愛機の声。

ちっさいツマンネーミニサーキットのホームストレートで俺と愛機の脇をウィリー気味にフロントを浮かせながら、
一台の真っ白いカウルを身に纏ったSSがオーバーテイクしていく。

たぶんSS600だ。このミニサーキットの王族の一。正に地上の戦闘機。
その見せつけられる速度差に、

しょうがないよな。馬力で言ったって3倍近い開きがあるんだから。
3倍速いんだよ。しょうがないよ。

そう自分に言い聞かせる。

「そうなのか?」

反論。
愛機のキャブの吸気音、エンジンのサウンド、ツインテールのマフラーからのエクゾーストノート、フロントサスの動き、リアサスの動き。それがあいまって、一つの声になって。

「3倍速いって、ヤツらだって一周10秒では走れないんだぜ」

おぉ、コイツ、やる気だ。
乗り手のほうも1コーナーに飛び込む後ろ姿に追いすがるモチベーションが不思議と湧いてくる。

そうなんだ。
このちっさいサーキットのコースレコードは25″222。今年、CBR600RRで某塾長が叩き出した数字。
1ラップ10秒なんて途方もないタイムは、愛機の3倍近い馬力を持つモンスターマシンたちですら届き得ないタイムなのだ。

そうなんだ。
離れることは分かっている。
だって5ラップもすれば間違いなく周回遅れにされるから。
それでも追ってみる。
愛機が追えと言うから。

第1コーナーでのサスの入り。大丈夫。フロントブレーキのみで進入しても安定している。
恐らくイチバン、スピード乗るこの区間、愛機のサスがほぼフルボトムするのは分かっている。
フロントフォークのうっすら映えるフォークオイルの跡が三つ又のすぐ下に届いているから。
でも安心感はちゃんとある。
このリズムなら何も起きない、ちゃんとコーナーをクリア出来ると愛機が言う。

でも。
「リアブレーキも有るんだから踏んでくれよな」
もっと車体の姿勢が安定するって。
わかってる。でも余裕がないのよ、乗り手のほうに。

コーナーを抜ける、前のモンスターのスピードと愛機の抜けるスピードがそんなに違わないことを確認する。
そこでは、追う背中の距離が開かないから。
そう。SRXは「意外とコーナーリングマシン」なのだ。
最早、「意外と」を冠せなければならないほど20年を越える歳月ってヤツは残酷だけど。

それでもいい。
どうせ自分はコイツから降りられないんだ。コイツの魂の命が尽きるまでは。
イマドキ4stクォーターですら強敵なコイツに乗り続けることに誇りを持つのだ(苦笑)

続く区間、ビックシングルの得意な区間。それでも少し、追う背中が離れるのは乗り手が遅いせいだ。
第2コーナーは前後サスにちゃんと仕事をさせれば、まるでオン・ザ・レールのように狙ったラインをトレースしていく。
悪くない。
ここでも離れちゃうけど、それはやはり乗り手の俺が遅いから。
愛機の声に応えていないから。

「もっと、いけるよ。コーナーに飛び込む時、アクセル戻すの早過ぎるって」
それ、1コーナーでも言われたかも。

そのまま第3コーナー、苦手だから俺はうんと減速してしまう。
前のSSのラインをトレースしているのに、だから大丈夫なのにびびってしまう。
愛機にもそのびびりが伝わる。スピードが失われる。

愛機のため息が聞こえるようだ。こっちはもっとやれるのに。って。

続く最終コーナーへの短いストレートを、だからがんばるようにアクセルをガバ開けにする。
そして最終に飛び込んで、入口手前のちょっとバンプしたトコを抜けたらフルバンク。
出口を抜けて車体立てて、続くコントロールラインへとアクセルをまた全開に。

でも。
もっともっとパワーをつないでくれよと愛機は言う。

「もっとスピードは載せられるよ」

遠く離れてしまったSSの背中を目にして、まるで愛機がシュラッグするようだ。

「こっちはもっといけるぜ」

そうだよな。
どんなバイクも素晴らしいパフォーマンスを持っている。
それをクソにするのも宝石にするのも、ホントに乗り手次第なんだ。

まだ、愛機にふさわしい乗り手になれていない。
まだ、愛機の声がちゃんと聞こえない。
もっと愛機の声を聞くための「耳」を傾けよう。
ケツとか、手のひらとか、荷重を感じる腹筋や背筋やカラダに受ける風とか、視野に飛び込むメーターの情報とか、耳に飛び込む愛機が出すサウンドとか。

来年は今年よりもっと愛機と会話が出来る年にしよう。

やはり、このバイクは他に代わりがない。自分には間違いなく、そんな存在になっている。
このバイクに意思が有るのなら、愛機にもそう思われる乗り手になりたい。

そんなことを思いつつ年の瀬のご挨拶を、ば。
皆様、よい年の瀬をお過ごしください。

来年はもう少し、愛機と共にあちこち顔出してみたいと思います。

[PR]

by ebizuka3sxxl200r | 2013-12-31 21:28 | サクラエスアールエックス | Comments(2)

Commented by nakamura at 2014-01-03 14:06 x
新年早々にすっ転んでしまい修理に時間が掛かりそうです、1/25はキャンセルするかも、たぶんする、きっとする。
Commented by ebizuka3sxxl200r at 2014-01-03 16:18
>新年早々にすっ転んで
ナニをしてるんですかぁ~w(「w」てなんだ、「w」て

今年はボクもモバラに行きたいかも、たぶん行く、きっと行く。(←お返し?