読書感想文をおふたつ。

_SDI4797
朝夕の光て良い。これは3月も半ばころのもの。

最近、読んだ物語の読書感想文(二つ)を最近のカメラ散歩での画像交えてつらつらと。



_SDI4824
銀座から有楽町へ。

まずは一本目。
ちょっと前に伊藤計劃氏の「虐殺器管」を読んださい、彼の代表作の「ハーモニー」も読まなくちゃと書きました。
なので読んだと。

_SDI4856
「SPEC」の最終決戦の舞台。(なんて分かりづらく書かず桜田門のてっぺんと書け)

読んでの第一印象は「上手くなったなぁ」というもの。
この作家、急逝されているため、あまりにもその活動期間(2年間)が短いのですが、
(実際、「虐殺器管」2007年発表、この「ハーモニー」が2008年発表と約1年超くらいの開きしかない)
処女作の未完成ぶりはすっかり影を潜め、もうそろそろ堂々とした貫禄も備わろうかという感じに。

・・・上から目線ですなぁwでも、論ずる視点て大概、こんなものですよね(苦笑)

_SDI4875
皇居まわりを散歩したさいの風景(国立近代美術館工芸館 元大日本帝国陸軍の近衛師団司令部庁舎)。
ほんとの皇居一周する歩道はランナーやらバイカーの吹き溜まりだったので、その道路の反対側をてくてく。
反対側の景色とは打って変わっての静かな雰囲気がしばらく続く。


この1年ちょっとでの、この伸びしろはデカい。そしてやはり急逝したことが悔やまれる。

_SDI4886
そろそろ皇居周回も終盤なところ。河津桜でした。

「ハーモニー」は「虐殺器管」の世界での後の時代のお話。なので興味を持たれてじっくり読まれたい方は、
「虐殺器管」→「ハーモニー」の流れがお勧め。
この作家のこの一冊だけという読み方なら「ハーモニー」かな。

_SDI4920
「三菱地所を見に行こう♪」なエリア。

この作家の良さである、暴力的な描写をあっさりと読ませていく、文章の繊細な表現はそのままに。
主人公の物語での動機付け、核心へと向かう物語の流れ、「虐殺器管」から続くメインなネタの処理。
そのいずれも「虐殺器管」より良い感じに上手く処理されていて。
冒頭から出てくるガジェットな表現もちょっとわくわくさせられて。
(スレたSF好きならそういうネタなんだろうなと気付いてしまうヘンな安心感はありますが)

私の少ない愛読書の中でも秀作の一つに上げていい、確かに日本SFの「2000年代の代表作」は過言では無いかと。

_SDI4924
丸の内。正午に近付くというのに影が濃い。

何の迷いもなく(私の)ベストSFの一つと素直に上げられないのは、物語の終盤(ラストでは無く)の処理がまだまだかなぁと。たった2年はやはり惜しい。早い。

_SDI4930
ドコかの深い底にいる重圧を感じてしまう。
その先の角にダークヒーローが佇んでいてもそんなにおかしくない。


何て書いてたら、フジでアニメで映画化なんですって。<「虐殺器管」と「ハーモニー」
たしかにいまどきのアニメにし易いかもね。

_SDI5177
横浜中華街東門。みなとみらい線の元町・中華街からアクセス。海からの風が涼しい。

そして2本目は「Daddy-Long-Legs」。 なんて原題で書いたって邦題は「あしながおじさん」。
と書くと、

おまい半世紀なのにガクッ(。゚)

とされる諸兄が多かろうかと思いますが、
そう、かつてハウス世界名作劇場でもアニメ化された児童文学。実際、私も読んだのは子供の頃。
でも、この物語のみずみずしさはずっとココロに刺さっており(苦笑)。

_SDI5180
横浜中華街。昼ご飯に入った店の脇の小路。

ずっと、その後、活字で読むことは無かったのですが、最近、また自分に読書熱が戻って来たらしく、
会社帰り、ふらりと立ち寄った本屋の書棚に新潮社版があったので、あっさりお買い上げ。

_SDI5181
元町界隈。GWにもなればそりゃあ人だかりもありますわね。

そして電車内で一気読み。やはり可愛い物語だと。

_SDI5185
外人墓地。その記念館にて。
外人墓地の入口の前では保全のための寄付を受け付けていた。

この新潮社版が昭和29年に発行であることから、訳文の文体を更に現代語に翻訳する必要がありますけれど(苦笑)、
それでも、この物語のみすみずしさは不変だなと。

_SDI5200
木漏れ日の中の墓標。

_SDI5207
外人墓地と言えど、ココは日本。鬱蒼とした木陰の濃い場所は苔生した、この国の墓所の雰囲気があります。

_SDI5208
順路と設定されている道の途中でも管理が行き届かないところがあるなと思わせるところもあり。

_SDI5210
ちょっと歴史を紐解くと外国人居留地として山手居留地があっての、ココなんですな。
横浜や神戸あたりが小洒落た雰囲気を持っているのは、
外国人居留地として早くに西洋文化の洗礼を受けた、その証跡なんですね。

_SDI5212
ヌコ。目が合った。

_SDI5213
私にとっては普段、目にしない異世界の景色の一つに過ぎないのですが、
ココが故人が永遠の安息の場として辿り着いたその場所であることは厳然とした事実。

この作品の舞台は、1910年代初頭のアメリカ。
まだ、第一次世界大戦も、世界大恐慌も、第二次世界大戦も始まる前の頃のお話。
自動車はまだ普及せず、電話も無く、なので物語は主人公の(一方的な)書簡集の体裁で進行するという。

_SDI5231
氷川丸。たしかにデカい被写体はとらえどころがありません。

今となってはありきたりなシンデレラ・ストーリーかも知れませんが、 このお話の真骨頂は、この主人公のあしながおじさんへの手紙で進行していくところ。 彼女の文体に時折顕れるたどたどしさが、その生い立ち、年齢、経験全てを作家が考慮して書いているのか、 はたまた、この作家ジーン・ウェブスター自身の力量なのか分かりませんが、却ってそれが良いと。

_SDI5233
ごめんなさい。狙って撮りました。

ほぼ半世紀ぶりに触れてみると、物語の中で垣間見えるお相手の行動の端々に子供じみた嫉妬心があったんだなと気付かされ。
オレ的に見て、彼はいち男性としてその値段が下がりましたw
でもオトコって得てしてこうなんだよね。

_SDI5238
ポートタワーを臨む。良くも悪くも横浜とは帝都の港町なんですよね。

_SDI5245
_SDI5246
おそらく象の鼻にちなんでのものなのだろう。

カミさんのユメは豪華客船で世界一周クルーズを一緒にしたいのだそうです。
それくらい叶えてやれる甲斐性を持ちたい今日この頃。

ちなみにジーン・ウェブスターさんも急逝されています。
なので「あしながおじさん」の続編「続・あしながおじさん」(主人公の友人が主人公になる物語)が遺作となってます。
折角なので、これも手に入れて読んでみたいな、と。
たぶん、これは記事ネタにはしないけれど。

_SDI5248
_SDI5255
ビールなイベントと「名探偵コナン」の(恐らくは映画の)イベントの人混みを掻き分け。

_SDI5257
赤レンガのこれが休日の常ならば、もう訪れなくても良いかな(苦笑)

_SDI5260
なんて嫌気が射して、裏の出口を出てみると割と静謐な空間が。
それでもこの後ろにはちゃんと人がいらっしゃいますけど。

_SDI5265
中は改修されて小洒落たテナントが入ってて。
辛抱強く昔からの状態を維持するのか、思い切って現代に媚びるのか。
何でこんなこと書くかと言いますと、
前日、富岡製糸場がユネスコの世界文化遺産に登録される見通しになったニュースが飛び交ったから。

_SDI5277
締めはトワイライト。やはりこの色が良い。この後、カミさんとガード下の居酒屋で酒飲んで帰路に。
土曜日は都内でも、ちょっと歩けば喧騒から逃れられるんですなぁ。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2014-04-27 18:33 | カメラ散歩 | Comments(12)

Commented by かっす at 2014-04-27 20:54 x
素敵な散歩ですね。とはいえ、首都圏はやっぱり人が多すぎます。
Commented by かっす at 2014-04-27 20:58 x
あと、最近本を読んでないなぁと。日本語の本を読む暇があれば英語を勉強しろと心の声が言うもので。だからと言って時間がないわけではないのですけどf^_^;)
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-04-27 21:05
>首都圏はやっぱり人が多すぎます。
そう。人大杉です。

カメラを何気に撮りたい被写体に向けてると撮った何枚かにこっちを怪訝に覗き込む人の顔がばっちり入ったりしてて慌てます。

接写にならないよう気を付けないと・・・
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-04-27 21:09
>最近本を読んでないなぁと。
私はヘンに手持ち無沙汰なときに読むようにしてます。
日曜の夜、活字を読むのは映像見てるより想像にアタマを使うようで結構気分転換になるのです。

>英語
公用語になる会社とかに勤めてたら、自分もタイヘンだったんだろうなぁと思いつつ、
実は帰宅の電車の中では勉強している半世紀のおっさんがココに。

全然、身に付かないんですけど。英会話教室とかやはり通うべきかしらどうかしら。
Commented by まー at 2014-04-29 01:46 x
大昔の話ですが、早朝の港が見える丘公園で太極拳をやっていて、皆さん良い表情だったのを今でも思い出します。
カメラを向けるたら怪訝な顔をされるんだろうな~。
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-04-29 10:27
>早朝の港が見える丘公園で太極拳
場所が場所だけに華僑な方もいらっしゃるでしょうから、似合いそうな風景ですね。

>怪訝な顔
最近は人が入っちゃうさいはピントなんか合わせないで勢いで撮ってます。
(いちおう気を付けているつもりですが)
Commented by nakamura at 2014-04-29 17:08 x
しょっちゅう前は通るけど外人墓地の中って入ったことないなぁ、次回のトミンはたぶん行きますんでヨロ!ライセンス講習受けなきゃいかんのですが間に合うように道案内してくれない?
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-04-29 18:20
>道案内
この前のファミマでお待ちしております。雨なら中止ね。

>外人墓地
入れんのか、ココて歩いてたら入口で寄付(1口200円)を。
100円玉の手持ちがなく、カミさんと二人で500円玉を寄付しましたとさ。
Commented by nakamura at 2014-04-29 18:34 x
>この前のファミマでお待ちしております。
何時に着けばライセンス講習間に合いますかね?
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-04-29 22:19
講習は8時30分からですので(と言いつつ、私が行ったら15分くらいから開始してたけど)、
あそこから15分で着きますから、
8時にはファミマ出発してないといけないんですね(オレが←遅刻しそうと暗に言っている
Commented by nakamura at 2014-04-30 06:00 x
遅れないでね、はあと。
5.24のAMで予約します~
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-04-30 22:56
よろちくび~(←半世紀なのに

Dukeとか620ccSOHCピストンとか、みんな愛機よりモアパワーですのん。
でもがんばる。