと思った。CB1000RRにも最近乗らせてもらったんだけどこっちは優等生のホンダハンドリングで凄く乗りやすかった、FIも自然な感じで違和感無しだったし。
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-17 22:47
Big Machineで新垣さんも「まずはBモードで馴らしましょ(乗り手をね)」て言ってましたよ。

きっと現代のじゃじゃ馬なんですよ、09は。
そして足の煮詰めもまだまだ甘いってBikers Stationの佐藤さんも言ってました。(耳年増?

未完の大器て感じがしますね<MT-09
その荒削りさにちょっと魅力。そしてコイツのパワーソース積んだYZF-R3(や。コイツが846cc3気筒積んだモデルなのかどうか分からんけど)とか来たら、こりゃまたボクの「終のバイク」の真打かも。

・・・結局、Made in Japanなバイクがボク、好きらしいっす。
Commented by まー at 2014-08-17 23:59 x
私の好きな和歌山さんはフロントサスが固いって言ってますし、外国人のインプレの多くがリヤサスが柔らかすぎってます。
これは乗ってみないと分からないですね。

SRX600=MT-07は私も同じ考えです。
自分のコントロール下に存在してくれたら嬉しいかなと。
WR250Rで度肝を抜かれたので、技術の進化がどれ程なのか楽しみです。
Commented by アニキ☂ at 2014-08-18 02:41 x
RZ風(つーかTZ風)の意匠、なかなかにカッコヨロシ。
ステップは緩みっぱなしで走っても脱落しなかったんだw
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-18 05:34
>まーさん
>和歌山さんはフロントサスが固いって言ってますし、外国人のインプレの多くがリヤサスが柔らかすぎ

前後サスのバランスが悪いのかタイヤが太過ぎるのが悪いのか、
オラと勝負だっ(←や。勝ち負けぢゃないから

>SRX600=MT-07
特にⅣ型乗りはそうおもうんじゃないかなぁって思います。

イマドキバイクがどれだけの進化してるか知りたいですね。
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-18 05:38
>アニキ
>なかなかにカッコヨロシ。
コレ、いいですよね。
いっそスポークホイールならもっと気分が上がりますなぁ。

>ステップは緩みっぱなし
一度、北陸道のSAで締めようとトライしたのですが、
あまりにも暑いし、却って部品を無くしそうだったし、
どんどん緩んでるというほどでも無かったので、
結局、そのままに。

今週末、直しますわ。