Go west。(I don't do fraud any longer.) 其の本編。

Go West.
阿弥陀仏の極楽浄土は西方にある。
玄奘三蔵は唐の地より、はるか西にある天竺に向かった。

Go West.
神の食べ物、また不死の源である、その黄金の林檎が実るヘスペリデスの園は世界の西の果てにあると言う。

Go West.
現実に、極楽浄土は西方にはない。
三蔵法師が天竺に赴いたのは遥か昔のことだ。
そして黄金の林檎なんて単なる伝説だ。神話だ。夢物語だ。

Go West.
だけど愛機の舳先を西に向け、長い距離を駆け走り、行き着くべき場所に辿り着く。
その指し示す座標が西の方角なら、そんなうつつからかけ離れた思いに馳せるのだって、
そんなに悪いことじゃないだろう。

駆け走るその先に、
極楽浄土を夢見てみる。
西遊記の
斉天大聖と自分を重ねてみる。大いなる存在のてのひらに乗った強がったちっぽけな存在になってみる。
そして。
アトラスの娘たるニンフが手にする黄金の林檎を夢見てみる。

そうだ。そうなんだ。
半世紀経ったって、そうそう大人になれるほど、そんなに自分は器用じゃないのだ。

と。ちなみにGo West.



オリジナルはヴィレッジ・ピープルだったのね。サンフランシスコに行って自由になろう(とどのつまりいいことしようってのと同意

ぼかぁ、ペットショップボーイズがずっとオリジナルかと思ったよ。




出立は平日スタート。
ETCの早朝割引が効くAM4時前にETCのゲートに飛び込むミッションは完遂して。

_SDI6036
はて。ドコのPAか、もう思い出せません・・・と距離的に波志江PAだと思う。
を。既にこの時点でリザーバタンクがお散歩を開始してますなぁ(汗

4時前には高速に入らなければならないから、起床は2時半と決めていましたが、
こんな日に限って、私以外の家族が外出して、ウチには私とわんこの二人つーか一人と一匹のみ。
二代目我が家のわんこ弐号機はジャック・ラッセル・テリアですが、これがホントに暴れん坊。
そして内弁慶で外ではからきしの意気地なし。つまりは基本、意気地なし。
カラダが小さいものですから、人様のパーソナルスペースにぐいぐい入り込んで来るのは前のわんこ初号機の比ではありません。
そして、犬という生き物は序列を家族に付ける生き物ですが、コイツに至ってはどうも私を自分より下の序列に組み入れているみたい。
遊んでくれて、時折、ゴハンも作ってくれて、トイレのエリアを超越してのトイレの面倒(要はトイレがきちんと出来ない。しかも小さいほうは大丈夫なのに、おっきいほうを時折、トラップのように仕掛けてくれます)を見てくれる下僕。みたいな。
なので、寝るのも一緒の状況。狂犬なのに(をひ
で、わんこも家族が私以外いないのに気が気でないのか、たびたび私を起こしやがります。ただでさえ持ち時間が少ないと言うのに。
結局、うつらうつらしての2時半起床。就寝前にパッキングはほぼほぼ済ませていましたので、
今回も出立はさくさくさくさく。予定より20分くらい早く最寄のスマートICにゲートイン。
実は私、高速でETC使うのは今回が2度目(前回はコレ)。
ETCのゲートが今回も無事、反応してくれるかちょっとどきどき(苦笑
でも事なきを得て。
その後すぐに友部SAで小休憩+給油して。

今回のツーリング、移動時間を鑑みるとどう足掻いても高速の利用は必須。自宅から敦賀ICまでは延々とハイウェイなツーリング。
それでも走ったことないから、ちょっとはわくわくしてたのね。この時点では。

給油ポイントごとに休憩をはさもうと思うも、事前の予習がほぼ出来ず、藤岡JCTへのアクセスを再確認しようと、
↑の波志江PAに停まったと。
ココでコンビニでウェットティッシュを購入。
だって茨城県内のルートは虫のつぶてを喰らって、メットのシールドがあまり気持ち良くない状態になったから。
メットと愛機のヘッドライトをココでウェットティッシュで拭き拭きして。
こんなとき、リチャード・バックの「イリュージョン」のドンの能力があったらいいなと思います。

_SDI6037
横川SAのヒトコマ。リザーバタンクのステーがすっ飛んでいたので応急処置
でも、私のことだからコレが恒久的処置になると思う(←ちゃんと直せよ

次の休憩ポイントは横川SA。
私の自宅から常磐道~北関東道~東北道~北関東道~関越道~上信越道と経由しますと、
友部SAからこの横川SAまでは給油ポイントが笠間PAのみ(友部SAから笠間SAまでは12km。あまり恩恵は無い)。
で、友部SAからこの横川SAまでは188km。
ココに立ち寄らないでハイウェイ上を走り続けると、リッター20kmの愛機はガス欠必至。なのでココに立ち寄ることは必須。

二輪の駐車エリアに愛機を滑り込ませると、目の前のベンチには大きいゴールデンを伴ったご老人が。
オレ:「おっきいわんこですね。いくつになるんですか?」
ご老人:「10ヶ月になります」
オレ:「10ヶ月?ほんと、おっきいですね。名前はなんて言うんですか?」
ご老人:「デュークと言います」
オレ:「デュークかぁ、かっこいい名前ですねぇ。撫でても大丈夫ですか?」
快諾を得てわんこの頭を撫でながら、昔、自分もラブラドール・レトリヴァーを飼っていたこと。そのわんこが病気に罹って死んだこと。ご老人も昔、飼っていたゴールデンが同じ病気に罹って(罹った箇所は違うけど)死んだことを話した。
オレ:「レトリヴァーて犬種はなり易いんですかね」
と言いながら愛機を見る。ん?何か違和感。
ご老人:「ドコか行かれるんですか?」
オレ:「えぇ、おんなじバイクに乗ってる仲間に会いに行くんです。ミーティングってヤツです・・・」
私、語尾が小さくなる。ココで違和感の正体に気付いたから。
↑のリザーバタンクがマフラーの上をお散歩している。むむむ。
続くご老人との会話もおざなりに↑の画像の状態にせっせと修復しましたよ。

_SDI6039
今回はガムテが大活躍した。もはや酷暑時、雨天時、どちらにも頼りなる必須アイテムだ。

横川SAからは妙義山系が望めます。(ガス入れてハイウェーの人になって気付いた)
分かってりゃ、それも写真撮ったのに。残念。

_SDI6044
千曲川さかきPAにて。100km走っては10~15分休憩の繰り返し。

上信越道は信濃ICから上越ICまで片道一車線なんですね。でも上越JCT方向はストレスなくすいすい。
ちなみに上越JCTの近くに春日山城が有るんですなぁ。
上杉謙信は戦国武将の中でも毘沙門天の生まれ変わりなんて言うあたり、ちょっと異質な感じがして私は好きです。

_SDI6045
名立矢浜SA。義の塩ジェラード。真夏にこういう被写体はちょっとNGなんだとココで思い知った。

上杉謙信が武田信玄に塩を送ったという「敵に塩を送る」故事がネタだとしばらくしてから気が付いた。
それだけ暑かったのよね。
売り場のおばちゃんに「塩田とか有るんですか?」「昔は有ったんですよ」「へー」な会話をしちゃったけれど、
越後と言えば、上杉謙信ゆかりの地て連想になかなか繋がらない。
そんだけ暑かったのよ。

_SDI6049
有磯海SA。そろそろ暑さと高速の単調さにダレてきた。

今回のツーリングがバイクでのツーリングになるか電車ツアーになるのか、
前々日くらいまでははっきりしていなかったのですが、
それからはあれよあれよとスケジュールが空いていき、前日は早退しちゃうくらいぽっかりと。
こんなことって有るんだね。きっと、これも日頃の行いが良いから。

小矢部SAでソースかつ丼を食べて、フライパンみたいなハイウェーの上を一定速度で巡航して。
ちょっと確かにダレて来た。
高速ってまっすぐでつまんない。ダレかどうにかしてください。

_SDI6053
南條SA。只今、13時半。15時に京都着はチトきびしいとそろそろ感じ始めて。

にしてもあっちいなぁ。
ゴローさんからメッシュジャケット貰わなければ、先週の望郷つーでも参加しなかったかもねとまーさんに言ったけど、今回は正にそんな感じ。
メッシュジャケット着てなかったら不可能。途中で死んでたはづ。
や。薄着でOKて思えば、そりゃムリなことは何一つ無いんだけどさ。

初日の高速での最後の休憩ポイントになった南條SAから程無くして敦賀ICに。意外と近し。
でもココから下道での京都路は100km超。
アベ50kmで2時間は無謀かと思ったけれど、R161は湖西道路に入ると流れはスムース。
途中、比叡山を抜けるルートへの折り返しを間違わなければ・・・

間違っちゃった(´・ω・`)

ホントはR477からR367経由で京都入りをたくらんでいたのに、その先の仰木雄琴ICで下りて標識の指し示されるまま、
進んだら、比叡山ドライヴウェイに。
その入口にバイク通行禁止の標識を見て、ぎょっとして止まるも土休日のみ通行禁止。そう、今日は金曜日。
でも有料かぁと思うも、ミスコースした分、ココで取り返そうとそれは諦めることに。
京都の有料道路を、しかもお休みは通行禁止の道を走るの貴重な経験だったし。

・・・間違いなくヒザが擦れるグッドロードだったよ。とても。20分で1,660円はどうかと思うけど。

_SDI6055
京都市街散策その①

ドライヴウェイから京都方面に向かうも当然、迷子に。
そのまま、進んで、途中、川に面したトコに出て(鴨川だよ、ばか)、まっすぐ進んで、でも、こりゃ違う。
右折しようと曲がったら右手に京都市役所。おや、意外と核心に。

で、恐らく堀川御池で左折して、次の四条堀川でまた左折して。
何の根拠もないけれど二条とか三条とか標識に見えるからその反対方向に行けば目的地の四条に着けるはづ。
(本日の宿泊先が四条だった)
でも「四条大橋」の文字が見えて、ん?これはおかしいとようやっと止まって。(早よ止まれよ)
でスマフォで自分の位置を確認すれば、あぁ行き過ぎてる。時刻は16時。
ここに来るまでアニキとメールの遣り取りをしていたが、どうも私の本日の逗留地で待っていてくれている模様。
(ちなみにアニキはメールの枕コトバがコンバットぽいんだが、それに気の利いた返事が返せなかったのは、
疲労と暑さでボクの知能が低下していたせいだと思う)
うひぃ、待たせ杉。
さすが京都は観光地、歩道の歩行者もはんぱ無いので、愛機を押して交差点を渡って、お宿の有る方向へ。
16時半前に本日のお宿に到着。
京都のアニキがやっぱり待っててくれました。
「すごい色だなぁ」
とはアニキの第一声。最初の一言がそれかよとは口にはしなかった。
とにかく、どろどろなんでチェックインしてシャワー浴びてきなよってことで、その御言葉に甘えて、そうさせて貰って。
あぁ、蘇る。ちょっとカラダの芯がブレてるけど、そりゃ間違いなく疲労のせい。しょうがない。

_SDI6057
錦天満宮。京都市街散策その②

今回は何をとち狂ったか、アニキが一緒に京都観光をしてくれると言う(←なんだ、その言い草は
で、最初に向かったマエダコーヒー本店イノダコーヒーで甘いアイスコーヒー飲みながら、
(疲れ+甘いものもキライぢゃないボクには丁度良かった)
ウェイトレスのおねーさんが可愛いと二人で合意に至り、
錦天満宮でちょっとアナクロな電気式紙芝居を動かしたり、
犬も歩けば棒に当たる状態の人にあちこち案内されながら、鴨川のほとりまで。
そこは、ほぼほぼ愛機とさっき迷って止まったところのエリアでしたとさ。

_SDI6060
京都市街散策その③

_SDI6061
京都市街散策その④

_SDI6067
鴨川沿い。京都市街散策その⑤
もうちょっと日が暮れる頃のほうが風情があるかなぁ。

この後もいろいろオプションを考えてくれていたようですが、
前回、ロハに近いお勘定だったこともあり、「ちゃんと払うもの払ってきなさいよ」の家人のコトバもあり、
そして、私が行きたかったこともあり、↓ココへ。

_SDI6071
再び、辿り着くオレの「楽園」。

この前に立ち飲み屋で一杯ひっかけてから、ココに入った。
何でもアニキの店、最近、世代交代したらしい。今や店は実質、その後継者な方に全てお任せらしい。
アニキはただのオーナーになったと。
おやおや、急展開ですよ。
そしてアニキ、「わし、(これから)何したらいい?」だって。兄さん、このオレに人生相談なんてどうかしてますよ。

この後の会話は記憶も怪しいので、箇条書きで。

・スイカバー買って来いっ。(ガリガリくんソーダハイを飲んだ後、こんな流れになったのです
・「ねぇ、マスター」って声掛けるとふつーにこの人、返事しますよ。乗っ取る気満々ですよ、この人。
・キミはね、小森純に比べたら1万倍かわいいよ。小森純に比べたらね。
 (お店のバイトの女の子をからかって。ちなみに私、檀蜜も小森純も何もココロが刺さりません)
・このスイカバーハイのね。チョコチップがいらない。ホントいらない。よけいだ。
 (かわい子ちゃんがわざわざ買って来てくれたのに、何て言い草だよ)
・翌週の木曜日頃のここいらの海の釣りに誘われてもね、行くわけないじゃん。
 (この後、少しアウェー気分を味わった)

みたいな。

次の店行こうかと言う流れになってお勘定払う段で、今度こそロハにされそうな勢いがあったので、
ココは私が払うことを死守した。
「あ、どうもご馳走様でした」の後継者な方のコトバに、
「お前の分も入ってるんかいっ」と突っ込んだのはお約束みたいなもの。
美味しかったです。また、来ますね。あ。次に訪れる頃はこの人がこの店のオーナーなんだな(しみじみ←ちがうよ

_SDI6072
恐らくココが三軒目だったと思う。

ココでバーボン飲んで、確か、ここのオーナーにお子さんが生まれて、
結局付いた名前に(アニキとオレで)ケチつけながらバーボンを飲んでいたと思う。
あ。最初はギムレットを作って貰ったっけ。
ちょっと飲みながら「長いお別れ」の中のセリフの「ギムレットには早すぎる」の話を口走っていた記憶がおぼろげに。
この後、恐らく私のお宿の最寄駅まで移動して、も一軒入って、管巻いて(←オレがね)。
そして23時半にはお別れして。

兄さん、今回もお世話になりました。まだ2回しか顔合わせてないのにあんた、えぇ人や。
ちなみに兄さん、私、他のお店のお勘定払いましたっけ?

_SDI6075
春日JCT、春日和田山道路入口手前のローソンにて。
ココは日が射してました。日頃の行いが良いから?

翌朝、4時半に起床。しかし、

このカラダが、このアタマが動かない。(←お前はヘンな瀬文か

あぁ、前日の酔いがしっかり残ってます。時計の針が進むもなかなか動けない。
6時集合は6時着では無い。そんなことは分かってる。
何とか、カラダをベッドから引き剥がして、出立の準備をのろのろ始めて。
あぁ、前日の移動の疲労もちゃんと有るのね。

でチェックアウトを済ませて、荷物のパッキングをしようと外に出ると、

・・・雨ですよorz

台風12号の影響でどうやら天気が変わったようです。やれやれ。
やや雨ざらしの駐輪場に停めていた愛機も少し濡れそぼっていました。
カッパ着るかどうかちょっと悩むも降ってるか降ってないか分からないくらい。
よし、着ないで行こう。パッキング済ませて、走り出して。
そして集合場所の途中にあるGSにちょっとだけ期待していましたが、案の定、まだ開店前。むむむ。
待ち人に怒られちゃうよ。(←ちゃんと、そんなことは考えていたのです

とにもかくにも6時に集合場所に到着。既に待ち人、BLK大兄がお待ちでした。
久しぶりですとコトバを交わします。
何のかんの言って、オフラインミーティングでは2004年のYCPの全国オフでトイレで遭遇して以来。
(その後、東京の桜水産でお会いしてますが(苦笑))
ここ何年かカナーリ自転車に乗り込まれているためか前にお見掛けしたときより、トテーモスリムになられて。
で、この後の行程で直ぐにETCのゲートくぐりますからと言われます。

え?ETC?やっぱり?(^<>^;

そそくさとETCの取り付け作業に入ります。

大兄:「朝ゴハンはどうしました?」
オレ:「まだです」
大兄:「じゃあ、コンビニで何か買って済ませてください」

ををを。温厚なおコトバ。
でも、大兄、温厚な表情&口振りとは裏腹にカナーリイラチな方とほうぼうでお聞きしてます。

・6時出発なのに6時に到着した。
(しかも「どうした?」メールが2通届いていた。それを読んじゃいないし)
・ルートは事前に知らせているのにETCも付けて来なかった。
・朝飯すら済ませていない。

うひぃ、この時点で減点3だよ。もうイラチの臨界点に入ってるはづ。
とにかく、そそくさに朝ご飯済ませて、いざ出発の段になっておずおずと次のセリフを言ってみます。

「後、30kmくらいしか走れません。ガソリンスタンドに寄って貰っても良いですか(どきどき」

これで減点4。炉心溶融はまだですよね?ね?

あ、話が逸れますが、

大兄のかっこいい黒いマシーンのサイドカバーを見て、なつかしい気持ちになれた。
私もデーパックにがんちょさんからいただいた黄色いバンダナを今回も忍ばせている。
なんとなく、それだけで「仲間」というものを意識させていただいた。
そう。忘れられないよね。

とにもかくにもカッパは着ずに出発しましょかと言う話になって、出発。
街内を走り出して、あぁ、この人がずっと先導でいてくれても良いかもなペースで先導さんが走っていきます。
沓掛IC手前のガススタに無事、給油。
この後、京都縦貫道を千代川ICまで走って、↑の春日JCTまで。
大兄、私のこと速い人と思われてるらしく、(県民なのにトミンとかグローブの出来損ないとか、そんな話も有ったようで)
分岐(または信号機)が有るところで待っててくれれば良いから先を走ってくださいと。
そうですか。それでは誠意を見せなくては行けませんね。
と走りますが、

・知らない道はそこそこのペースで。
・民家エリアはスピードを落とす。(それでも「8○キロで走ってるけど」って後で言われちゃったけど
・長いまっすぐな下道もスピードを落とす。だって旗振ってる人が急に出て来たらイヤンです。

なので、そんなにすんごいペースでは走っていなかったです。

そして春日和田山道路で養父まで一気。
たしかに大兄言われるところの「信号三つしかない」はちゃんと動作する信号が三つのみって感じな快走路。

_SDI6079
道のえき若桜。ちょっとこの手前でココロが折れそうになった。
カッパ着たら負けルールの負け組みになりそうだったからなんだけどね。

分岐が有るところで待っててくれれば先を走っても良いというルールの許、がんばって走ってましたが、
県道6号から県道48号の分岐が分からず(信号が無かったのね)、そのままカナーリ県道6号を直進。
でも、バックミラーを見るとある時から大兄の姿が消えました。
あれ?おっかしいなぁ。どうしようかなぁと思いつつもしばらく徐行ペースで走りましたが、まったく姿は見えず。
うーん、いよいよ、これはミスコースか?と愛機を路傍に止めて。
大兄からメールが来てないかと見るも着信は無く。
で地図を確認。何を読み誤ったかこのまま直進しても無問題に感じたりしてました。
(R482(正)とR429(誤)を取り違えていたようだ)

と、ここで携帯にメールが。

道間違えてます。戻ってきてください。

あらら。これで減点5ですよ。
引き返すとちょっとしたところに大兄が。あぁ、こんなとこまで追い掛けてくれたのね。
すみません、大兄。ボク、基本、リードから解き放たれたわんこみたいなオトコなんですよ、あはははとは言わなかった。

この後、県道48号から国道29号に入り込むあたりで、それまでぽつぽつと降られることはあったものの、
本格的な降りに出会うことが無かったのが遂に本降りのエリアに突入して。

うぅ、どうしたものかと悩みつつ、R29を走ってましたが雨宿りが出来る良さげな場所を探しているうちに、
雨の降らないエリアに出て。
そして↑の道の駅若桜に。や。まだカッパ着ずに済んだ。これも日頃の行いが良いから?

ちなみに大兄、蒜山の集合場所がドコだか分からないとのこと。
なのでその近くまでは行けるけど、後、任せたからと言われ。
確かこんな名前のトコだっけと言われるも私も不確かなのに、あぁそんな感じ。確か小洒落た名前だったようなの生返事。
でウヲさんトコのBBSを覗くと、大兄がドコ?と聞いてるスレのすぐ下のスレの先頭にレストハウス白樺の丘とすぐに見つかって。
やれやれ、そりゃダレも教えないよね。だって面白いから。

この後、も一度、人形峠あたりで本格的な雨に降られて。
そう言えば、この人形峠、1955年に発見されたウラン鉱床が有ったことで有名なところ。

あの3月11日以降、原発の立ち位置が凄く大きく変わりました。
私、原発に是か非かの意見は持ちませんが、
今思うと、私も3月11日を境に少し気の持ち方が変わったかも知れません。
全部、震災のせいにするのはどうかと思うけれど、
家族を置いて外泊するのに躊躇するようになったり、家族をないがしろにして自分の趣味に没頭するのは如何なものかとそう思わせる契機には間違いなく、なった気がします。こんな私でも。

でも、雨に降られての人形峠でそう思ったわけぢゃなく、このときはただただバイクを走らせることに専念してましたけど。
そう、むつかしいことは抜きにして、今はただ愛機を走らせよう。
モーターサイクルはやはり、この世界で一番ステキな乗り物だと私は思うのです。
やはり、愛機がその魂の命尽きるまで走らせ続けたい。今は素直にそう思うのです。
半世紀なのに(苦笑

_SDI6083
ココに辿り着く前に、も一度、ミスコースした。
減点6。おや、運転免許なら免停ですよ。

後は任せたと言われ、任せられたが、案の定、二度程、不案内になり停止。
そして「ココの分岐を行きましょう」と大兄のハンディナヴィでコース見せられたのに見事にミスコース。

でも、ランドマークにした尾崎縫製蒜山工場て菅公アパレル株式会社蒜山工場に変わったみたい。
googleさんトコのストリートビューにすらまだ「尾崎縫製蒜山工場」だけど。
(↑要は自分は悪くないと言いたいらしい)

でも、結局、迷って停まったトコからズバリ行けたから良いか。

辿り着いたレストハウス白樺の丘には先着された方々がお出迎え。
まるでデューク東郷ばりの正確さでの到着だったらしい。
つーことはペース作ったのはオレだからエラいのはオレか(←もう累積減点がリセットされたらしい

「やっと来れましたね」のおコトバをbaba様からいただく。
ホント、やっと来れました。
脱法ドラッグが危険ドラッグに名前を変えたこのご時勢、
今年、行かなかったら、ボクの「行く行く詐欺」やら「オカーミ少年」やらが次はどんな名前に変わるかどきどきでした。

ウヲさんとは以前に娘さんと上京されてきたときにお会いしてますが(そいでもね、ほぼ3年ぶりなの)、
baba様とはこりゃまた2004年のYCP以来。うひょ、10年ですか。
まーさん曰く和製ファラ・ファーセット・メジャーズは、
私の目には、ココにお集まりいただいた方々はまったく知らないだろうけど、
私の横浜の知り合いが参加しているイベントの主宰をされている女性に似ていると思った。
その人は自分のこと魔女って冗談めいて言ってましたが。
(要はbaba様が魔女ぽいって言いたいらしい)

ココに先着されていた方々は、
ウヲさん&baba様、進撃の巨人さん(または巨神兵さん)ぢゃない(だってデカいんだもん)まこさん、gomaさん(騙し絵みたいなバイクに乗って来られた。BROSなんだけどね)、Utsumiさん、のりさんの56名。
(ココでのボクの記憶の限りでは)他の方々の状況を聞きますと、

・タヌピチさん、そろそろ(←程無くやってきた
・アザミさん、近くを通ったけどまた離れて行った。現在、迷走中(←2回、人形峠を抜けたらしい
・みきさん、カブを軽トラに積んで移動中。
・中さん、一度出たけどマシントラブルで一旦、撤収。リスタート。
・大磯タン、シュラフが無かったので調達してからのスタート。直接、清水屋さんに向かう。
・るーさん、秒速5メートルで進行中(←サクラの花びらの落下速度かよ。←要は遅々として進まぬ

hov3さん、はちさん、kei-1さんの状況はボクの耳では掴めず。
以上、安否確認終わり。全て順調、異常なし。(をひ
そこは皆さん、大人ですから。
ではゴハンにしましょとレストハウスの中へ。

食事時にもいろいろ会話したんだけど、ここいら記憶が怪しいです。
「今、カナーリテンション下がってます。これからメートル上げていきますから」と宣言して。
上げなくていいからと皆さんに言われたけど。

食事中に、はちさんがご来場。
baba様の視線の先を追えば、(恐らく)「火の玉」タンクのカラーを継承した地上の戦闘機が駐車場に滑り込むのが見えた。
恐らく、今回の参加マシーンの中で最強&最凶。
いいなぁ、足着いて。(調べたら830mmだった)
最近、足が長くてカラダが柔らかい人が羨ましいおいらです。

(ここに来て近江牛という選択肢は無いよねと皆さんがおっしゃる中で)ボクはココで近江牛のメンチカツカレーをご注文。
実は清水屋さんでは肉比率は0と踏んでの、今回の行程での食事、必ず4つ足肉の比率を上げる食事をココロ掛けていたのです。
ボク、そういう意味ではブレないよ。(←すなわち言うこと聞かない

食事を終えて、そろそろ着くだろう待ち人を待つことに。

Utsumiさんはすすむさんに「バイク持ってない」疑惑を掛けられているらしい。
今度、会ったらちゃんと言っておいてくださいとのことでしたので、
Utsumiさんが乗って来られたFZを見て、
「分かりました。人のバイクに乗ってましたって言っておきます(キリツ」とさらりと言ってみた。
「あぁ・・・をぃっ」と返事が返ってきた。

ツインエンジンはほぼ攻略して残るはフラットツインのみらしい、
のりさんはビューエルからボンネビルにお乗り換え。3日目の卸したてとのこと。
フロント19インチ、リア17インチのハンドリングにようやく馴れてきたと言われていた。
ビューエルのエンジンのラバーマウントの話とジオメトリがTZRをお手本にしたいう話が私的には興味深かったです。

gomaさんのバイクはリアビュー見るとCBR400RRなルックスつーかタンクカラーまでトリコロールなので、
エンジンをまじまじと見るまでは素性が分からないバイク。
フロントビューもデカいラジエータで訳分からんし。
そう言えば、もっと素性が分からない某氏のBROS見たかったなぁ。

今回、初めてまともにお話したまこさんは遠近感がやはり狂う人だった。
確かにSRXがプラモに見える。(←ご本人が言ってた
そのまこさんのSRXの足許を見るとF、Rが異ブランドだった。
聞けば、Rのα12がまだ持ってるから(FにはGPR300)とのこと(実際、まだ生きていた

私もF、α13、R、α12の前後異ブランドになったけれど、
確かにαシリーズ、12以降はタイヤの持ちが良くなった。
でも、前後揃うとやはりいいなって気はします。
今回のツーリング、走り切ってのタイヤ見た限りはも少し持ちそう。リアがカナーリ逝ったので、
ローテ的に先だったFと賞味期限が揃った感じがします。

ウヲさんのふんどし号の大兄言うところのウンコ色のシート見たり、
はちさんの「人に優しい」戦闘機を見たりしているうちに、
程無くして、タヌピチさんが到着。
ちなみにボクとタヌピチさん(「ビ」ぢなくて「ピ」なんだ。いまさらだけど)、某氏のお陰で龍虎的呼称をいただいております。
迷惑なことに(をひ
どっちが龍でどっちが寅かはココを見てください。
でもね。彼と私、そんな扱いされるほど実は二人のからみはほとんど無いのです。
大概、自分で何かやらかして大概、自分で勝手に自滅していくパターン。
なんですか?それが一括りに出来る共通項だって言うんですか?(←一人でキレるな

更に迷走中だったアザミさんが箱サイコーなSRXでご到着。
そう言えば、ここいらの写真、人の姿写すのを避けてたせいかあんまり撮ってないなぁ。

_SDI6087
江尾駅。今回のツアーのオプションになっていたらしい。
ココに立って、写真撮られてみた。

とりあえず、レストハウス集合組は一揃い。清水屋までの行程に入ります。
途中、走った広域農道は確かに先週走った望郷ラインの上を行く「ムダにいい道」。グッドロードだ。
この後、ガス補給で立ち寄ったコンビニの駐車場で「交通量が全然違うんだから」とのbaba様のおコトバのとおり。

下界に向けて高度が下がるにつれ、気温がくんっと上がっていく。
江尾駅に到着する頃には真夏の気温。それでもヒートアイランドの江戸よりは涼しいんだろう。

そして江尾駅に到着すると、何で?何でこんなにバイクがココに?て他の人には見られましたよ。
そりゃ、私だって知らなかったらそう思います。何の変哲も無い田舎のちっさい駅だもの。
ココに立ち寄ったのは、ご存知のとおり、
私が名乗らせていただいてる名前(他にもいっぱい)が拙ブログのタイトルなんで、
その繋がりで立ち寄っていただいたらしい。
ありがたや・・・てそうなのか?
単に万国びっくりショー的な扱いされているだけぢゃないのか?(←止しなよ、不毛な自問自答は
とにもかくにも入場券買って中に立とうかという話になって、
ちょっと人気の無さそうな改札越しに私とウヲさんとで声を掛けても反応せず。
終いには駅舎内のベンチに座ったお客さんの一人がイベントコーナーに居た駅員さんに声を掛けてくれる始末。
で、駅員さんの私たちに駆け寄っての開口一番が、

「すみません。今日、駅やってません (`・ω・´)(キリツ」

なんですか、それは?まるで今日は冷やし中華やってません的なノリですよ。
おや、まぁ、どうしましょ。中に入りたいんですけどって言ってみたら、
あぁ中に入って写真撮るくらいならどうぞどうぞ(この後、ダチョー倶楽部的な掛け合いはもちろん無い)、でも構内は十二分に気を付けてくださいと。で許可が下り。入場券無用。いいなぁ、このアバウトさ。

で、私が「えび」の看板の前に立って、写真撮られたと。
ウヲさんが今回手にしていたのは○○のものらしいSONY RX100。
実は、家人をカメラ趣味に引き込むのにエントリーとしてコレがいいんぢゃないかと私も気になってたモデル。
私がdp2 Quattro買って、DP2Xをカミさんに・・・ってしたら家人には修行になっちゃうよなって思うから。

そんなこんなでショボいおっさんを撮るフォトセッションは終わりにして、
お次は↓

_SDI6091
大山まきば みるくの里。
こんなにこの景色が一望出来るのは珍しいらしい。
ボクの日頃の行いが良いから?

ココに来る途上でみきさんと合流するも、みきさんのカブが不動状態になったらしい。
レスキューするためにまこさんがドコかに戻ったとか戻らなかったとか。
この後、お二方とも清水屋さんに無事、合流相成りましたけれど。
(まこさんちまで信号が一つも無いらしい。走った道のクォリティから考えると、ぢゃ、高速いらないね)

江尾駅では良かったお天気もソフトクリームを完食したあたりから、雲行きが怪しく。
ダベっている中で「(ココロの美しい)ボクの日頃の行いが良いから」って言い放った直後に大山から吹いて来た突風が印象的だった。
山頂に雨雲がぶつかってるのが見えるよ。
聞けば、カッパを持たないはちさんは大山のグッドロードでずぶ濡れになったとか。
この後、「(私だけ)走ってくれば?」てウヲさんに言われたけれどフルウェットでは楽しくないなと今回は辞退。
次回(来年とは言ってない)はお天気が良かったら15時くらいに清水屋さんに着いたら荷物を下ろして、グッドロードを18時くらいまで走りに行こう。そうしよう。

_SDI6099
古民家の気持ちの良い昏さだ。こういうところは現代社会とはエネルギーを浪費してるなとは思う。
いっぱい食べないといっぱい動けないよねとも思ってますけど。

この小
昏さは何故か、この地方の根っこにつながる昏さだと思ってしまう。
黄泉比良坂は「あの世」の入口だ。そして「あの世」とは常世だ。
出雲王朝という大和朝廷とは違う文化圏なんだというレイヤーを重ねながら、
現代社会の眩い明るさとこの
昏さを較べていた。

夕刻には清水屋さんにご到着。
荷物を下ろして、くつろげる格好に着替えて夕餉の時を待っている中、
清水屋さん直行組が次々、到着。でも順番は忘れた。
そんな中、ハイエースが2台、駐車場に入っていきますよ。
おや、今回は参加表明が無かったkeiさんと菌さんじゃありませんか。嬉しくなって迎えに行っちゃったよ。
で、keiさんはもちろん顔を知ってるので一発で認識。
そして、すらりと背の高い好青年風な方ともう一方のお二人に対して、ボクの顔認識機能が機能しませんよ。
どうにかしてください。
はい、おみやげとkeiさん&まだ顔認識が出来ないお二人からピーブロ二つ、マカダミアナッツチョコ(よぅく空港の免税店とかで売ってるヤツ)を受け取って、ようやっと分かりました。

keiさん、ピーブロ。
好青年風な方、ピーブロ。
もう一方、マカダミアナッツチョコ。
そして何故かヨーグルトが手渡された。でもゴメンね。積めるトコが無いから置いて来ちゃった(てへぺろ

あぁ、分かっちゃったよ。この残念な感じ。
二つのピーブロ(おんなじピーブロ)ですら、オレがピーブロと認めるあの春日井の「こだわりピーナッツブロック」ぢゃない。
オレに言わせれば、このピーブロはウンコだ。クソだ。(←お前、ひどいな。時々、食べてるだろ。←我慢して食べてるのさ。
だが、マカダミアナッツチョコ。最早、ピーブロですらない。残念感ピーク。言語道断。

keiさん=keiさん
マカダミアナッツチョコな方=アズマンさんのなれのはて(←をひ

そして、消去法的に好青年風な方が菌さんと判明。よかったよかった。

お三方とダベってるうちにDukeがすーっと清水屋さんのほうに走って行くのが見えて。
大磯さんです。
何でSRXで来ないんだ。何でお水のバイクなんだ(keiさんと菌さんにココで突っ込まれた気がするけど、ま。いいか)とみんなで言ってやった。

この後は、記憶が怪しいので箇条書きで(そして順不同)

・Kei-1さん、「終のバイク」談義お付き合いいただきありがとうございました。
 (振舞っていただいたお酒も美味しかったです)
・娘を持ったおとーさん談義をした覚えがある。(ココでしたかどうかすら怪しい
・清水屋の方にタヌビチさんと二人で、この古民家の由来を教えて貰った。
・hov3さん、レノスレナス号、キレイな色ですよね。そして前の2NXのカラーしたSiR、高速で見ましたよ。
・手淫だか主賓だかわからんが、オレ、挨拶させられた。これも長いって言われた。(←8/11加筆)
・一曲目は「見上げてごらん夜の星を」、二曲目は「少年時代」っすよ。写真?撮ってないっすよ。
・まこさんはスポークホイールを組みたいらしい。いいよね。次は何しようという思いは年齢にカンケーないんだ。
・MT-09とDuke690談義をした。MT-07に好評価をつける人たちは戦闘民族な傾向に偏ってるようだ。
・のりさん、ボンネビルが次に取り掛かるカスタムはF16インチ化ですね。
・菌さん、カコイイシングルも見たかったです。もちろん巨砲ちゃんも。次、お天気だったら是非、一緒に走らせてください。
 (まだ来年とは言ってない)
・YZ450の腰上げ使ったVツインなんてヤマハ作らないと思うよ。
・はちさん、あなた、面白いね。
・て思い出した。ぞのさん、お子さんおめでとうございます。そしてお手伝いご苦労様です。(←8/11加筆)

みたいな。

次の日も有るからと、23時にはお開きになって。や。ボク、6時出立だからまた4時半起きだもんね。

_SDI6105
蒜山高原SAにて。確かにバイクで来れたよね。

4時半に起きるも結構な外の雨が気になって、出立の準備が遅々と捗らなくなりました。
皆さん、まだご就寝の中、ごそごそそれでも準備していたら、
ウヲさんが起きて、コーヒーをご馳走してくれて。
程無く、やはり起きてきたアザミさん(baba様、はちさんも魔女っぽいんだけど、この人も大概、魔女っぽいんだよね)のお灸姿を見ながら&ハイキックな身体の由来をお聞きしながらのコーヒータイム。
このゆっくり流れる時間が良い。この時は明日が仕事だって完璧に忘れていた。

もたもたしていたけれど時計の針が6時を過ぎて、ほんの少し弱まったけれど止む気配が無い雨に諦めもついて、
まだ一度も袖を通したことの無かったカッパを身に纏って。
タンクバックの中に収納しているETCを付けなきゃいけないから、
雨が凌げる場所てありませんかね?とウヲさんに聞いたら、離れ(ポンプ室?)の軒先を教えてもらって、
ソコに愛機を持って来て作業していたら、ぞろぞろ起き出してきたギャラリーに囲まれることに。
うひぃ、そんなに一挙手一投足を見られたら何でもない作業も失敗しちゃうよ。
ただETC付ける簡単作業になんでこんなプレッシャー感じにゃあかんの。

それでも時計の針が7時回る頃には清水屋さんのお手製弁当をいただいて、出発することに。
時折、ウヲさんが「ぢゃ、また来年」と言うたびに「はi・・・いやいや、承諾してないから」と答えるトラップとそこから逃げ出すかわいいウサギなボクの遣り取りがありましたとさ。

_SDI6107
蒜山高原SAでとっととお弁当タイム。
全然暑くなかったけれど暑いときにどうぞと付けてくれたトマトもフルーツ替わりに食べちゃった。
旨し。

江府ICからハイウェーの人に。雨なので下道は無し。だって、濡れてちゃつまんないし、ペース見えないし。
今回、雨の降りがイチバンひどかったのは米子道の区間だけ。それもカッパ着てるぶんには平和そのもの。
ブーツカバーていいね。ブーツも全然濡れないもの(←そんなの付いてるカッパを使ったことが無かった。

この後は中国道~名神~北陸道へ。後で気付きましたが、どうせ同じ高速なら吉川JCTから敦賀まで舞鶴若狭道のほうが速かったかも。(料金は↑よりお安いんですな。暫定2車線区間のトコの時間が見えないなぁ)
神戸に近付く頃には雨も上がり、京都市内では薄曇り。気温がぐんぐん上がります。カッパなんてもう着てられない。
でも、草津PAまではがんばって、ソコでカッパを仕舞って。だからね。意外と今回、私、雨に降られていないのです。
これも日頃の行いが良いかr(以下、省略

そう言や、

・スロットル側のグリップがずーっと抜けていくのに難儀した。
・左リアウィンカーが点灯しない(実は前日から切れていた)。ので手で合図し続けた。

が復路でのスパイシーな出来事の一つでありました。大したことないけどね。

これ以降はこんな流れ↓で。

・休憩箇所で他のバイク乗りとよく会話した(会話してくれそうな人とだけだけど)
・賤ヶ岳SAで見掛けた女子の多くがケバかった。そしてナンバーが愛知エリアだった。
 オレはオレの知らない文化圏がまだ、この日本には有ると思い知った(←そんな話? 
・肉成分を上げるのが使命と思ったが、本日の昼ご飯は金沢カレー止まり。
 さすがにカツカレーとか脂っこいのがダメになったよ。あつくって。

_SDI6112
昼ごはん&給油に立ち寄った尼午前SAにて。

_SDI6114
名立谷浜SAにて。ココでもバイク乗りな方とお話した。ツバ飛ばして話されるのが印象的だった。

敦賀ICであたりで13:00過ぎという時刻を見て、100km/h巡航では(初日は割りと守っていたのよ)、23時着ぽいなぁと+20km/hペースアップした。
それでも、

・BMW5シリーズな方に点にされた。(少し追尾したようだ
・V6スカイラインな方に点にされた。(やっぱり追尾したようだ

うーん、長い緩やかな下りカーブが本日はどうも苦手。なんとかしてください。

そんなことやりつつ、どうにか眠気と戦いながら上越JCTに入ると、おや、渋滞ですよ。
ココから信濃ICまで暫定2車線だもんね。
それに、往路の空きっぷりを考えると有り得ない展開だけど、初日は金曜日、本日は日曜日。
つまりは自分含んで行楽帰りなんだよね。
どうしたものかと思案するもココは愚直に車列のペースに従っていたら、それこそ明日の出勤は不可能。ムリ。絶対ムリ。
なのでむにゃむにゃと先を急ぎますが、
基本、気持ちが弱いのでちょっとリードしたら車列の隙間に飛び込むのを繰り返していたら、
車列に戻った私の脇をBMWのKシリーズが駆け抜けて。を、それなら露払いして貰おうと追尾します。
すると、このタイミングで道が4車線区間(二車線区間の中の追い越し区間)に。
Kシリーズ、ペースアップ&オーバーテイク。
オレ、おっきい大台+ちっさい大台+10km/hで追尾。ちくそーはぇぇよ。
一度目の追尾は何とか追いていけたものの、
いよいよ信濃ICを越えて完全4車線になったトコでKシリーズ、ペースアップ。本格ペースアップ。
そして、緩やかなハイスピードコーナーをリーンウィズで駆け抜けていくその後ろ姿にココロ折られ。

後、+20km/hは行けると思うも、きっと今の自分はその速度に馴れていない(久し振りの高速だから)、
かつ前行くその姿は間違い無く、もう、その速度域。まだ余裕アリ。

離れていく後姿の向こう側に私は黄金の林檎を見た。

追えるものなら追いたい。でも今の私と愛機じゃ届かない。
こんなんじゃ「彼」に笑われちゃうよな。あの日曜日の使者みたいな「彼」に。
とすると、あの離れていく後ろ姿の向こうに「彼」もいるのか。黄金の林檎が有るその場所に。

そのBMWは車列の中に飛び込むさいハザードランプを一回点滅させた。もう、ほぼ点になっていたけどそれは見えた。

この後は気持ち的にペースダウンして、がんばるマツダロードスターやらミニバンやらベンツに点にされ。
どんどん暗くなってるし、疲れも有るけど、↑で本日は引導渡された気がします。

_SDI6119
東部湯の丸SA。いよいよ、夏休みの終わりかと。

この後も長い緩やかな下りコーナーに何度かココロ折られながらも、何でダメなのかをあーだこーだとトライ&エラーして。
今、こうして書いてて気付くけど、高速なんで道幅広いんだから取れるラインのインベタで走り抜けりゃ良かったと思うことしきり。
Kシリーズに高速で勝てるなんて思わないけど、せめて、この長い緩やかな下りコーナーくらいはちゃんと走れるようにしないと。

この後は横川SAで最後の給油して、往路を逆に辿る道順。
(やっぱり茨城エリアに入ったら虫つぶてがスゴかった。ちなみに「いばらぎ」、「いばらき」どっちでも大丈夫です。
だって訛ってて一緒だもの)
ホントは笠間PAで最後の給油のつもりが、手前の笠間西ICで下りちゃって、もう暗いのイヤな道を抜けて自宅へ。
(すなわち最後の最後にミスコースした)

自宅には21時45分に帰宅。や。想定していた時間よりは早く着いたよ。
フル高速の恩恵をここで授かった感じ。

この3日間、お世話になった皆さん、どうもありがとうございました。
目前までキャブがダメだったとか、ちょっと日程的に休めるかどうかとか、そして最終日の翌日が仕事なんて割とキツいスケジュールでしたけれど、いろんな人にお会い出来て、やはり行って良かったです。
ここ最近の私だと何か1年分の走行距離を稼いだ気になっちゃいますけど(苦笑

また、近いうちにお会いしましょう。(来年とは言わない
お。一記事内に収まったよ。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2014-08-10 17:22 | サクラエスアールエックス | Comments(24)

Commented by at 2014-08-10 17:58 x
お疲れ様でした。
今回恋焦がれていた(違)えびづかさんにお会いできて大変嬉しゅうございました。
ほんとはもっともっとお話ししたかったんですが、照れ屋なのと、折角久々に会われた方達の邪魔を新参者がしてはいけまいと、遠慮しておりました。あれ程お早いご出立とは知らず、お見送りもできずすみませんでした。
次回こそは、どちらか連れてきますので、その時は一緒に走りましょう。いつかはとは言わず、来年また(笑)
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-10 18:09
お会い出来るとは思ってませんでしたので(←だんだん日が近付くにつれ、そんな諦めモードだったらしい
お会い出来て嬉しかったです。
私もあんまりお話出来なかったのはそんな感じなのです(こう見えて人見知り

是非、一緒に走りましょう。(まだ来年とは言わない
Commented by gizmo at 2014-08-10 18:58 x
くっそー、楽しそうじゃないか!当然だけど。

トラブルなしってのが信じられないけど。
無事帰って来れて良かったね。

来年もこの日程じゃ僕は無理なんだよなー・・・
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-10 20:01
>くっそー、楽しそうじゃないか!
ふふん、いいだろ。(まだ言うか

>トラブルなし
・リザーバタンクがお散歩する
・スロットルのグリップがぬるぬる抜ける

・・・こんなことくらいSRX海苔にはトラブルの範疇外ですわね。

>来年もこの日程
そこは主宰に。是非、次回はご一緒しましょ。(まだ来年とは言わない
Commented by nakamura at 2014-08-10 20:12 x
どこでタンクを交換するのかと読み進めるも最後までピンクのタンクのままかぁw 次回トミンは前後ニュータイヤなの?
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-10 20:56
>どこでタンクを交換するのか
今度、道端に落ちてたら私、死亡フラグが立つと思うの(運を使い果たしちゃうって言いたいらしい

>タイヤ
前後、ウンコタイヤでもいいかなって。だってまだスリップ出てないし。
ちゃんと終わったら、交換にします。
Commented by アニキー☀ at 2014-08-11 00:55 x
>マエダコーヒー本店
ぢゃなくって「♪三条堺町のイノダってゆう珈琲屋へね」だよん

>私、他のお店のお勘定払いましたっけ?
いや、他の店の勘定はオイラが済ませといたw
しかしね、2回しか会ってないけどいつも酔っ払ってるよね~ww
オレも明け方一瞬目が覚めたとき、まだガンガンにアタマ痛いヒトでした
確かビール飲んで酎ハイ飲んでジン飲んでバーボン飲んでまたビール飲んだ気がする、、、、

んで、ワシこれから何したらいい??wwww
Commented by アザミ at 2014-08-11 01:32 x
「なげーよ」殿のお陰でとても臨場感あふれるので今読んでも後から読んでも楽しいです。ありがとうございます。
でも”魔女っぽい”の説明が短けーよ!でもありがとうございます、褒められてるんですよね?
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-11 05:06
>アニキ
コーヒー屋、ご指摘ありがとうございます。

>お勘定
あ。やっぱり。

>これから何したらいい??
知らんがな。

また、お会いしまょう(笑
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-11 05:10
>アザミさん
褒めてるんですよ。(やや棒読み

どうして魔女っぽいのかは私も小一時間考えて見ます。(←小一時間考えるだけ?
Commented by nakamura at 2014-08-11 08:36 x
自分らの歳で魔女っぽいイメージって奥さまは魔女のサマンサっぽいってこと?魔法使いサリーではなさそうだけどw
8/30はうんこタイヤ対決か?それともちょっと良い方の中古タイヤにはき替えようか悩んでる。
Commented by ウヲ@避暑地 at 2014-08-11 10:33 x
写真少ねーよ!
初日が明らかになってようやくあのぎこちなく低いテンションの理由がわかりました(笑

ともに過ごした時間は少しでしたが、濃い時間を共有できた気がします。
ではまた来年!
だっていっぱい走り残してるし、黄泉の比良坂だって連れてかなきゃ。
悪魔いやちがう魔女もお待ちしております。
Come West again!

Commented by はち@別の避暑地の下見 at 2014-08-11 12:50 x
読み応えたっぷりでした。
水溜まりレベルに知識浅薄なワタクシ、殆ど理解は出来てませんけど(スミマセン)。
しかし、こんなにユニークな個性をお持ちの御仁に、面白いって言われた...(フクザツナキモチ)
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-11 22:28
>レヲ
>魔法使いサリーではなさそうだけどw
そういう類の話なら、魔女っ子メグちゃんでもないと思うの。

ちょっと分かったよ。

>>>>>>ぷち禍々しい<<<<<<

なんだと思う。(喧嘩上等?

>タイヤ
こっちはきっとそんなにウンコぢゃないと思うよ。
ほぼウンコだけど。
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-11 22:31
>避暑地な方
>写真少ねーよ!
今回は次のカメラ旅行のための下見なんだからねっ。(←本人も悔やんでるらしい

また行きますよ。必ず。(でも、まだ来年とは言わない

・・・あなたも早く、避暑地(?)から早く復帰して、夏休みの宿題を提出してください(笑
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-11 22:38
>はちさん
>面白いって言われた...(フクザツナキモチ)

baba様には「未完の大器ですね」と言い置いておきました。
行く末がちょっと楽しみです(笑
Commented by hov3 at 2014-08-13 21:59 x
いやはやもう2週間経つんですなぁ、先日はお疲れ様&短くも楽しい時間が共有できた事を嬉しく思っておりますが・・・。
えおぉ、わっちのLennethごうは『レナス』ごうですはい。
命名時、2NX・3VN・51Yの3姉妹揃っていたので
戦乙女、ヴァルキリー3姉妹の次女から付けたんです。
(元は3VNだったの)
だから決してイノスでもディノスでもござんせん。w
Commented by えびづか at 2014-08-13 23:05 x
をを。つづりまちがいでしたか。
後で修正しておきます。
(アップデートが終わらないの)

>レナス
そう言う由来でありましたか。
あたしゃ、ノルンの三女神あたりの名前かと。
…て調べたら全然違う名前でしたわ。

楽しかったですね。
また、ご一緒しましょう。
Commented by まー at 2014-08-14 15:45 x
ツーリングタイヤのうんこはやばいっすが、ハイグリップタイヤのうんこはイケますよ。
膝擦りも飽きて肘を擦るんなら止めた方がいいですが。
最近、あおきさんと友達のCRMモタード(利根川で見たやつです)のタイヤを思い出します。あのドリフト痕は凄かったな~。
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-14 22:15
>ハイグリップタイヤのうんこはイケます
でもうんこかと。
だめなうんこもいいうんこもうんこはうんこ。(小学生かよ

>肘を擦るんなら止めた方がいい
そう言えば、この↑オフで「次はヒジだね」て言われたよ。

>利根川で見たやつ
なつかしいですね。
私、ただただオーラ感じて圧倒されてたかも。細かいとこ見てなかったっす。
Commented by タヌピチ at 2014-08-14 23:17 x
ようやく読めました。既に懐かしい日々ですね...
相変わらずのマイペースぶり、楽しめました。
これからも色々な場所でお会いしましょう。
お江戸の水呑みはたまには平日にも出て来てね♪
Commented by kei at 2014-08-15 12:59 x
なげーyo

9/8~9/12まで東京都田舎町に潜伏ですのでよろしくでーす(笑)
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-15 23:43
>タヌピチさん
これでお互いヘンな別名を付けられてからの2度目の揃い踏みでしたね。
特に何もありませんでしたけど何か?(ダレに言ってるの

>たまには平日にも出て来てね♪
ぼかぁ、毎日が出張みたいなものですんで、やはり金曜日以外はキツいんですよねぇ。
レアな方の来訪のときは行くかもしれないけど(行くのか

Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-08-15 23:45
>keiさん
どうもでした。会えて嬉しかったよ。

>9/8~9/12まで
全部、平日ぢゃないですか。

9/10に忙しくなかったら、都区内まで出張って来ていただいたら酒なり茶なりしばきますが如何?
(予定は未定なんですが)